葉酸が痛風の予防と改善に効果がある理由は「尿酸値を下げる」 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸が痛風の予防と改善に効果がある理由は「尿酸値を下げる」

葉酸が痛風の予防と改善に効果がある理由は「尿酸値を下げる」

痛風はなぜ起こってしまうのか

 

「風が吹いても痛い」といわれている痛風は、尿酸値が高くなってしまったことが原因で起こります。通常、尿酸は尿と一緒に排出されてしまうのですが、食生活や運動不足によって尿酸値が高いままになってしまうと、その尿酸は関節に固まって結晶化してしまいます。そして何らかの拍子にその結晶が剥がれることで神経に影響を与え、強い痛みが生じてしまうのです。治療法としては痛みがひどい時には痛み止めを服用し、薬によって尿酸値を低下させるのではなく、尿酸値が低下するような食事療法がとられることがほとんどです。昔は贅沢病とも呼ばれていて食生活が大きな原因になっている痛風ですが、その予防のために効果が期待できる成分として、葉酸が上げられています。葉酸の働きは、尿酸値を下げることにあります。

 

葉酸が尿酸値を低下させる仕組み

 

葉酸はキサンチンオキシターゼという酵素の働きを抑制する効果が期待できます。キサンチンオキシターゼは尿酸が生成される原因の酵素とも言われていますので、痛風の直接の原因である尿酸値の上昇を葉酸が抑えてくれることになります。また、葉酸には代謝を良くして血流を改善する効果も期待できます。代謝と血流が良くなるということは、体の中で生成された老廃物を排出しやすくなるといえます。尿酸が溜まらない身体作りを行うことができます。これらの理由により、葉酸の摂取が尿酸値を低減させ、痛風を予防する効果が期待できるといわれているのです。また、すでに痛風で悩んでいる方でも葉酸を摂取することで尿酸の排出を助けてくれますので、再発の防止効果も期待できるといわれています。

 

葉酸を効率よく摂取するには

 

葉酸は食べ物からでも摂取することが可能ですが、その食べ物に尿酸の元となるプリン体が入っているものだと、せっかく葉酸で尿酸の生成を抑制することができたとしてもあまり意味がないといえます。葉酸が多く含まれている牡蠣やレバーは痛風予防や改善のためにはNG食材になってしまいます。そんな時には葉酸を効率よく摂取でき、葉酸以外の成分の過剰につながらないサプリメントを摂取するのが良いでしょう。葉酸が配合されているサプリメントは食べ物からの摂取に比べて体内への吸収率が高いという特徴がありますし、現在は葉酸にさまざまな健康効果が在るため多くのサプリメントが販売されていますので、その中でも葉酸の働きを助けるビタミンCなどが一緒に配合されているものを選択すれば、相乗効果も期待できます。

 

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.