脳梗塞の予防に効果があると言われている「葉酸」とは | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 脳梗塞の予防に効果があると言われている「葉酸」とは

脳梗塞の予防に効果があると言われている「葉酸」とは

ホモシステイン値を下げる「葉酸」

 

脳の血管に血栓が詰まり起こる脳梗塞は、体に麻痺が出る・言語障害が起こる、また最悪の場合は死亡してしまうケースもあるとても恐ろしい病気です。最近は、年齢を重ねた人だけでなく、食生活の乱れによって若い方でも脳梗塞を発症するリスクが高くなっています。
生活習慣などに気を付けて血栓を作り難くする事が、脳梗塞の予防に効果的です。対策法は色々ありますが、中でもおすすめなのが「葉酸」という栄養素を意識して補う方法です。
葉酸は血中のホモシステインという物質を、下げる働きを持っています。ホモシステインが増えると悪玉コレステロールと共同し、血管壁を傷つけてしまいます。この傷ついた部分にコレステロールがどんどん溜まっていくのです。蓄積したコレステロールが剥がれてしまい、脳の血管まで剥がれたコレステロールが流れ、詰まってしまうと脳梗塞を引き起こします。

 

血栓の発症リスクを葉酸で抑える

 

葉酸は、血栓の発症リスクを抑える作用があると考えられています。血中のホモシステイン値を下げて、血栓を作り難い状態へとしてくれるのです。
また、葉酸は血液の流れをスムーズにする効果がある点からも、脳梗塞対策が期待出来ると考えられています。
血液がドロドロになると、その分コレステロールが溜まり血栓も出来やすくなってしまいます。逆にサラサラの血液になれば、コレステロールの蓄積を抑制する効果が生まれ、脳梗塞など血栓症の発症リスクを抑える効果が期待出来るのです。
葉酸には造血作用といって、血液の量を増やす効果があります。葉酸により血液の量が増えれば血流も促され、結果スムーズに血液が流れるようになります。
ホモシステイン値を下げる働き、そして血行を促進する効果がある葉酸は、血管の健康を守る作用に優れた栄養素と言えるでしょう。

 

1日に補いたい葉酸の量は

 

脳梗塞の予防効果が期待できる葉酸ですが、1日にどのくらいの量を補うのが理想的なのでしょうか。
葉酸は成人の場合1日に240μg、摂取するのが理想と言われています。葉酸はホウレンソウ、ブロッコリーといった緑黄色野菜や、豚や牛、鶏のレバーなどに多く含まれているので、毎日の食事に取り入れてみましょう。
ただ、葉酸は吸収性があまり良くない栄養素です。ホウレンソウで1日に必要な葉酸量を補おうとすると、1.5kgも食べなければいけません。この量を食べ続ける事は不可能です。
そこで活用したいのが、葉酸を配合したサプリメントです。サプリメントであれば食事からでは補いにくい葉酸も、手軽に必要量を摂取出来ます。ドラッグストアなどにも葉酸配合のサプリメントは置かれているので、試してみてはいかがでしょう。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.