葉酸で効果を得たいけれど副作用が気になるときは過剰に摂取しないこと | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸で効果を得たいけれど副作用が気になるときは過剰に摂取しないこと

葉酸で効果を得たいけれど副作用が気になるときは過剰に摂取しないこと

妊娠中の葉酸摂取は胎児への効果がある

ビタミンB群の一種である葉酸は、ほうれん草の葉から発見されたものですが、野菜以外にもレバーなど動物性の食品にも含まれているので、健康効果を得たいときは摂取しなければなりません。
葉酸は細胞分裂やDNAの合成などに必要な栄養素ですし、ビタミンB12とともに赤血球を作る役割もあります。
ビタミン6やビタミン12とともに、ホモシステインという動脈硬化の原因物質を減らす効果もあるので、普段から食事に気を付け、不足しないようにしてください。
葉酸は、妊娠期の女性には特に必要なことがわかっていますが、その理由は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを8割ほど減らす効果を期待できるからです。
まだ妊娠前であっても、妊娠を計画しているなら、将来の胎児のため、毎日400μg以上の葉酸を摂取した方が良いでしょう。

葉酸を過剰摂取すると副作用がある

妊娠時期の1日の葉酸の必要量は400μgといわれていますが、食品だけで摂取しにくい場合はサプリを利用すると、簡単に摂ることが出来ます。
ただし胎児の健康に良い効果があるからといって、葉酸を摂り過ぎると、副作用があるので注意しなければなりません。
1日に1000μg以上もの葉酸を摂ると、むくみや食欲不振、吐き気、不眠症などの副作用が起こりやすくなります。
熱が出たり、蕁麻疹が出来たり、毛細血管が拡張して皮膚に紅い斑点が生じることもあるので、葉酸の摂りすぎはやめるようにしたいですね。
ひどい場合は呼吸障害が起こることもあるので、葉酸をサプリで摂取するときは適量を守り、必要以上は飲まないようにしてください。
もしサプリを飲んだ後に、重篤な副作用の症状があらわれたら、すぐに病院に行くようにしましょう。

副作用が気になるなら葉酸を過剰摂取しない

ほうれん草などの葉酸をたっぷり含んだ食品を多く食べても、吸収率は半分以下なので、食事だけで過剰摂取になることはありません。
しかしサプリメントの場合は飲みやすいので、つい多めに飲んでしまう人もあるようです。
必要以上に葉酸を摂取すると、どのような副作用が起こるかはわからないので、用法・用量を守って、正しく飲むことが大切です。
妊娠時期の1日の葉酸の必要量は400μgで、最高でも1000μgなので、それ以上を飲む必要はありません。
妊娠時に葉酸を摂取することは、胎児の健康を維持するうえでは大切なことですが、何事にも限度があるので、1日の目安量は守るようにしてください。
妊婦や胎児に必要な栄養は葉酸だけではないので、バランスの良い食事を摂るのも忘れないようにしましょう。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.