妊娠中に必要となる葉酸サプリの摂取量について知りたい | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 妊娠中に必要となる葉酸サプリの摂取量について知りたい

妊娠中に必要となる葉酸サプリの摂取量について知りたい

葉酸はサプリで摂取する

妊娠中には葉酸をしっかり摂取する必要があるため、サプリなどを利用している人も多いでしょう。
葉酸というのは水溶性ビタミンB群の一種であり、DNAを含む核酸の合成や細胞分裂を促進する作用や造血作用などがあります。妊娠中は胎児の成長のために必要になると言われていますが、たくさん摂取すればするほど効果がアップするのか知りたいという人もいるでしょう。
ちなみに、葉酸は水に溶けやすいという性質があるため、普通の食生活で過剰摂取になってしまう心配はほとんどありません。また、過剰摂取した場合でも不要な分は尿などとして排出されるので問題ないでしょう。
しかし、あまりにも長い期間過剰に摂取してしまった場合、悪影響を及ぼす可能性があるので摂取量には注意が必要です。

葉酸の摂取量について

葉酸を1日に1000~10000μg摂取してしまった場合、葉酸過敏症を起こしてしまうことがあります。この症状になると発熱や痒み、呼吸障害などが起こってしまうこともあるので注意しましょう。
葉酸は赤血球を作る造血作用があるとされていますが、葉酸やビタミンB12が欠乏すると正常な赤血球を作ることができなくなってしまいます。それによって貧血を引き起こすことがあるのです。ビタミンB12が欠乏して起きる貧血の場合、下肢のしびれや運動失調などが起こってしまうこともあります。
しかし、葉酸が欠乏したことで起きる貧血の場合はそのような症状が出ないということです。ビタミンB12欠乏による貧血で葉酸を投与した場合、貧血は治まってもビタミンB12欠乏による神経症状は治すことができません。

葉酸サプリの摂取量がポイントです

葉酸を過剰摂取するとビタミンB12欠乏症の診断が遅れてしまいますし、症状が悪化してしまうことがあります。
過剰摂取とはどの程度の摂取量なのかということですが、20代女性は900μg、30代女性は1000μgで過剰摂取になってしまうということです。この摂取量はあくまで上限であり、1日に摂取したい推奨量は妊娠していない時が240μg、妊娠時は480μgとされています。
葉酸は水と熱に弱いので調理することで約50%が失われてしまうとされています。そのため食品から摂取する場合は過剰摂取になってしまうことはほとんどありません。
葉酸サプリの場合はきちんと摂取量を守ることがポイントです。サプリはだいたい1日1粒が目安量となっており、3粒摂取してしまうと1日の摂取上限を超えてしまうので注意しましょう。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.