出産時の陣痛の兆候と種類とはどういうものがあるのか知っておこう | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 出産時の陣痛の兆候と種類とはどういうものがあるのか知っておこう

出産時の陣痛の兆候と種類とはどういうものがあるのか知っておこう

出産時の陣痛の兆候と種類とはどういうものがあるのか知っておこう

出産時の兆候の種類を知ろう

 

同じ妊婦さんであっても出産の様子がそれぞれ違うように陣痛も人それぞれ違いがあります。しかし出産時のその兆候にはいくつか種類があります。そんな兆候の種類について覚えておくことで、より出産も安心してのぞめます。出産を迎える前に感じる兆候といえば大きく分けると8つほどあります。経産婦であればすぐにわかるものですが、まだ出産に慣れていない初産婦の場合は今どの段階なのかということがわからず、不安を感じてしまうこともあるため、前もって知っておくことはとても大事なことです。例えば兆候の種類として有名なものに「おしるし」があります。おしるしとはピンク色の血が混じったおりもののことをいいます。他には破水、前駆陣痛、おなかのハリ、おなかのふくらみが下のほうへおりてくる、胎動の回数が減る、下痢や便秘になる、そして腰痛になるといったことが起きます。おしるしや破水は比較的よく知られている言葉なので知っている方も多いのではないでしょうか。いざ出産となる前にはこのようにいろんな兆候が感じられるようになるので、あれ?と思った時には様子を見ながら体の変化をチェックしてみると良いです。もし本当にこれが出産が始まる前の兆候なのかということがハッキリとわからなかった場合は病院へ電話をかけて相談してみると良いです。病院に電話をすることで、今の状態がどの段階かということを教えてもらえますのであわてずに行動もしやすいです。

 

出産の陣痛が始まる兆候とその原因

 

兆候にはいくつもありますが、まずわかりやすいものとして「おしるし」があります。「おしるし」は出産が近づいてきて子宮口が開いてくると胎児を包んでいる卵膜と子宮壁の間に隙間ができます。すると少量の出血が起きてその血が混ざったピンク色のおりものが体外へ出てくるのです。医学用語では産徴と呼ばれています。おしるしは個人差があり、全くでない人もいれば、おしるしがあってから出産まで数日以内の人が多いです。その人によっては長いと1週間ほどかかる場合もあります。そして「破水」も兆候の1つです。破水とは胎児が包まれている卵膜が破れて中の羊水が排出されることをいいます。破水の仕方も個人差があって、いきなり大量の羊水が出てしまう人もいれば、じわじわと少量ずつ出るという人もいます。破水してから出産するまでがあまりにも長いと胎児が感染症にかかってしまうこともあるため、あまりに長くかかる場合は強制的に出産を促す促進剤を使うことがあります。臨月に感じる下腹部痛のほとんどは前駆陣痛と呼ばれるものです。これは不規則におきる子宮の収縮で、おしるしや破水と共に起きる陣痛の練習です。痛みが不規則で、時間がたつと共に規則的になってくるのでその変化には敏感になっておくほうが良いでしょう。ただこの兆候に関しては個人差があって、全く感じないという人もいるため、実際にその時になってみないとわからないというところがあります。

 

おなかがはってきたら要注意

 

兆候にもいろいろありますが、その一つであるおなかのハリは出産が近づいてくると子宮が頻繁に収縮するようになり、それと共におなかが張るようになってきます。このおなかのハリは何度か繰り返されるものなので肉体的には辛いものですが、横になったり、座ってリラックスするようにしていると楽です。また、わかりやすい兆候としておなかの位置がさがってくるということもあります。これも聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。出産が近づくと胎児はそれに備えて子宮内の下のほうへと移動してくるのです。胎児がおりてくるとおなかの形も変わってくるので確認してみると良いでしょう。通常は胸のすぐ下あたりからふくらんでいたおなかがおへそより下のほうがいつもよりふっくらしてきます。また胎児が下に下りてくるとそれまで子宮に圧迫されていた胃腸が開放されるため、それまでよりも食欲がわいてきます。この食欲旺盛になるということも出産前の兆候の一つなのです。この頃になると胎動の回数も減ってきます。胎児が下にまでおりてくると骨盤内におさまり、おなかの中であまり動きまわれなくなるためです。胎動はその名の通り、胎児が動いた時に頭や足などが子宮の内側にぶつかることで感じるものなので、あまり胎児が動かなくなると胎動の回数も自然と減ってくるというわけです。ただ完全に胎動が0になるということはありませんから、もし完全に聞こえないような状態になっているようであればすぐに病院に連絡してみましょう。

 

生理痛との違いを知っておこう

 

陣痛は生理痛の何十倍もの痛みがあるといわれていますが、こういう例えがいわれるのはどちらも子宮の収縮が原因で起きているものであるためです。生理痛は妊娠しなかった時に必要なくなった子宮内膜という血でできたベッドのようなものを体外へと排出する際に起きます。プロスタグランジンE2というホルモンが子宮を収縮させるために起きる痛みで、生理痛がひどい人はこのホルモンが過剰に分泌されているためだといわれています。そして陣痛も同じくホルモンが子宮の収縮をサポートしているのですが、こちらの場合はオキシトシンというホルモンが活躍しています。子宮を収縮させて胎児を包んでいる卵膜をはがし、体外へと排出させる時に痛みが起きています。さらに胎児が出産に向けてどんどん下へおりてくると仙骨につながる神経に刺激を与えるため、これによってオキシトシンがますます分泌されて痛みが増してくるのです。この2つの痛みの間隔は生理痛が不規則であるということからしても違います。痛む場所も下腹部、みぞおち、腰、股関節ですが、陣痛の場合は下腹部、恥骨の上、腰、足のつけねときて最後には肛門まで痛みを感じるようになりますので、そこが違います。肛門まで痛くなるのは胎児が子宮の下のほうにまでおりてきているためです。生理痛がひどい人は出産前のおなかの痛みもひどいということがよく言われていますが、実際には生理痛のひどさとは全く関係ありません。

 

陣痛には5つの種類がある

 

出産時の陣痛には5つの種類があります。まず前駆陣痛というのがありますが、これは出産に向けて子宮が収縮しやすくなるためのいわゆる練習のようなもので、痛みの間隔が不規則で痛くなったり、おさまったりということを繰り返します。時期的には出産の2か月ほど前から2日前くらいの間に起きます。そして陣痛です。痛みの間隔が規則的で、最初の頃は30分おき、出産が近づいてくると10分おきほどになってくるのでそうなったら分娩台へ移動します。子宮が収縮し、赤ちゃんが下りてきている証拠で、始めの頃は生理痛や下痢のような軽い腹痛が起きます。痛みがおさまる時があり、そういう時のは全く何も感じません。そして分娩の時のものは痛みの間隔が2、3分おきになり、子宮口も10cmほど開いている状態です。強い痛みが1、2分続き、いきみをしたりして赤ちゃんを押しだします。そして後陣痛といい、出産後に子宮が元通りに戻ろうとする時に起きる痛みがあります。また出産時といっても弱くて赤ちゃんを押し出せない状態の微弱陣痛もあります。この場合、促進剤を使って強制的に出産させる場合もあります。体力の弱い妊婦さんに起きやすいものです。兆候を知っておくことで今自分がどの段階にいるのかということがわかりやすく、不安な気持ちをあまり感じずに出産を迎える気持ちを整えることができます。陣痛がきたらもうすぐ赤ちゃんとの対面だと考え、前向きな気持ちでいるようにしましょう。

臨月と正産期の違いと注意点について

臨月と正産期との違い

 

1人の人間を生み出すという大切な仕事、出産。お母さんが命をかけて取り組む仕事でもあり、それぞれの状態に名前が付いており、それぞれに大きな体調の変化や体型の変化があり、注意すべき点も異なります。
最近では妊活という言葉も生み出され、妊娠するまでにもお腹を冷やさないようにしたり栄養バランスに気を使ったり、ストレスを溜めないように・葉酸を積極的に取るようになど注意点がさまざま言われるようになりました。
そんな妊活期を経て無事胎児をお腹に宿すことができたと思ったらつわりがやってきて何も食べられなくなり苦しんで、そんな時期を経てやっと安定期。旅行に行ったり趣味を楽しんだりと楽しい時期を過ごしているとあっという間に出産直前となってしまいます。
お腹もかなり大きくなり動き回るのが大変になって、胃が圧迫されて食欲もまたなくなってきてという時期に、「臨月」や「正産期」という言葉を医師や看護師・周囲の人から言われたことないでしょうか。出産というゴールを目指してあともう一息の時期。この時期にも妊婦としての過ごし方の注意点があります。それぞれにその言葉が指す時期は少しずつ違いがあるものの、出産直前ということで医師のいうことを聞いて妊婦生活を楽しむと共に、出産後の育児に向けて準備をしなければならない大切な時期なのです。
臨月と正産期、その示す時期と注意点について、詳しく見ていくようにしましょう。

 

臨月とはどういうものか

 

妊娠期間に関する言葉で、昔から「十月十日・とつきとおか」というのがあります。 人間の場合、約10ヶ月で生まれるのです。臨月とは妊娠10ヶ月・つまり出産予定の月を指す言葉です。「臨」には「その場に居合わせる」「その場にあたる」という意味があるのです。妊娠36週0日から39週6日の期間です。その起源や由来は分かりませんが、昔から伝わる言葉です。
もう出産直前です。臨月になる前に生まれてきた赤ちゃんのための道具類は揃えておきましょう。臨月ともなるとかなりお腹が大きくなっているのでお買い物して回るのは大変です。それに、買いに行こうと計画していた前日に陣痛が起こったり、買い物途中に陣痛が起こって中断することになった場合、出産後の赤ちゃんのものがなくて大変ですし、救急車で運ばれたりなんてことになったら困ります。
だからといって歩き回ってはいけないわけではありません。赤ちゃんをしっかりと下に下ろしてやるため・出産のための体力を付けるためにも散歩するのはいいことです。おしゃれなカフェに行ったり、映画を見たり、赤ちゃん連れだとなかなかいけない場所に臨月の間に行っておいて悔いのないようにしましょう。とはいえ、近場だけにして、臨月に旅行というのはやめて置いてください。前が見えない状態なので階段など注意しましょう。ご主人や家族の方は荷物をもってあげたり、家事の手伝いをするなど、無理をさせないようにというのも注意点です。

 

臨月と正産期の違いとは

 

臨月だけでなく正産期という言葉も聞くことがあるでしょう。これらは同じ意味ではなく違いがあります。臨月は「月」という文字があり出産に適した妊娠月を指しますが、正産期は「期」・出産に適した期間を指すという違いです。具体的には妊娠37週0日から妊娠41週6日までが正産期です。臨月と違い、前にも後ろにも長いです。こちらもその起源や由来は不明で、昔から使われてきた言葉なのです。
「十月十日」という言葉にもあるように、大抵の赤ちゃんは妊娠10ヶ月目くらい・臨月のときに生まれます。ただ個人差はあります。そんな中で、もういつ生まれても大丈夫・これくらいまでなら遅くなっても大丈夫という週数を指すのです。36週までだと早産となります。42週目以降になると過産期という言葉で呼ばれます。
正産期も臨月同様にいつ生まれてもおかしくないというときなので注意点は臨月と同じです。すでに赤ちゃんの用品は準備が終わり、心の準備もできています。出産に向けての体力づくりも万全のはずです。
臨月だから・正産期だからと意識することなく、その頃までには準備が終わっていつでも赤ちゃんを迎えられるようにしておいてください。いつ赤ちゃんと会えるかは神様にしか分かりません。ただ、「十日」というのがついているように、初産の場合はどちらかというと遅くなる傾向にあるようです。昔の人も、十ヶ月を過ぎたからといって心配することはない、という意味で「十日」をつけたのでしょう。

 

臨月・正産期の注意点

 

このように期間が明確に定まっていますが、そこからずれたからといって必ずしも健康な赤ちゃんが産めないと言うわけではありません。昔の人も「十日」という猶予を設けていました。実際、出産予定日と実際の出産日がずれたという方は9割以上におよびます。臨月とかをきっちりと気にしてちょっとのズレにストレスを感じるよりも、神様に任せて出会える日を楽しみにゆったりと過ごしましょう。運動したり好きなものを食べに行くのもいいですが、医師に運動や体重で制限されている場合にはそれに従うようにしましょう。
現在は医学も発達しています。臨月や正産期に産めなくても、未熟児でもきちんと対応してもらえますし、いつまでも出てこないのであれば帝王切開という方法もあります。昔以上にズレに対応できるようになっているのです。
臨月などあくまで目安として、体が重いからとゴロゴロしているのではなく、規則正しい生活を続けていれば大丈夫です。妊婦生活を有意義に過ごすことができ、夫婦関係がしっかりしていれば、産後もご主人も一緒になって育児を楽しむことができるはずです。
臨月などの言葉は、安定期で自身の趣味をしっかり楽しんで満喫していた妊婦さんに、もうすぐだよと知らせる言葉です。もう少しすれば赤ちゃんと家族3人の生活が始まります。この時期が始まる前にもう一度、赤ちゃんのための準備は万全か見直ししてみてください。出産はゴールであり、新しい生活のスタートです。

 

臨月に向けて正産期から準備を

 

臨月ともなるともう出産間際。正産期はそのちょっと前です。とはいえ、正産期の初めに生まれないとも限りません。すでに準備はできていないといけないのです。このころには里帰り出産する人ならもう実家に帰っているはずです。家で過ごすなら入院グッズの準備はばっちりですか。赤ちゃんの衣類や哺乳瓶・ベビーベッドなども揃っているでしょう。出歩くときには万が一のためにも携帯電話や母子手帳を持ち歩いたほうがいいです。
出産後しばらくは睡眠も間々なりませんし、どこにも出かけることができず赤ちゃんと2人きりで過ごす時間も多くなります。出産直前の時期はこの大変な日々を乗り越えるためのエネルギーを蓄える期間でもあるのです。臨月に悔いがないようにやりたいことをやってしまっておきましょう。旅行は安定期のうちに済ませて、夫婦二人っきりの時間や趣味に打ち込む時間をしっかり取っておくことで出産後の生活を穏やかに過ごせるはずです。
出産も育児も多くの人々が経験してきたことです。必要以上に不安に思うことはありません。新しい家族と会える日を楽しみに、楽しい妊婦生活の最期を過ごしてください。この時期までに準備がきちんとできていれば、あせることなくいつでも赤ちゃんを迎え入れることができるはずです。この時期までにどれだけ準備を済ませておけるかがポイントなのです。安定期だからと安心して過ごしていては、あっという間にやってきます。

多様化、自由選択化しつつある出産方法の種類とかかる費用について

出産方法の種類と費用の違いについて

 

妊娠したことが分かり、出産する意志があるのであれば次に考えることはバースプランです。
バースプランとは自分がどのような方法で出産をしたいのか、希望とする予算や産院があるのかどうかなどライフスタイルや理想に合わせて練っていく出産計画のことを指します。
最近では妊婦中にかかりつけ医をみつけてもそこでそのままお産もできる産婦人科が減少傾向にあるため、バースプランによっては分娩予約は別の産院でとらなければならなかったり、かかりつけの産院で産みたいのであれば早急に出産予定日を確認して分娩予約の空き状況を調べて予約したりすることが求められます。
まずはバースプランを考え、その計画が自分の体調や生活環境そして夫や家族のサポート力などを加味して実現させられそうかを熟考した上で、その希望が通るかどうかをかかりつけの産院のドクターに早めに相談することが大切です。
出産方法の種類としては自然分娩や無痛分娩の他にも近年ではフリースタイル出産も母親たちの間では人気の出産方法としてあげられます。
費用面では、健康な女性が出産するにあたっては健康保険が適用されないので自費での支払いになりますが、出産後に一時金や助成金として戻ってくるお金もあるのでそこまで心配しなくても大丈夫です。費用の相場は40万とされていますが希望する出産方法や出産するクリニックによっても料金設定が異なるため、妊婦の間に見積もりや口コミを確認しておくことが望ましいです。

 

自然分娩の方法と費用について

 

自然分娩とはその名の通り自然な流れの中でお産をしていくものです。臨月となり、陣痛が始まってからも痛みの間隔や強さ、子宮口の開き具合を確認しながら時間をかけて赤ちゃんを導いていくやり方です。陣痛が来ていても完全に子宮口が開いて分娩できる直前の状態になるまでは分娩台には上がらずにひたすら自宅や病院の部屋で痛みをのがしてその時が来るのを待ちます。
自然に赤ちゃんを出産するためには呼吸法が大切であり、赤ちゃんの動きや自分の身体の変化に合わせてゆっくりと呼吸を整えて自分をコントロールしながら分娩することが必要です。
そのために事前に助産師さんや看護師さんと一緒に呼吸法を練習したり、立ち合い出産の有無などを相談して決めておくこともできる最もポピュラーな種類の出産方法といえます。
呼吸方法としてはラマーズ法やリフロロジー法などがあり、痛みや分娩への緊張でつい浅くなりがちな呼吸をしっかりと深い呼吸へと導いていくことで母体自身も安定し、胎児にも十分な酸素を送り続けることが可能になります。
自然分娩にかかる費用は40~75万円程度が相場とされていますが、入院先が地域の産院なのか大学病院なのかや、担当医の指名の有無など数ある産科の中から自分のニーズに見合ったところを自由に幅広く選ぶことができるためにかかる費用にも差がでやすいのが特徴です。
母子ともに健康に出産を終えるためにも、妊娠中からの体調管理や検診も徹底して行っていくと良いでしょう。

 

フリースタイル出産の方法と費用について

 

フリースタイル出産とはアクティブバースとも呼ばれていて、産む人自身がどのように赤ちゃんを産みたいかという希望や理想を可能な限り叶えた状態でお産をするという種類の分娩方法です。
とにかく自由なスタイルで出産することを第一に考え、産み方としては妊婦がしゃがんで産む座位や両手両足をついた四つ這いの状態で産むスタイル、さらに立て膝の状態で産むスタイルや横向き出産など、産む人自身が楽と思える体勢になり、痛みや流れによっては様々な体勢へと変えながら身体への負担やいきみを逃しやすい体位を積極的にとることで母体にもストレスを与えることなくスムーズに分娩することができるのが特徴です。
しかしフリースタイル出産を実施している産院はまだ全国的にみても少なく、小さな助産院であると実施しているところに行けばかなり融通が利くのでかなり理想に近い形でのお産ができますが、医師が常駐しているわけではないのでアクティブバース中に万が一母体や胎児の体調に異変が生じたり、分娩が困難になる危険性がみられた場合にはフリースタイル出産を中止して早めの判断で病院に運ばれることもあるのでその点に関してはあらかじめ確認しておくことが求められます。
費用としては4~50万円程度とされていて、自然分娩とそこまで費用に開きはありませんが、フリースタイルの希望として入院したいのか、自宅に助産師を呼んで出産したいのかなどの場所の指定や医師の指名などを行ってお産をする場合にはオプション料金のような形で費用が上乗せされていくこともあるので、予算がある場合にはあらかじめ提示してから相談を進めていくと決まりやすいといえます。

 

無痛分娩の方法と費用について

 

無痛分娩とはその名の通り陣痛の痛みを感じにくい状態で出産をする種類のものです。
痛みに対するストレスや恐怖心が強かったり、痛みや苦しみに対してパニックになりやすかったりする人や高血圧などの持病のある人にもおすすめの出産方法です。
主に麻酔を使用して陣痛の痛みを取りながらお産を進めていくスタイルであり、少し前までは全身麻酔を使用している病院もありましたが、今ではほとんどのところが局所麻酔を使用しているので、分娩中も意識がはっきりとしており、いきむ感覚や出産する感覚はもちろん、赤ちゃんの産声もしっかりと聞くことができるのが魅力です。
出産法としては普通分娩のように自然の流れに任せて陣痛が来て産むのとは異なり、あらかじめ予定日付近で入院予定日を決めておいて、検査や分娩の準備が整い次第お産に入る流れになります。必要であれば陣痛促進薬を投与したり、麻酔の効きを確認しながら量を調整したりしながら出産へと向かっていきます。
麻酔の母子への影響は全くなく、麻酔自体は出産後数時間で切れるため出産後も普通の生活ができます。無痛分娩にかかる費用としては自然分娩の料金に麻酔料金や入院料金が上乗せされて請求される形になります。無痛分娩の費用には上限が設定されていて、1回につき120万円までとされています。
麻酔の効果やいきむタイミングなどは下半身が麻痺していてもしっかりと担当医や助産師の方がそばで様子を見ながら声をかけて教えてくれるので難産になる心配もないのが特徴であるといえます。

 

出産方法と種類を選ぶメリット、デメリット

 

出産方法を自由に選ぶことができるようになったことで、自分の体質や体調はもちろん、夫婦や家族の希望に合ったバースプランを実現することが近年では簡単になってきています。
費用や入院先もある程度選択の自由がありますし、立ち合いや自宅でのお産、アイテムや食事の持ち込みにもかなり柔軟に対応してくれる産院があることはこれから出産を控える妊婦の方にとっては大きなメリットであり安心材料であるといえます。
しかしその反面で自分の理想のバースプランで分娩予約をとっていたとしても、母子の体調や生命が第一優先なのが出産です。あらゆる種類の産み方を決めていたとしても、医師の判断のもとその産み方では難産になることが分かったり、母子ともに危険が及ぶと判断された場合には希望した形での分娩をやむおえず中断して緊急帝王切開などに切り替えられる場合も十分に考えられることは納得しておく必要があります。
また出産日が予定日とずれて土日祝日にかぶった場合には休日料金上乗せされたり、帝王切開になった場合にも入院日が延びるため入院費が上乗せされたりと費用に変動が生じることも多々あります。帝王切開は医療行為にあたるため保険適用ですが、お金云々よりも母子ともに健康な状態で退院することがお産の最大の目的であるため余裕をもって見積もっておくことが望ましいです。
安心、安全にお産をするためにも産み方は多種多様です。自分にあった方法は時間をかけてゆっくり見つけ、信頼できる産院はなるべく早く見つけることが理想です。

出産前の陣痛を緩和する方法

出産の前の陣痛を緩和するには

 

妊娠をして、順調にお腹のなかで赤ちゃんが育ち、出産の前には、陣痛が起こります。これは守旧を収縮し、赤ちゃんを出すためによる刺激によるものや、骨盤、そして子宮口などが広がることによる刺激などによって、痛みとなると考えられています。その痛みなどに関しては、痛いものと思われがちですが、個人差などもあるため、必ずしも痛みが強いというわけではありません。人によっては、思ったほどの痛みはなかったという方もいるケースもあります。ですが、人によってはかなりの痛みを伴うこともあるため、その陣痛の痛みをある程度緩和することができる方法をいくつか覚えておき、出産前に痛みがある場合には、その痛みを少しでも軽減できるように試してみるといいでしょう。出産をするにあたり、避けては通れないものではありますが、少しでも痛みを減らすことは、自分の体への負担を減らすことにもなり、また、出産において、痛みなどが酷いのではないかと、不安な気持ちなどを軽減させるという意味でも、ある程度痛みを緩和する方法を覚えておいたほうがいいでしょう。特に、初めて出産を経験するという方は、妊娠時から、出産に対してそれなりに不安などを感じることも多いといわれています。初めて体験することに関しては、やはり、不安、緊張といった部分が出てくるのも当然です。正しい知識を身につけたり、また対処法などもそれなりに学んでおけば少しでも不安を軽減することにつながるでしょう。

 

陣痛の痛みの原因とは

 

妊娠をしてから、さまざまな症状により、いろいろと苦労をしたという方もいるでしょう。つわりが酷かったり、ストレスなどもたまりやすい時期でもあります。出産のために、こんなにも体への負担がかかるのかと、ちょっと驚いている方もいるかもしれません。しかし、自分の子どもが生まれるということはとても喜ばしいことでもあります。ある程度、体調不良などに悩まされる時期もあるでしょうが、それを乗り越え、そして出産に向けての陣痛の痛みを乗り越えた先には、待ち望んだ自分の子どもが生まれ、幸せを実感できるというものです。そのため、妊娠時期においては、ある程度体調不良になりやすく、精神面などにおいても不安定な状態になりがちですが、自分自身、そして夫などのサポートにより乗り越えていきましょう。また、出産前においての陣痛なども、痛みなどを伴いますが、赤ちゃんがお腹から外に出るための痛みでもあります。陣痛の痛みは、子宮の収縮や、子宮口、骨盤などが広がっていくことによりそれが刺激となることで痛みを伴うことになります。ですが、人によっては痛みなどもある程度違いがあるため、痛みに対しての不安な気持ちもあるでしょうが、ある程度、気持ちを落ち着けることや、ある程度痛みを緩和できるように、自分なりに対処していくことも大切です。いくつかの方法を試し、少しでも痛みを軽減していけるように自分なりに対処していきましょう。

 

痛みを緩和する方法として

 

痛みといういものは、嫌なものです。なんらかのトラブルによりケガをしてしまうなど、予測できない事態においての怪我、痛みなどもできれば避けたいものですが、出産に関しては、痛みが来るとわかっている状態で、その期間が少しずつせまってくるというのは、不安を感じやすいともいえるでしょう。そのような場合、痛みを少しでも軽減する方法によって、不安を少しでも減らすようにしていくことが大切です。陣痛の痛みを緩和する方法としては、自分にとって楽な体勢をとるというのも、有効な手段です。痛みが酷い、また、お産などをする際には、できるだけスムーズにお産ができるようにいろいろと体勢をかえてみるといいでしょう。そして自分にとって、楽な状態になるようにいい体勢を見つけることも大切です。
また、緊張しすぎてしまうと、痛みなどを過度に感じてしまうこともあるため、気持ちを落ち着けること、リラックスした状態を保つことも大切です。痛みに神経を集中してしまと、痛みがよけいに感じられてしまうため、意識を痛み以外のものに向けてみたり、体の緊張がほぐれるように、できるだけリラックスしていけるように心がけることも大切です。
また、出産に関しては、いくつかの呼吸法というものがあり、これも痛みをある程度緩和する方法ともいわれています。妊娠してから、そのような呼吸法をマスターしておき、いざ陣痛が始まったら、その呼吸法を試して、少しでも痛みを和らげる工夫をすることも大切です。

 

そのほかにも痛みを緩和する方法として

 

出産に関して、陣痛の痛みを緩和させていく方法として、腰周辺、お腹周りを温めるというのもそれなりに効果が期待できる場合があります。筋肉の緊張がある程度とれることになり、ある程度、痛みが緩和する効果なども期待できます。また、お風呂に入ったりした場合にも、ある程度実感することがありますが、体が温まるということは、リラックス効果にもつながるため、緊張や不安といった状態において、体が冷えてしまうことも考えられます。そのため、腰周辺、お腹周りを温めることで、リラックス効果などを期待してみるのもいいでしょう。
また、痛みなどがある場合には、声を出してしまうという場合があります。怪我をした場合、また、痛みが断続的に続くような場合には、大きな声を出すことで、その分、痛みをまぎらわすという効果などを利用して、出産の際の陣痛の痛みなどでも、ある程度声を出してみるというのもいいでしょう。声を出し、少しでも痛みの軽減につながるように、試してみるのもいいでしょう。
出産の際の痛みに関して、いくつかの方法を紹介していきましたが、それ以外にもいろいろと方法はあるでしょう。自分なりに痛みを出産の際などに、痛みを軽減する方法はないか、自分なりの方法で出産の際の痛みを軽減していく方法を模索してみることも大切です。妊娠をしてから、下準備、そして出産に関しての知識などをいろいろと勉強したり、調べてみることも大切です。

 

出産に関していろいろと知識を身につける

 

出産を初めて経験するならば、いろいろと不安なこともあるものです。出産をすれば、赤ちゃんがうまれ家族が増えるということは、とてもうれしいものです。しかし、妊娠、そして出産にいきつくまでが、それなりに自分の体に起きる不調、精神面においてのストレスなどさまざまな難題を乗り越えていく必要もあります。また、体調管理を怠らず、出産に関しての準備などもする必要もあるため、それなりにやることも山積みといえるでしょう。
ですが、あまり神経質にならず、ある程度気持ちを落ち着けることも大切なことです。出産ということに対してあまり気負いしすぎないこと、ある程度、前向きな思考を保ち、出産に関してある程度知識を身につけることで、不安をできるだけ感じないように、自分なりに生活状況を工夫していくことも大切です。また、出産においての陣痛に関しての対策、痛みなどに関してもできるだけ緩和していけるように、さまざまな方法を調べておき、自分があわてずに対処できるようにしておくことが重要です。
基本的には、出産に関しての正しい知識、そして下準備などをしっかりとしておくことが重要です。妊娠後に、何も準備をせずにいると、ぎりぎりの状態になってあわただしく準備することになり、大変な思いをすることにもなりかねません。また、いろいろな状況を想定して、それなりに知識を身につけておくことで、なんらかのトラブルとなった場合にも冷静に対処できるはずです。

出産に際しての不安の原因や解消するには

出産に際して不安を感じるのは

 

初めて出産をするということになると、不安にもなるものです。しかし、不安がっていても、お腹は大きくなり、そして出産にいたることになります。妊娠時、初期においてはつわりなどが酷く、かなり厳しい状態を乗り越えいることになります。また、その後は安定期に入るため、ある程度体調などを整えたりすることができるでしょう。しかし、安定期の終わりごろにはお腹はかなりの大きさになるため、腰などへの負担などにも注意しなければなりません。行動をするにしても、ちょっとでもバランスをくずしたりして、お腹を強打しまうようなことは避けねばなりません。安定期の状態では、運動不足を解消するために、軽めの運動などをすることも大切ですが、自分の体をいたわり、また、お腹の赤ちゃんのことをしっかりと考えて行動をすることも大切です。医師にもいろいろとアドバイスなどをもらいながら、また、自分で何かしたいというときには、きちんと医師に確認を取ることも大切です。安定期の終わりごろになれば、出産に対しての意識が、かなりでてきます。そのため不安を感じてしまうこともあるでしょう。初めての出産というのであれば、やはり怖い、不安、緊張といったものがこみあげてくるものです。いろいろなことに悩み、一人で考え込んでしまうような状況になりがちです。その原因や、また、どうやって乗り越えていけばいいのか、対処法なども考えていきましょう。

 

出産までに感じるさまざまな不安

 

妊娠をして、出産までにはさまざまな不安を感じてしまうものです。妊娠初期においてはつわりやそのほかの症状で悩まされることになり、体調不良などにより悩む傾向もあります。妊娠前、そして体が健康の状態では、それほど悩んだり、不安などを感じることも少ないものですが、体調が優れなかったりすると、マイナス思考にもなりがちです。妊娠時においても、体調が優れない時期というのは、思考に関してもマイナス思考になりがちな傾向があります。
また、お腹にいる赤ちゃんに関しての不安です。お腹のなかに存在する赤ちゃんを自分で直接確認することはできません。ちゃんと育ってきているのかという疑問、また、赤ちゃんが生まれてからどのように育てたらいいのかという育児に関しての悩みを感じることもあります。自分が親になるということに対して、また、子どもをきちんと育てあげることができるのか、生まれる前ではありますが、先のことを考えすぎてしまうことが原因となることもあるでしょう。
そして、出産に関しての不安もあります。初めての出産、経験のないことに対するあせり、緊張、不安を感じてしまうという場合です。また、出産の時期がせまってくればくるほど、出産に対しての意識が強くなり、よけいに緊張、焦りというものも出てきてしまいます。また、逆に不安であるがゆえに、自分でインターネットなどで出産に関して情報を集めてしまうことで、よけいに不安を感じてしまうということもあります。

 

原因に対して解消をしていくためには

 

さまざまな原因が考えられますが、それを解消していくためには、いくつかの解消する方法もあります。まずは、身近な存在に頼ることです。自分一人で、抱え込まず、自分の思い、頭の中で考えていることに対して、夫にも理解を求め、自分のことを支えてもらうということです。出産においては一人ですべてのことをできるわけではありません。周囲にいろいろなサポートがあって無事に出産することもできるというものです。自分だけがこれだけ悩み苦しんでいるという考え方でなく、周囲に対しても理解とそしてサポートをしてもらうということも大切なことです。そのためにも、まずは夫にも自分の妊娠に対しての状況、そして出産に関して自分がいろいろと悩んでいることなど、自分の気持ちを打ち明けるというのも一つの手段です。夫が理解し、できるだけ妻の支えになるように行動してくれることで、原因の解消につながることでしょう。
また、自分自身で少しでも解消していくためには、ストレスをできるだけ溜めないことも大切です。ストレスがたまりやすい状態というのは、精神的に不安定になりがちです。神経質になりすぎたり、感情的になりすぎてしまう場合もあります。また、うつの状態になりやすくもなるため、できるだけ、リラックスできる生活状況、そして、ストレスを適度に発散していけるように、自分なりの解消法を見つけていくことも、重要なポイントといえるでしょう。

 

そのほかの解消法としては

 

出産までの正しい知識を自分なりに身に着けていくことが大切です。医師による説明を受けること、そして、自分なりにインターネットなどである程度の知識を調べてみるのも有効な手段です。ただし、過度に調べすぎてしまうと、下手に知識がつきすぎてしまい、それも不安を感じてしまう原因になることもあるため、ある程度の知識を身に着ける程度にしておきましょう。また、友人や知人、自分の親などに、出産時の経験をいろいろと聞いてみることも解消法の一つになる場合があります。実際に出産を経験した人からの話ならば、とても参考になります。自分で、出産に関して想像したり、考え込んだりするよりも、そのように、実際に経験した人たちからの話、そしてアドバイスなどをもらうことは、解消法につながるでしょう。
また、緊張、そして出産が近づくにつれあせりなどもでてきてしまうこともあります。ですが、いくらあせったからといって、回避することはできません。精神面などを落ち着けること、そして体調管理などをきちんと行うことも必要です。ゆっくりと休むことも重要です。ストレスを溜めないようにリラックスするために、室内でのんびりと過ごしてみる、また、あまり出産にだけ意識を向けずに、自分の趣味や現状の生活にも意識を向け、日々を楽しく過ごすことも大切なことです。自分の体調を整えていくこと、また、出産に向けていろいろと精神を落ち着けていくことも稚拙です。

 

出産に向けて気持ちを落ち着ける

 

出産までには、体調不良、精神面においても安定しない、そしてお腹に関してもかなりの変化など、さまざまな状況を乗り越えていく必要があります。出産に関しても無事に生むことができるか、赤ちゃんが生まれたら、自分が親になりちゃんと育てられるのだろうかなど、さまざまな思い、考えなどにより、ストレスなどを感じてしまうものです。しかし、出産を経験した女性は、それを乗り越えてきています。そのため、自分でもきっと乗り越えられると自分を信じることも大切です。また、自分一人ではなく、夫や親などもいろいろと自分を支えてきてくれています。そのため、自分一人ではないということもしっかりと覚えておくといいでしょう。
さまざまな人に支えられながら、生きている、そして子どもが生まれてからも自分一人で育児をするのではなく、周囲のサポートもあるでしょう。自分が困ったり、悩んでもいろいろとサポートをしてくれたり、アドバイスなどをしてくれることでしょう。
そのように、出産において、いろいろとおもい悩むことも多いですが、周囲のサポートなどもあります。自分一人で全部を抱え込む必要はありません。自分がきつい時、また悩んでいる状態の時には、周囲に助けを求めたりすることも大切なことです。初めての出産などで、妊娠時からいろいろな経験、今までにない経験をすることにもなりますが、気持ちを落ち着けること、そして体調を整え、また、悩んだ時には周囲に頼ることが大切です。

予定日通りにいかない原因は子宮内の環境の良さ。予防策で安心して出産を。

どうして予定日に生まれないの?予防策は?

 

妊娠すると初めにいつ生まれる予定かという日にちを決めますが、どの赤ちゃんもこの通りに生まれるというわけではありません。
最終月経が始まった日を妊娠0日目として数え、そこから280日目が出産予定日とされるわけですがこの約10カ月の間母体は胎児を守り育てていきます。
妊娠期間中の10か月間は赤ちゃんはお腹の中で急速に細胞分裂を繰り返して、ものすごいスピードで成長していきます。
産まれてきても大丈夫と言われる妊娠37週目以降は、出産予定日前で会っても産まれてきても大丈夫なように体が作られていることが多いですが、それでも赤ちゃんの内臓は未成熟ですし、目もよく見えていない状態で産まれてきます。つまり37週以降は産まれても自発呼吸が出来ておっぱいをしっかり飲んで吸収して排泄することができるという、生きていくうえで必要最低限の機能が出来たという意味でもあります。
逆に40週を過ぎても産まれてこない場合もありますが、41週6日までならお腹の中にいても大丈夫ですが、それを過ぎてしまうと妊娠過多となり、これが原因で胎盤の機能が落ちたり、羊水の量が減ったり、心拍に異常がでたりといったトラブルが起こります。なので、妊娠予定日を過ぎたらに陣痛を誘発して分娩にもっていく判断をする医師が多くいます。
出来れば自然正期産序盤で出産したいものですが、なかなかそうはうまくいきません。原因として子宮内の環境が良く胎児がまだ子宮から出ようとしないことや、出産予定日自体が間違っていたといったことが考えられます。
妊娠42週以上になると胎児が育ちにくい環境になることから、それまでに出産をすることが望ましいですが、できるだけ出産予定日を過ぎないようにしたいのであれば、予防策として陣痛を呼び起こすための運動をするとよいでしょう。また、あまり気にしすぎないようにリラックスできる環境を整えることもポイントになります。

 

妊娠したらいつ生まれるかどうしてわかる?

 

妊娠してから出産するまで十月十日といいますが、妊娠期間は約10ヶ月です。
妊娠の数え方としては、最終月経が始まった最初の日が妊娠0日目とする独特な方法です。28日間ずつを妊娠1ヶ月として、妊娠期間は280日間、280日目が出産を予定している日という数え方です。
まずは最後の月経の開始日に1年をプラスして、次にそこから3か月引きます。そしてそこから7日プラスした日が生まれる予定の日となります。
この計算方法は、生理周期が28日の人で排卵日が生理開始の2週間後という人が目安になっています。排卵日が分かればより正確な日にちをだすことができます。
出産予定日はあくまで目安で、最近では初期の妊婦検診で赤ちゃんの大きさを超音波検査で測定して、予定日を計算することもよくみられます。
妊娠すると1ヶ月を28日間と数えるのは、もともと生理周期が28日間できっちり来る人に合わせてWHOが定めているので、生理不順の人や生理周期が長い人は出産予定の日そのものに産む確率は低くなります。
初めての出産であれば子宮口が開かなかったり、産道がまだ硬いことが原因で出産経験者に比べて予定していた日を過ぎる傾向があります。
妊娠して日がたつにつれて、胎児の身体の機能は週数を重ねるごとに整っていき、妊娠36週で最後の肺の機能が整うわけですが、いつお腹の中から外に出ても大丈夫な状態になります。妊娠37週に入ると正期産を迎えて41週6日まではいつ生まれても大丈夫な状態です。

 

予定した日を過ぎて生まれる原因は何?

 

出産予定日あくまでも目安であり、ほとんどの人がこの日を過ぎたりもっと早くに産んだりします。出産自体にも一人一人の身体のつくりが違うため個性があり、早産しやすい人やなかなか生まれにくい人など様々ですが、予定していた日を過ぎてしまうというのはどういった原因があるのでしょうか。
まず胎児がまだ子宮から出ようとしていないということが挙げられます。
というのも、妊娠38週頃に一番羊水・胎盤・子宮の機能が高まるのでとても居心地のいい環境になっています。その後徐々に低下していくわけですが、その居心地の良さが陣痛が起こることを妨げているのです。というのも、妊娠中はちょっとしたことで陣痛が起こらないようになっているのです。でなければ流産や早産のリスクを抱えた人たちばかりになってしまいます。
なので、子宮内環境が良好で胎児が成長しやすい環境にある場合、もしくは胎児自体が居心地がいいと感じている場合には陣痛は起こりません。
つまりある程度胎児の環境に変化があり、胎児がこのままではお腹の中でうまく成長できないという状況にならなければ陣痛は怒らないということです。
酸素や栄養の吸収、代謝物の排泄など胎児が、お腹の中での生活に不自由を感じると陣痛が起こるのです。
またそのほかにそもそもの予定日の設定が間違っていたと言ことも原因の一つとして考えられます。一人一人生理の周期は違いますし排卵日も違います。なので特に生理不順の人などは一つの定義で計算してしまうと、全く違う日に産まれてくる予定になってしまいます。ですが、この場合は医師が検査のたびに大きさを見たり機能についてチェックしてくれたりしますし、いつ生まれても大丈夫な期間自体が37週から41週6日までと長いスパンなので深刻に考える必要はないです。

 

予定日が大きく過ぎるのを予防するには

 

妊娠42週を過ぎると、居心地の良かった子宮内の環境も変化します。
胎盤の機能が落ち硬くなって縮みます。そうなると、胎盤からへその緒を通じて胎児に送られていた酸素量が減り、赤ちゃんが苦しくて胎便をしてしまうこともあります。胎便で汚れた羊水を飲み込むと肺の機能が低下したり、出産後の呼吸困難や肺炎のリスクも高くなってしまいます。正期産に比べると帝王切開になる確率も増えますし、妊娠42週を過ぎると妊娠誘発剤を使って、人工的に出産を促したりします。
できればこうしたリスクを予防するためにも、出産予定日を過ぎすぎないように出産したいものです。予防策として、正期産に入ったらできるだけ運動をするとよいでしょう。
妊娠37週までは早産のリスクを予防するためにも、運動を制限したりお腹の張りに気を付けながら生活をしていきますが、37週以降は自分自身の体をできるだけ出産に向けていくと良いでしょう。散歩をはじめ、スクワットをしたり、床の拭き掃除をしたりして股関節を広げる運動は出産を促しとてもお勧めです。同時に予防策と一緒にあまり出産に過敏になりすぎず、リラックスして過ごせる環境を整えるとよいでしょう。アロマオイルをたいたり、赤ちゃんに話しかけたりリラックスできる音楽を聴くもの効果的です。なかなか陣痛の兆しがないと焦りはどんどん大きくなってしまいますが、こんなものだと思ってマタニティライフを最後まで楽しむと良いでしょう。

 

焦りすぎないで気持ちも身体も整えましょう

 

妊娠すると赤ちゃんが生まれる280日間、とにかく母親は赤ちゃんが無事に元気に産まれてくれることを願って生活をするわけですが、妊娠の周期が進むごとに流産を心配したり早産を心配したり、37週を迎えてようやくいつ生まれても大丈夫な状態になるとようやくホッとした安堵感を覚えます。ですが、いつ生まれるんだろうというワクワクした気持ちと緊張が入り混じったなか、なかなか出産を迎えることなく出産予定日を迎えると、次は一体いつ出産になるんだろうという焦りに変わっていきます。
最近では出産予定日を過ぎると赤ちゃんが大きくなりすぎることを防ぐために、40週以降に陣痛誘発剤を使って出産に結び付けたりする産院も少なくありません。
妊娠42週目を過ぎると妊娠過多となり、赤ちゃんが逆に生きていけない環境になっていくので、できるだけ早く出産に結び付けなければなりませんが、実はいつ生まれていもいい37週以降の正期産は41週6日までの5週間もあるのです。なので、40週を過ぎたからどうしようと急に焦ったりする必要はありません。ストレスは胎児によくありませんし、出産になるものもなりません。
あまり予定日を過ぎすぎないよう予防するためにも、胎児に話しかけたり、床掃除やスクワットなど陣痛を呼び起こす運動をしたり散歩をしたり、アロマオイルをたいたりするなどして自分自身の身体もできるだけ出産に向けて整えていくとよいでしょう。

出産のための入院準備と必要な持ち物

出産のための入院に必要な持ち物

 

出産の際にはたくさんの荷物を持って行っても使わないということがありますので、必要なものだけをまず用意すると、そこに足していく形にすればよくなります。出産のときに必ず必要とされるのは、母子手帳、診察券、健康保険証、印鑑です。出産の際に必ず必要とされるため、ひとまとめにしておくと、入院後にも出しやすくなります。母子手帳に関しては、直前まで記入する必要があることが多いため、しまい忘れがないようにするといいです。また、生まれた赤ちゃんのための洋服や肌着もある程度の枚数があれば、ケアできます。哺乳瓶などこだわりがある場合にはそれらを出産の入院の時に持参することも必要となります。そのほかには、分娩中などに必要となるかもしれないものを想像して、先輩のアドバイスなどを参考にリストを作ると用意しやすくなります。たとえば、飲み水が必要になることも多いので、ペットボトルの水を適量用意するといいです。汗をたくさんかくので、水分補給をこまめにすることが大切です。また、汗を拭くためのタオルや、体を冷やすためのものもあると便利です。もし冷えやすい人であれば、使い捨てカイロなどの合溜めるためのものも役立ちます。出産のときには予期せぬアクシデントもつきものであるため、もし可能であれば、付き添いの人に買い物を頼めるように、予め依頼しておくこともいい手段です。持ち物をできる限り一つの鞄におさめておくと、いざという時の失敗を防げます。

 

出産の入院の準備を開始する時期

 

出産は、予定日が定まっていても、いつ始まるかははっきりわかりません。帝王切開の予定をしていても、急に出産が始まってしまうというケースも少なくはないため、できる限り早く準備を始めるといいです。特に赤ちゃんの肌着などの選択が必要なものに関しては、出産のときに突然では間に合わなくなりますので、天気がいい日や花粉が少ない日などをねらって、早めに準備に入るといいです。入院日が決まったら、その日を目指して、様々なものを準備しますが、臨月に入るとお腹が大きくなって、買い物も荷造りもままならなくなることも多いため、その前に鞄にセッティングできるように目標を立てると無理なく準備できます。肌着やおむつはお祝いでもらえることもありますが、肌に合うかどうかなどを考えると、それをあてにしていたら間に合わないこともあるため、早めに店頭で選ぶことも大切です。持ち物は多すぎてはいけませんので、必要最低限のものをまず最初に準備して、手続きなどに備えることも重要です。その荷物だけをポーチなどに分けておくと、いざという時に慌てずに出すことも可能となります。しかしながら、準備が早すぎると、せっかく洗った肌着が湿気を帯びてしまうことあるため、時期を見極めることも大切です。あとからのチェックを考えると、透明の袋などを準備して、開封せずに確認できるような工夫も必要となります。出産間近であると、買い増しが不可能になることも想定されます。

 

出産する病院で用意してくれている必需品

 

病院では様々なものを準備してくれますが、そこそこでやり方が違うため、事前にその内容を確認しておくと、無駄な準備をせずに済みます。特に荷物が多くならないことを重視したい場合には、問い合わせをしておくといいです。入院中のパジャマやスリッパまで準備されていることもよくありますが、そのようなものに関しては、使いやすさなどを重視したい場合、自宅で使っているものを持参してもいいです。そのあたりの見極め歯とても難しいですが、同じ産院で出産した経験がある先輩などに聞くと、無理なく考えることもできるようになります。産院によっては、新生児用のおむつなどがすべてセットされていることもありますので、荷物を極力減らすことも可能です。また、食事に関しては、ほとんどの産院で準備されますが、体調によって食べられるものが異なる人に関しては、事前に相談して持ち込むことも検討するといいです。陣痛が始まると、長丁場になり、その時の食事を手配したい場合には、付き添いの人に頼めるように根回しするのも一つの手段とも言えます。産院内に売店があるかを確認したり、電子レンジなどの設置があるかを知っておくと、持参する食事の内容にも気配りできます。出産する病院によっても異なることですが、出産のプランによってもサービス内容は違ってくるため、自分たちに必要な持ち物も踏まえ、病院のスタッフに尋ねることは必要であり、有益なことです。

 

出産の際に持参すると便利な持ち物

 

入院生活は長くないことが前提とされますが、実際にはあったらいいなと感じる物や、なくては不便かもしれないと想定できるものも考えると、快適な生活ができます。たとえば、授乳の時に使うドーナツまくらなど、疲れた体に大きくかかる負担を軽減できるものは、重要視してもいいでしょう。また、出産前では想像しにくいことですが、排せつ時の苦労も想定できるので、赤ちゃんのためだけでなく自分のためにもおしりふきや携帯用の洗浄機などを持ち物に入れるメリットもあります。産褥ショーツは必需品として用意する人も多いですが、心配な場合には、産褥ナプキンを用意すると、沐浴指導などのための移動の時にも冷や冷やせずに過ごせることも多いです。そして、使うかどうかわからないものでも、赤ちゃんの爪切りなどの、衛生用品一般については、いざという時に備えておくといいです。胎内にいるときから爪はありますので、若干長めに伸びた状態で生まれてくることも予測できます。ある程度のものに関しては、産院内の売店でも購入できることも予想できますが、長く使う道具などに関しては、事前に購入したものを持っていく方が効率もよく、我が子を待たせずにケアしていくこともできます。さらに、忘れやすいものとして、眼鏡やコンタクトレンズなど、普段の生活の一部になってしまっているものは、特に気を付けるといいです。出産とは関係ないものでも、生活必需品に関してはリストに加えておくといいです。

 

快適な出産を迎えるためにできること

 

出産の入院に関しては、初めてのことばかりで不安になる人も多いですが、リストを作って備えると無理なく対応できます。出産する産院に売店がない場合などは、気を付けなくてはいけないので、早めに始めるといいです。また、入院中のサポートをしてくれる人がいる場合には、途中での買い出しなどを依頼できるように、予め頼むといいです。しかしながら、身近にサポートしてくれる人がいない場合には、臨月前にすべてそろえるつもりで考える必要性があります。荷物は少ない方が理想的ですが、物が足りなくて困るといけませんので、多少多くなってしまうことも想定することも必要です。精神的にもリラックスした状態で出産の日を迎えられるように準備をすすめ、万が一早まっても焦らず胎児をいたわりながら行動できるようにしておくといいです。出産の季節によっても、持ち物は多少異なるので、その点も調べながら準備するとスムーズになります。多胎児の出産の時には荷物も多くなりますが、赤ちゃんの荷物に関しては、各々のものを分ける必要性なども鑑みながら鞄にセットしていくと、使う時に便利です。出産は心身ともに疲れてしまうことも多いので、子育てのイメージをしながら、自分を労わっていくことも重要です。臨月には胎児が子宮の方へ下がってきますので、体の状態が変わり、ホルモンバランスが乱れるため、不調が起こりやすくなります。特に吐き気や胃痛など、さまざまな体調変化が起きますので、それ以前に整えることも重要です。

出産のための入院期間の過ごし方について

出産のための入院はどのぐらいするのか

 

多くの妊婦さんは陣痛が始まるとかかりつけの病院や産院に連絡をして受診し、陣痛の進行を確認したらそのまま入院して分娩、という流れとなります。一般的にはいつ陣痛が来ても良いように、妊娠後期に入ったらいつでも入院できるよう入院グッズをまとめておくようにと指導されます。
陣痛が始まると陣痛室で待機、そして分娩できる状態になったら分娩室に移動、そして出産後は自室へ行きそのまま入院ということになります(個室の場合は陣痛室ではなく入院病棟の部屋で陣痛を耐えるということもあります)。
入院する期間は自然分娩の場合で4~7日程度、帝王切開の場合は7~12日程度ということが多く、病院によって多少の差は有りますが、多くの場合は出産後は一週間前後の入院をすることになります。
では、なぜそれだけの期間を病院で過ごさないといけないのでしょうか。
昨今では日帰り手術で対応する疾病が多く、重い病気の治療でも通院治療で対応するということが珍しくないため、一週間前後の入院というと重病のようなイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし、出産の後は一週間前後は入院するというのは昔から変わらず続いています。
海外では1~2日で退院ということも珍しくありませんが、なぜ日本では今なおそれだけの期間を要するのでしょうか。
なぜそれだけの期間を病院で過ごさなければならないのか、また、その期間に何が行われているのか詳しくみていきたいと思います。

 

なぜ出産後一週間の日数が必要なのか

 

日本では出産後は一週間前後は病院で過ごすのが一般的ですが、なぜそれだけの期間が必要なのでしょうか。
海外では出産から1~2日、早い人は当日に退院することがあると耳にしますが、日本との違いは麻酔分娩を行うか否かです。海外といっても極端に短い期間で退院するのは麻酔分娩がかなりの高割合で行われている欧米の国です。日本でも近年は増えていますが、麻酔分娩を行うと出産に対する体の疲労具合が抑えられるため、日本のように何日も病院で過ごさなくても家で生活できるというわけです。
ただし、麻酔を使用してもしなくても出産後は非常に体が疲労しています。それまでの約10か月間の妊娠期間と出産により女性の体は疲労困憊しているので、まずは体を休める期間が必要というのが一つの考えです。また、出産後には体調の急変が起こりやすいため、出血や高血圧などが突発的に起こるリスクもあるため、経過観察としての入院の必要性もあります。
帝王切開での出産の場合は開腹手術が行われるため、術後の疲労回復、経過観察、そして術後に体を動かすリハビリなど、少なくとも一週間以上は病院で過ごす必要があると考えられています。
また、日本の産科の特徴として、出産後に病院や産院で赤ちゃんのお世話を指導してくれるという特徴があります。特に初産婦の場合は、退院後には初めての赤ちゃんとの生活が始まります。その時に戸惑わずに赤ちゃんのお世話ができるよう、病院にいる間に育児の実践を学ぶことがことができるのです。

 

その間の具体的な過ごし方

 

では、出産後の一週間前後を病院や産院でどのように過ごすかということですが、まず出産初日また翌日はゆっくり体を休める時間です。
ただし、赤ちゃんが生まれたらすぐにお世話は始まります。今は母子同室の病院が増えているため、基本的には1日中赤ちゃんと一緒に過ごすことが多いです。
また、母乳育児を推奨している病院も増えているので、助産師による授乳指導や母乳のためのマッサージなどが行われます。
そしてオムツ替えについても、まずは助産師や看護師が見本を見せてくれるので、自分で行いながら実践的な練習をしていきます。
2~3日目になると沐浴指導や調乳指導が行われます。病院によってはパパも参加できるような研修形式でレッスンを行うこともあります。
そして3~4日目になると、退院に向けて赤ちゃんのメディカルチェックが小児科医によって行われ、K2シロップの投与も行われます。
母体に関しては、毎日検温、血圧測定、子宮の収縮具合のチェックが行われ、出産時に会陰切開をした場合の消毒も行われます。
4~7日目には母体の退院前のメディカルチェックです。子宮内をエコーでチェックし、会陰切開した場合は抜糸が行われます。
赤ちゃんに対しては先天代謝異常の検査が行われ、問題がなければ退院ということになります。
経産婦で育児のレッスンの必要がなく、回復も順調な場合は希望をすれば4日で退院できる病院も多いですが、初産婦の場合は学ぶことが多いので5日以上滞在するのが一般的です。

 

おすすめの過ごし方とは

 

このように出産後の入院期間には、母体をしっかり休めるという役割、体の急変がないよう経過観察してもらう、赤ちゃんのお世話の仕方を学ぶという3つの役割があります。
初産婦のママさんの多くは戸惑いが多いと思います。生まれたての赤ちゃんは昼も夜もなくおっぱいを欲しがりますし、うんちの回数も多いためオムツ替えはとても頻繁です。
休みたいと思いながらも、退院後に始まる赤ちゃんとの暮らしを考えると、病院に滞在している間にできるだけ慣れておきたいと頑張り過ぎてしまう人が多いです。
また、個室ではなく複数人が一緒の大部屋の場合は赤ちゃんの泣き声が気になって体が休まらない、自分の子が泣くと周りの目が気になるなど精神的に疲れてしまう人も多いものです。
出産後のこの期間は赤ちゃんのお世話に慣れることも大事ですが、まずは疲れた体を休めることが第一です。この出産から一カ月以内の産褥期に無理をしてしまうと将来的に体調を崩しやすくなるとも言われており、今後の育児のためにも母体の健康が第一です。そのため、そこを押さえた過ごし方をすることが大事で、新生児室に赤ちゃんを預かってもらい、まとまった睡眠をとるといった過ごし方もおすすめです。
また、新生児のお世話は神経を使い精神的にも疲れやすいため、同室や授乳室などで顔を合わせたママさんと友達になり情報交換をするのも気分転換になります。
そして、経過が順調ならばストレッチなどで少しずつ体を動かしておくと、血行が良くなり出産後の体の回復を早めてくれます。

 

一週間がちょうどいい理由

 

出産後には一週間前後の入院をするのが一般的で、それは長いと感じる人もいるかもしれませんが、出産後の疲労困憊した体をしっかり休めるということ、出産後に体調の急変が起きないか経過観察してもらうこと、そして赤ちゃんのお世話の仕方を実地により学ぶことという大切な役割があり、それを十分に行うには一週間前後の日数は必要となります。
特に疲れた体を休めるというのはとても大事なことです。
家に帰ったら24時間朝も夜もない新生児の育児が始まるのです。育児に協力的な家族がいたとしても、なかなか家に帰ったらゆっくり休んでいることはできません。
産後1か月ほどの産褥期に無理をしてしまうと将来的にも婦人病などの病気にかかりやすいという説もあり、昔からこの期間はしっかり休まないといけないと言われてきました。
そのため、入院期間にはまずは体を休めるということを第一とした過ごし方をするのが好ましく、助産師や看護師に助けられながら育児を学ぶ時と考えると良いでしょう。
出産後の入院期間には、授乳指導、オムツ替え指導、沐浴指導、調乳指導などこれからの生活で必要な赤ちゃんのお世話方法についての研修や実地が行われる病院や産院がほとんどです。
それらを一通り学び、なおかつ母体ならびに赤ちゃんの体調チェックをして、体も休める期間ということで、それらの過ごし方をするには適当な日数が出産後の一週間ほどとなっており、ほとんどの医療機関ではそのような日数設定となっています。

出産にかかる費用の種類と助成金制度について

出産で受けられる助成金の種類

 

出産には実はとても多額の費用がかかることをご存知でしょうか。子宝に恵まれて出産するというのはとても自然で多くの人が行っていることですが、よくよく調べてみると妊娠中から分娩まで、トータルで数十万円、場合によっては百万円以上の費用がかかることもあります。
でも、安心してください。出産には多額の費用がかかりますが、それを助成してくれる制度も充実しているので、それらの制度を利用することで大きなサポートを得ることができるのです。
では、具体的にどのような費用がかかり、どのような助成制度があるのでしょうか。
まず、出してもらえるお金、つまり助成金制度ですが、ざっと妊婦健診助成クーポン、出産育児一時金、出産手当金、乳幼児医療費助成、医療費控除といったものが挙げられます。
これらの助成金は国や自治体、加入している健康保険組合から受けることができるもので、申請に必要な条件や申請方法はそれぞれの申請先によって方法が異なります。
就業している人だけが受けられる助成金もあれば、全ての人が受けることができるものもあるため、自分はどれにあてはまるのか、どの助成金を受け取ることができるのかという点を妊娠中から確認しておくことが大切です。
また、これらは公的な助成金です。私的なものとしては、条件を満たしている場合には医療保険の適用内となることもあるため、自分の加入している医療保険の内容を見直しておくと安心です。

 

出産にかかる費用の種類

 

では、具体的に出産にかかる費用にはどのようなものがあるのでしょうか。
まず、大きなものは妊婦健診費です。
妊娠をしたら赤ちゃんを産むまでの間に医療機関で妊婦健診を受けなければなりません。妊婦健診は妊娠初期は週1回ほど、安定期に入ったら月1~2回、臨月には週1回というペースで健診を受ける必要があります。
妊婦健診の費用は保険適用外のため自由診療となります。そのため医療機関によって価格が異なり、大体一回3000円~2万円ほどかかり、14~15回ほど通うことが一般的です。
そして忘れてはいけないのが分娩費用です。産後は自然分娩で5日ほど、帝王切開の場合は7~10日ほど入院する病院が多いため、それに加えて入院費用が必要になります。
出産費用も医療機関によって大きな差がありますが、45万円~75万円が平均的ですが、上は100万円を超える医療機関も珍しくはありません。また、帝王切開の場合は健康保険適用で、50万円~75万円程度です。
さらに麻酔を使用した無痛分娩を行いたい場合はプラス5~20万円、合併症などで入院が長引いた場合は20~30万円が入院費に上乗せされます。赤ちゃんが低体重や黄疸などで入院する場合にも費用が入院治療費が発生します。
その他には妊娠中は体型が刻々と変化するため、それに伴う服や下着などのマタニティ用品、赤ちゃんとの新生活のためのベッドやベビーカー、オムツやミルク、哺乳瓶などの生活用品も必要となります。

 

出産に対する助成金の種類とは

 

このように出産はお金がかかるものです。妊婦健診費から分娩・入院費、そしてマタニティ期や赤ちゃんのための生活用品代全てトータルしたら100~200万円以上かかることも珍しくはありません。
しかし、出産に対して経済的負担がかからないよう、国や自治体、健康組合などによる助成金制度があり、それらにはいくつかの種類があります。
まず、10回以上に及ぶ妊婦健診ですが、これに対しては自治体から妊婦健診クーポンが配布されます。自治体によりその内容は異なるのですが、多くの地自体では全部で14回の健診の助成を受けることができます。ただし、自由診療なので決められた金額を超えている医療機関で受診する場合には差額は払わないならず、一般的には毎回500~2000円ほどを自腹で払うことが多いようです。
妊婦健診クーポンにはエコーや血液検査を受けられるクーポンが付随していることが一般的です。
そして最もお金のかかる分娩・入院に対する助成制度が出産育児一時金です。
これは加入している健康保険から支給される制度で、出産一児につき42万円、産科医療保障制度に未加入の医療機関で出産した場合には40万4000円が支払われます。
この二つは出産をした人は誰でも受けることができる助成金ですが、働いていなければ受けることができない制度もあります。
それは出産手当金、育児休業給付金です。厳密には出産手当金は退職をしていても所定条件を満たしていれば受けることはできます。

 

助成金を受けるための注意点とは

 

出産に関わる助成金の中には、受け取るためには条件を満たしている必要があるものがいくつかあります。また、全ての人が受けられる助成金にも申請や受け取り時に注意が必要な点がありますので、それらの種類別にみていきたいと思います。
まず、出産手当金です。これは産休中に給与が出ない場合、もしくは退職後6か月以内に出産をした場合の人が対象となります。ただし、会社が加入する健康保険からの支給となるため、国民健康保険の場合は対象外となりますので注意が必要です。
また、出産時に就業しており、産後・育児休暇取得後も復帰する場合には雇用保険から育児休業給付金を受けることができます。こちらは就労していることが条件となります。
全ての人が受けることができる妊婦健診クーポンについては、自治体により助成額(クーポンの金額や枚数、適用される検査の種類など)が異なります。自治体によっては検査内容によって1万円を超えるような金額が自腹になることもあるため、内容を把握しておくことが大切です。
また、出産育児一時金については、出産を行った医療機関に直接払い込みされる場合と、いったん立て替えて後から清算される場合とがあります。前者の場合は退院の会計の際に差額を支払うことになりますが、後者の場合はまとまった額をいったん自分で支払わなければならないので、出産する医療機関に出産育児一時金の受け取り方法について確認しておくと安心です。

 

助成制度の種類を理解しておくことが大事

 

このように、出産には10回以上に及ぶ妊婦健診、そして分娩・入院費用やマタニティ期間や赤ちゃんが生まれてからの生活グッズ購入などで多額の費用がかかります。
そのため、国や自治体、健康組合などによっていくつかの助成金制度が設けられており、それらを利用することで自己負担を少なく出産に臨むことができるのです。
全ての女性が受けることができるのが妊婦健診を受ける際のクーポン券、そして分娩・入院にあたり出産一人あたり42万円を受け取ることができる出産育児一時金です。
出産育児一時金は全国統一で42万円または40万4000円(産科医療補償制度未加入の医療機関で出産した場合)で統一されていますが、妊婦健診クーポンについては自治体によりその助成額には差があるのが現状です。特に都市部の多くの自治体では14回の妊婦健診とエコー、血液検査といった検査費用が助成されています。
就業している助成に対しては雇用保険から支払われる育児休業給付金があります。また、就業していて産休中に給与が発生しない場合や、産後6か月以内の出産ならば出産手当金が支払われます。
また、産後に赤ちゃんに疾患が見つかりそのまま入院する場合などは、自治体による乳幼児医療助成が入院・治療費に対して受けられ、妊娠経過中や産後に母体に何かあった場合の治療費用について一定額を超えた場合は医療費控除で一部戻ってきます。
このように妊娠中、出産、産後と受けられる助成制度が様々設けられていますが、受けるには条件のある制度もあるため、自分は該当するかどうか認識しておく必要があります。

妊娠中に旅行をする際のタイミングと注意点

妊娠中に旅行するなら知っておくべきこと

 

せっかく行くのなら、限られた時間の中であれもこれもしたい、行きたいと考えるのは仕方がないことです。ですが、計画を立てるうえで一番大切なのは、母体と赤ちゃんの安全です。せっかくの計画しても母体と赤ちゃんに無理のある計画であっては楽しむことはできません。
例えばトラブルが起きやすい時期や、医者から注意を受けている時期は避けたほうがよいでしょう。また行く際の移動手段にも十分配慮する必要があります。いつもは自動車での移動をしている人でも、妊娠中の長時間のドライブは意外に負担がかかるものです。新幹線や飛行機などゆっくり休憩したりできるような手段を考えましょう。
さらに旅先では何が起こるかわかりません。トラブルが起きないようにするのが一番ですが、万が一何か起こってしまった時のために保険証、母子手帳、お薬手帳の三点は必ず身に着けておくことが大切です。
もちろん行く際には事前に担当の産婦人科の先生に相談することが必要でしょう。自分で自己判断するは危険ですので、一番自分の体を知っている先生に判断をあおぎましょう。
このように、妊娠中の旅行は、タイミングや旅行の計画など注意点を押さえておけばそこまで不安になる必要はないのです。妊婦は思うようにいかないこともも多くてストレスをためてしまいがちです、ストレス解消のためにも、ぜひこの機会に自分の行きたかった場所を訪れてストレスを解消してみるのもいいですね。

 

妊娠中の旅行に適した時期とは

 

妊娠中の旅行を計画するうえで気を付けたいことの一つが、旅行に行くタイミングです。確かに冬のこの時期に行きたい、など個人が希望するタイミングがあるかもしれませんが、妊娠中はその気持ちを少し我慢しましょう。旅行中に何かあっては意味がありません。妊娠中、特にトラブルが起きやすいとされるのが妊娠初期です。この妊娠初期の時期はまだ母体も赤ちゃんも不安定で、無理をすると流産等のリスクが高くなりますからやめておきましょう。また妊娠後期はおなかも大きく活動が制限されます。さらに妊婦も疲れやすく転倒や早産の危険も高く足るため適していません。行くのであれば妊娠中期、安定期と呼ばれるタイミングがおすすめです。妊娠中期は比較的トラブルが起きることの少ない時期と考えられていますし、ちょうど辛いつわりが収まって食欲がでたり体調がよくなってくる人が多い時期だからです。
また、極端に暑かったり寒かったりするのもタイミングとしておすすめできません。暑すぎる環境での旅行は熱中症になりやすく危険です。また逆に寒すぎる場合も妊娠中の体を冷やしてしまったり、氷や雪で転倒してしまう可能性もあります。
せっかく好きな場所にやってきておいしいものが目の前にあるのに、身体はつらい、食欲はない、というのではもったいないですよね。旅行をしっかりと楽しめるようなタイミングを自分の妊娠の時期と過ごしやすい時期の二つを踏まえて選んでみてくださいね。

 

妊娠中の温泉や飛行機は大丈夫なのか

 

海外への旅行や国内でも遠方の場合、移動手段として飛行機を利用することもあるでしょう。妊婦は飛行機を利用してはいけないと耳にしたことがある人もいるかもしれませんが、妊婦であっても条件を満たせば飛行機を利用することができます。その場合、医師の診断書が必要になってくるケースがあります。自分が現在飛行機を利用してもよい状態なのか、飛行機の利用はどの程度なのかを踏まえて医師に判断を仰ぎましょう。この場合、医師に良いと判断してもらえない可能性もありますので、飛行機を利用するかもしれないときは先に判断を仰いでから計画を立てるようにするといいでしょう。
また妊婦が大丈夫かと不安になってしまうのが温泉の利用です。身体を温めてリラックスできる温泉ですが、これにも注意点があります。温泉は不特定多数の人間が利用しますのでそのお湯を使っても大丈夫なのかを医師に確認しておきましょう。場合によっては温泉は控えるように言われてしまうこともあります。ですがもし医師からの了解が得られたら温泉を安全に楽しみましょう。温泉を利用するときに怖いのが転倒とのぼせです。風呂場は石鹸や水でとても滑りやすい様態になっていますから転倒しないように気を付けましょう。さらに熱いお湯に長時間入っているとのぼせて倒れてしまうことがあります。妊婦は特に体調が変化しやすいですから長湯しないこと、こまめに水分補給をしながら温泉を楽しむようにしましょう。

 

妊娠中に気を付けたい注意点

 

その他にも妊娠中に旅行に行く際の注意点があります。一番は何のトラブルもなく安全に楽しむことができることですが、万が一何かトラブルが起こってしまった時のための対処もしておくようにしましょう。トラブルが起こってしまった時に、周囲の人間がすぐにあなたの身体のことについて知ることができるよう、母子手帳、健康保険証、お薬手帳の三点は必ず携帯しておくといいでしょう。また、自分の通っている産婦人科の住所と電話番号のがあるとさらに安心ですね。
旅先で何か体の異常があったときに相談できるようにしておくのも重要です。例えば旅行先の産婦人科の場所や連絡先を事前に確認しておくこと、ドラッグストアなども知っておくと妊娠中に何か必要なものに気づいても対処することができますね。
そして一番は妊娠している体に無理をさせないようなスケジュールを立てることです。移動もギリギリ、内容もたくさん詰め込みすぎてぎちぎちなスケジュールではつい無茶をしてしまいトラブルになりかねません。急に何か気分が悪くなってしまっても大丈夫なように予定を組んだり、いつもよりも休憩の時間を増やしたスケジュールにしたりするようにするといいでしょう。ちょっともの足りない、と感じてしまうかもしれませんが、妊娠中は自分が思っている以上に物事に時間がかかってしまったりちょっとしたことでも疲れやすいようになっています。余裕のある計画を立てるようにしましょうね。

 

妊娠中でも注意点を守って楽しもう

 

このように、妊娠中であっても母体と赤ちゃんの安全に十分に配慮し、注意点を守って計画を立てていけば、旅行を楽しむことができます。
確かにもしもおなかの赤ちゃんに何かあったらどうしよう、と不安になってしまう気持ちはわかります。ですが、妊娠中だからあきらめなければいけないのではなく、妊娠中だからこそ行ってみるのがいいこともあります。妊娠中は仕事を休んでいる人も多く、比較的自分に使うことのできる時間が確保しやすいです。またいざ出産してしまってからだと、子育てや仕事が本格的に始まってきますからゆっくり好きな場所に行くこともなかなかできません。だからこそ妊娠中のこの時期に毛企画することがチャンスなのです。
どうしようか、と迷っている人がもしいたら、悩む前に思いきって一度調べたり計画を立て見るといいでしょう。調べたり具体的な計画を立てていると、漠然とした不安が解決してきて、行ってみようかな、と前向きな気持ちになれるかもしれません。
また、別に遠出や長期間のお出かけをする必要はありません。レジャーは本人が楽しめることが一番ですから、自分の体調と予算に応じて無理のない範囲内でお出かけを計画すればいいのです。今日は日帰りでゆっくりここへ行ってみようかな、この距離なら近場だから足を運んでみようかな、という気持ちでいいのです。
十分に母体やおなかの赤ちゃんに配慮して安全で楽しいお出かけを楽しむことができるといいですね。

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.