葉酸の赤血球合成に関する効果とその他の体に対する影響 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸の赤血球合成に関する効果とその他の体に対する影響

葉酸の赤血球合成に関する効果とその他の体に対する影響

葉酸の基本的な性質とその吸収

 

葉酸はビタミンBの一種で、赤血球の合成にビタミンB12とともに使われます。
また、胎児の神経管閉鎖障害の発症のリスクを減らすために、妊娠を希望している女性や、妊娠中の女性は、一般成人の2倍の量の葉酸を摂取する事がすすめられています。体内では、50%の葉酸が肝臓に蓄えられて、その他は、細胞分裂の盛んな組織に多くあります。葉酸はレバーや緑黄色野菜に多く含まれますが、熱や光にも弱く、茹でることにより、大幅に壊されてしまいます。食料品から、葉酸を摂取しようとおもえば、新鮮なうちにサラダなどにしたり、果物などの生搾りジュースにして食べる必要があり、保存は冷暗所にするなどの工夫が必要です。葉酸はビタミンCによって活性型に変換されますので、ビタミンCとともに摂取すると効果が発揮されます。

 

葉酸が欠乏する時の飲むサプリ

 

葉酸は健康な人の場合、腸内細菌にによって、腸で合成されますので、通常の食事によって、欠乏症を起こす事はほとんどありません。必要量が増えている妊娠を希望している女性や、妊娠中や授乳中の女性、お酒を飲む人や抗癌剤を使用する人には不足しがちな栄養素です。そんな人が効果的に葉酸を摂取しようと思えば賢くサプリを利用すべきでしょう。葉酸のサプリには天然型と合成型があり、合成型には、石油製品からつくられたものと、酵母を利用して作られているものがあります。厚生省が推奨する葉酸は、天然成分から作られた合成葉酸であり、天然型葉酸は、体内に入って合成型に変換されますので、効果が合成型よりおちますので、手に入れる時は効果的な葉酸を手に入れる注意が必要です。葉酸は、体内ではビタミンB12とともに働きますので、摂取する時はビタミンB12とともに飲むことが成人男女では効果的です。

 

葉酸の不足による赤血球への影響

 

葉酸が欠乏すると、赤血球がうまくつくれず、貧血が起きます。赤血球はそのもとになる赤芽球が分裂してつくられます。この分裂がうまくゆかないと、赤芽球の成熟だけがすすんで、死んでしまいます。赤芽球の成熟がすすむだけで、赤血球が作られませんので、この貧血を巨赤芽球性貧血と言います。血液のなかのヘモグロビンの量は足りているのに、貧血になりますので、悪性貧血とも言います。この貧血は、成長期の子供に多く怒ります。
また、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の神経管閉鎖障害の危険性が増えます。
その他血液中のホモシステインというアミノ酸が増え動脈硬化が進みます。その他、腸管粘膜、舌、口内に炎症が起きやすくなります。
食品からこの成分を摂取すると過剰症はありませんがサプリなどで摂取すると、神経障害や発熱、蕁麻疹、皮膚炎、ビタミンB12の不足を隠しますので注意が必要です。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.