葉酸サプリの選び方はポイントを押さえて適切なものを | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸サプリの選び方はポイントを押さえて適切なものを

葉酸サプリの選び方はポイントを押さえて適切なものを

一日に400μg摂取できるものを選ぶ

妊娠初期、妊娠中の女性は、葉酸サプリの選び方には特に気を使う必要があります。つい口コミだけを頼りに選んでしまいがちですが、赤ちゃんのことを思えば、葉酸の含有量にも成分にも注意しましょう。
選び方の基本としては、赤ちゃんにとって神経管閉鎖障害のリスクを低減することが実証されている「モノグルタミン酸型」であることが大切な条件になります。「モノグルタミン酸型」は、食品から抽出した天然由来のもので、合成添加物を含んでいないものが適しています。
妊娠中に、神経管閉鎖障害のリスクを低減するために厚生労働省が推奨している葉酸の1日あたりの摂取量は、日常の食事に加えて1日に葉酸サプリから400μgです。このことを踏まえて、葉酸サプリの選び方の基準は「モノグルタミン酸型」であり、一日に400μg摂取することができる製品を選ぶことが重要です。

天然由来「モノグルタミン酸型」であること

葉酸サプリは全て、厚生労働省が推奨している「モノグルタミン酸型」です。もっと詳しく言うと、野菜、果物、酵母から抽出された食事性の葉酸を「モノグルタミン酸型」に変換したタイプと、化学成分から合成した「モノグルタミン酸型」のタイプがあります。天然由来の葉酸の方が安全性は高く、肝臓および腎臓に負担を加えないので、葉酸サプリは天然成分から変換した「モノグルタミン酸型」のものを選ぶようにしましょう。
また、栄養素の中でビタミンB12は、葉酸と協力しながら働く成分です。どちらもDNAを合成したり、細胞分裂の働きに加えて、血液に必要となるヘモグロビンを合成する働きがあるため、妊娠中の貧血の予防と防止に必要になる成分です。さらに、葉酸を再利用をサポートする作用も認められているので、葉酸だけを摂取するのではなく、ビタミンB12を同時に摂取することが大切です。

化学合成添加物が無添加なものを

葉酸サプリの選び方には、他にも気を付けたい点があります。その一つが添加物についてです。サプリの中にも、多くの食品添加物が含まれている製品があります。基本的には、食品添加物は安全なものとされていますが、体にとってはできるだけ摂取しない方が賢明です。仮に保存料あるいは香料、甘味料が葉酸サプリの中に含まれていると、毎日それを摂取することになり、体にとっても良くありませんし、赤ちゃんにとっても良くありません。
また、妊娠中は特に食の安全に気を配る必要があります。野菜あるいは果物などは、放射性物質のセシウムの汚染が懸念される場合もあります。セシウムは障害のリスクを高める可能性もあると言われていますので、葉酸サプリの選び方についても、原材料に関して放射能やセシウムなどをしっかりチェックしているメーカーを選ぶようにしましょう。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.