葉酸はがんの予防にもおすすめの栄養素です。 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸はがんの予防にもおすすめの栄養素です。

葉酸はがんの予防にもおすすめの栄養素です。

葉酸と細胞分裂について

細胞分裂に欠かせない栄養素として重要な役割を持つ葉酸。そのため妊娠中に欠かすことができません。摂取することで先天性異常のリスクを軽減できるため、厚生労働省でも必要量の摂取を推奨しています。しかしながら、細胞分裂は胎児のときに行なわれるだけではありません。成長期の子供はもちろん、すでに成長は止まってしまった大人や老人でさえ常に同じ細胞を持ち続けているわけではなく日々細胞分裂を繰り返して生きているのです。葉酸は胎児から大人・老人まですべての人に必要不可欠な栄養成分なのです。食生活が乱れている現代人はさまざまな栄養が偏ってしまっていますが、特に葉酸は吸収率が悪く不足しがちな成分だけに、食生活を正すと共に葉酸サプリメントなども利用して効率的に摂るしかないのです。

 

細胞分裂と細胞のミスコピー

葉酸の効果で胎児は細胞分裂のときに遺伝情報がミスコピーされるのが防げて、それが先天性異常防止の効果に繋がるといわれています。大人でもミスコピー防止効果は同じです。
ミスコピーされた細胞はがん細胞予備軍です。もしも葉酸が不足している場合、がんになる確率は高くなるわけです。葉酸が必要量摂取できていれば、その子供も小児がんの発生率が低くなると言われています。妊娠を考える女性も、それ以外の女性や男性も共に葉酸をしっかり摂ってがんを防ぎましょう。
がんだけでなく動脈硬化や高血圧などの現代病にも効果がありますし、貧血や薄毛予防・美肌・不妊・ダイエットなどさまざまな効果効能のある誰もがにおすすめの栄養素です。
決して、妊婦さんのためだけのものではないのです。

葉酸の摂りすぎには注意

葉酸は、摂りすぎても尿と一緒に排出されるため過剰摂取が原因で重篤な病気になったりといった例は今のところありません。ただ、すでにがんに侵されている方は過剰摂取は危険です。逆にがんの進行を早めてしまうこともあるからです。1日に0.24mg、妊娠中であれば0.4mgを基準に多くても1日1mgを上限に摂取しましょう。毎日1gを葉酸サプリから摂取していたことからがん発生リスクが2倍になったという研究結果もあります。葉酸は普段のお野菜やレバーなどにも含まれているため葉酸サプリは1mg以下であっても食品の葉酸とあわせて1mg以上となってしまう危険性もあります。がんになっていない方以上に発症している方は注意して摂取してください。
抗癌剤の働きを葉酸が妨げてしまう場合もあります。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.