葉酸摂取による予防効果と過剰摂取による発熱などの副作用 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸摂取による予防効果と過剰摂取による発熱などの副作用

葉酸摂取による予防効果と過剰摂取による発熱などの副作用

葉酸摂取による先天性奇形症の発症予防効果

葉酸は、アメリカやイギリスなどの欧米諸国では神経管閉塞障害やダウン症など胎児の先天性奇形症の発症予防の為に様々な食品への葉酸の添加が行われ、日本より著しく高かった胎児の先天性の奇形症の発症率が数分の1になっています。厚生労働省は、国内の出生率が下降傾向にかかわらず胎児の先天性の奇形症の増加している報告を踏まえて、妊娠可能な女性に対して胎児の先天性の奇形症の発症予防として妊娠の4週間以上前から妊娠12週目まで1日480μg以上の葉酸の摂取を奨励しています。神経管閉塞症は、妊娠を自覚する前に発症しているケースが大半を占めているので、特に妊活中の葉酸の継続服用を推奨しています。又、女性の晩婚化や高齢出産の増加に伴い先天性の奇形症が増加傾向にあるので、年齢が増すほど胎児の先天性の奇形症の発症予防としての葉酸の摂取が重要視されています。

 

葉酸の過剰摂取による副作用

日本国内では、胎児の先天性の奇形症の発症予防として妊娠可能な女性に対して通常の食事と栄養補助食品による摂取を合わせて1日480μg以上の葉酸の摂取を推奨していますが、尿による葉酸の排泄量を超える1,000μg以上の過剰摂取は発熱や蕁麻疹、呼吸障害、栄養素の吸収率低下等の症状を発症するケースがあり、発熱により毛細血管が拡張され皮膚に赤い斑点が出る紅斑などの症状を発症するケースがあります。葉酸の過剰摂取は、発熱だけで無く胃粘膜の萎縮による内因子の低下によるビタミンB12の欠乏に起因する巨悪芽球性のよる悪性貧血や亜鉛などの栄養素吸収不全に加え、四肢の痺れや歩行困難、記憶喪失、認知症などの神経障害を発症するリスクが高くなります。ビタミンB12欠乏症の代表的な症状の発見が遅くなる危険性があります。その為、葉酸服用で発熱した場合には速やかに服用を中止すべきです。

 

葉酸の過剰摂取が胎児に及ぼす悪影響

葉酸の過剰摂取は、発熱や神経障害、悪性貧血などの母体に対する副作用だけで無く、ホスホリボシルアミノイミダゾールカルボキサミドトランスホルミラーゼやチミジン酸シンターゼFADなどの酵素の働きを阻害し、ホルミル基やメチル基、メチレン基など酸から生合成されるアデニンやグアニン、チミンなど妊娠初期に必要不可欠なプリンヌクレオチドの生合成を減退させてしまいます。その為、胎児の免疫機能に深く関与するサイトカインに葉酸塩誘発型DNA変異が生じ、小児喘息の発症率を1.25倍に高めてしまいますが、2年未満の一時的な喘息及び喘鳴であることが多く幼年期に大部分が完治します。又、妊婦が喫煙者であった場合には、妊娠後期の葉酸の摂取は新生児の小児喘息の発症率は1.77倍と非常に高くなるとする研究報告がされています。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.