葉酸の種類によって吸収率が変わって効果も変わってしまう | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸の種類によって吸収率が変わって効果も変わってしまう

葉酸の種類によって吸収率が変わって効果も変わってしまう

葉酸について知っておくといいこと

葉酸は妊娠中や妊娠を希望している人などにとてもよい影響があるといわれています。
葉酸の栄養素は、水に溶けやすい水溶性のビタミンです。なので、空腹のときに摂取をするほうが効率的に栄養分を摂取することができます。
葉酸の効果をより効率的に摂取するためにも、飲みタイミングや飲み方なども考えておくといいです。
食事でも葉酸の成分を摂取することはできますが、なかなか効率よく摂取する、体に必要な分摂取する、というのは難しいものです。なので、葉酸を効率よく摂取したいときは、サプリメントを利用する人が多いです。サプリメントなら葉酸の効果をしっかりと体に残すことができて、さらに効率よく成分を吸収することができるように工夫することも可能です。
葉酸のサプリメントはいろいろな種類のものが市販にもあるので、自分にあったものを選ぶといいです。

葉酸のサプリメントを飲むタイミング

葉酸の成分を効率的に体内に摂取することができるようにサプリメントを利用している人はたくさんいますが、さらに効率的にその効果を感じることができる方法があります。
それは葉酸のサプリメントを飲むタイミングです。そのタイミングで葉酸の成分を摂取する効果が高くなります。
葉酸のサプリメントの成分の効果をしっかりと吸収したいときは、朝と昼の間に1回、昼と夜の間に1回、寝る前に1回、という風に、それぞれ1回ずつ分けて摂取するといいといいます。体内にしっかりと吸収するためには、1度に飲んでしまうのではなく、吸収しやすいように工夫をして飲むようにしておくことが大切です。3回に分けて飲むことで、一度に飲んだときのようにせっかくの成分を排出してしまう、というようなこともなくなります。

葉酸の種類によって吸収率が違う

葉酸といっても実は種類があるということを知っている人は少ないです。
葉酸には、モノグルタミン酸型と、ポリグルタミン酸型の2種類があるのですが、この2種類には違いがあります。
食事で摂取することができるものは、ポリグルタミン酸型の葉酸です。ポリグルタミン酸型葉酸は、食材に自然に入っているということです。また、もうひとつのモノグルタミン酸型葉酸というのはどういうものか、というと、加工や合成によって作られたものだということです。これを知ると、ポリグルタミン酸型のほうが自然で体によいものというイメージがありますが、実は吸収される量がとても少ないので体内に残りにくいものだといいます。
なので、モノグルタミン酸型葉酸の消化吸収率が約85パーセントというパーセンテージを利用してサプリメントとして摂取するのがいい、ということです。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.