葉酸の摂取には2種類の方法があります | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸の摂取には2種類の方法があります

葉酸の摂取には2種類の方法があります

葉酸は妊娠している女性には特に必要です

妊娠中の女性にとって葉酸は必要なものです。葉酸が不足してしまうと生まれてくる赤ちゃんに障害が出てしまう率が高まってしまうことがあるためです。
妊娠中でも特に初期に葉酸は必要で普段の生活の中でもしっかり摂取しなければいけない栄養素なのですが、日常の食事では必要な量の葉酸を摂取することは難しい物なのでサプリメントなどで不足している分を補わなければなりません。
葉酸をしっかりと摂取していると身体の中のホルモンバランスを整えてくれるため頭痛や腹痛、イライラなどの症状を改善してくれます。また、胎児の先天性異常である、二分脊椎や無脳症などの障害を葉酸は予防してくれます。
葉酸の一日の必要な摂取量は妊娠中は妊娠していない時の約2倍の480μgの量が必要ですが、神経管閉鎖障害の予防をするために必要量よりもサプリメントなどで一日約400μg多く摂る必要があります。

葉酸を摂取する2種類の方法について

葉酸は女性の妊娠中の特に初期の段階ではしっかり摂取する必要がある栄養で、食品を食べることで摂取したり、サプリメントから摂取したりする2種類の方法があります。
この葉酸が含まれている食品には、緑黄色野菜や果物などがあります。しかし、これらの中に含まれている葉酸は熱に弱く、水に溶けやすいという性質があるので、新鮮なうちに生で食べることをおすすめします。
サプリメントで葉酸を摂取する時は、含まれている量をしっかりと確かめてから摂取をしなければいけません。一日に必要な量の葉酸がサプリメントには含まれている場合が多いので、一日に必要な量の上限を超えない様にする必要があり、過剰摂取をしない様に気を付けましょう。過剰摂取をしてしまうと神経などの過敏症などを起こしてしまうことがあります。

摂取はサプリからが吸収率が高くなります

葉酸は、日常生活の中でしている食事の食材に含まれている葉酸と、サプリメントの様な加工や合成をして作られている葉酸の2種類に分けることができます。
食材の中に含まれている葉酸はポリグルタミン型葉酸と呼ばれているもので、天然成分なので安心できる物なのですが、サプリメントと比較し吸収率が悪く、身体の中に吸収されるのは50%以下になってしまいます。このことから食事だけで必要量の摂取は難しくなっているのです。
それに対して、サプリメントはモノグルタミン型葉酸と呼ばれ、食品から摂取する場合よりも吸収率が非常に高くなっています。その吸収率は約85%のまで上昇し、食品よりも必要量の摂取が簡単にできます。妊娠中の女性は食品からの摂取するだけではなく、食材とサプリメントの2種類を使って必要量をしっかり摂取することが必要になります。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.