葉酸をサプリで補うならビタミンB12が配合されていることをチェック | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸をサプリで補うならビタミンB12が配合されていることをチェック

葉酸をサプリで補うならビタミンB12が配合されていることをチェック

葉酸がもたらす役割とは

葉酸はさまざまな食品に含まれるビタミンB群の一種です。
葉酸の役割には、血液内の赤血球を精製したり、細胞の再生、動脈硬化の原因となるホモシステインを分解したり排出したりするといったものがあります。ですから、不足すると葉酸欠乏症の症状があらわれます。例えば口内炎や食欲不振、下痢、悪性貧血といわれる巨赤芽球性貧血や神経障害、動脈硬化の危険が高まる、といった症状です。
また、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の神経管閉鎖障害などのリスクが高まるといわれています。
その他、葉酸は体の細胞分裂にも関係しているため、美しい肌や髪をつくる働きにも関わっていますし、ビタミン不足によるホルモン分泌の改善や便秘の改善などに導くはたらきもあり、男性にとっても女性にとっても、必要な栄養素とされています。

1日の葉酸の推奨摂取量

1日の葉酸の推奨摂取量は、成人の場合、男女ともに240μg、妊婦においては480μg、授乳婦においては340μgとなっています。
バランスの良い食生活をしていれば特に問題はないといわれていますが、葉酸は熱や水、光に弱い性質をもっていおり、吸収率が悪く体に摂取しにくいというところがデメリットとなっています。十分な葉酸を摂取しようと思っても、調理する段階や胃酸などによって減ってしまうのです。
食品を食べた量に対し、半分程度しか吸収されないといわれています。妊婦の場合、成人男女よりもおよそ1.5倍の推奨量となっているので、たくさんの量を食べる必要が出てきます。
ですから1日の推奨量を不足なく葉酸を摂取するなら、サプリメントで補うのがおすすめの方法となっています。

葉酸サプリメントの選び方

たくさんの葉酸サプリメントが販売されていますが、良いサプリメントの選ぶポイントを押さえておきましょう。
ひとつは、1日の規定量で推奨量の葉酸が摂取できるかどうかです。妊婦の場合、厚生労働省が推奨している1日当たりのサプリメントからの推奨量は400μgとなっています。最低この量を摂取できないと、妊婦の場合意味がなくなってしまいます。
また、葉酸は、ビタミンB12と協力して作用する成分なので、ビタミンB12を同時に摂取する必要があります。
また、ビタミンCも体内で葉酸を活性させる作用があるので、それらのビタミン類が配合されているかどうかをチェックしましょう。
そして、化学合成添加物が無添加であるかどうか、放射能チェックを行っているかなど、製品の安全性、原材料の品質なども合わせて確認するようにしましょう。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.