葉酸の適正摂取量と胎児の先天性奇形症予防などの様々な有益な効果 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸の適正摂取量と胎児の先天性奇形症予防などの様々な有益な効果

葉酸の適正摂取量と胎児の先天性奇形症予防などの様々な有益な効果

葉酸の適正摂取量と有益な効能

葉酸は、キャベツやレタス、ホウレン草、ブロッコリー、インゲン豆などに多く含まれている水溶性のビタミンB群であり、肺ガンや直腸ガン、子宮頸ガンの発症リスクの低減、赤血球産生促進効果による悪性貧血の改善、メチオニンによる動脈硬化の予防、口腔内や舌、胃、十二指腸などの正常な粘膜維持に有効など数多くの効能及び効果が期待出来ます。諸外国では、妊娠初期における神経管閉塞症やダウン症などの胎児の先天性奇形症の発症予防として、食品への葉酸の添加が義務付けられ、発症率が日本の数分の1となっています。その為、政府は妊娠可能な年齢の女性に対して妊娠の4週間以前より妊娠12週間目まで摂取量として葉酸480μgの必要性を喚起しています。又、葉酸は母乳を生成する血液と密接な関連性があり、授乳期の摂取量として340μgを推奨していますが、1,000μg以上は過剰摂取とされています。

葉酸の摂取量と先天性奇形症の予防効果

日本国内では、妊活中の女性や妊娠中の女性に対して1日の葉酸摂取量を480μg以上1,000μg以下と定められ、胎児の脳や脊髄などの中枢神経系の土台となる神経管が形成される妊娠3週間目から6週間目に充分な葉酸を供給出来る様に妊娠前から葉酸を摂取する事で神経管閉塞症を高い確率で予防する効果が得られます。葉酸は、アデニンやグアニン、チミンなどのDNAの構成成分であるプリン塩基の生成を促進させるホスホリボシルアミノイミダゾールカルボキサミドトランスホルミラーゼやDNAのチミジン1燐酸dTMPの生成を促進させるチミジン酸シンターゼFADに関与し、ホルミルテトラヒドロ葉酸のホルミル基とメテニルテトラヒドロ葉酸のメチル基とメチレン基などを受け取り、妊娠初期に行われる活発な細胞分裂に不可欠なプリンヌクレオチドの生合成を行い正常な胎児の成長を促す効果があります。

葉酸の有益な効果とメカニズム

葉酸は、必須アミノ酸の一種であるメチオニンの生成にも関与しており、葉酸を摂取する事で血液中のメチオニンの量が増加し血中のコレステロールを軽減する効果を示し、血管の老化現象を引き起こすフリーラジカルを中和して、動脈硬化を予防する事で脳血管疾患や心疾患を予防する効果が得られます。又、血中コレステロール値が軽減される事で神経細胞膜内コレステロールも軽減され、アルツハイマー病の起因とされるアミロイドβタンパクの重合や蓄積が軽減されます。葉酸は、メチオニンとシスティンの代謝過程で生成され血管内皮細胞に悪影響を及ぼし血栓症や脳機能障害を発症するリスクのあるホモシステインの血中濃度を軽減する効果があり、動脈硬化症の発症を軽減するだけで無く糖尿病性神経障害の発症リスクを軽減する効果が得られます。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.