妊娠と赤ちゃんにとって葉酸が必要な理由と効果について | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 妊娠と赤ちゃんにとって葉酸が必要な理由と効果について

妊娠と赤ちゃんにとって葉酸が必要な理由と効果について

妊娠中の人に摂取してほしい葉酸の性質

妊婦さんが積極的に摂取することが推奨されている葉酸は、ビタミンB群の一種で、ほうれん草から発見されたことが最初です。レバーやブロッコリーなどにも多く含まれていることが分かっており、体のリズムを整えてくれる効果があります。葉酸は、水溶性のビタミンなので、体内に蓄積しにくく、毎日摂取することが大切です。

食品に含まれている葉酸は、熱に大変弱く、長期保存や調理で失われてしまうため、普段の食事から毎日必要な量を摂取することが難しく、サプリメントを活用する人が増えてきています。特に妊娠を希望している人や妊婦さんは、健康な赤ちゃんを産むために、葉酸を毎日補給する必要があり、食事から摂取することが難しいため、厚生労働省がサプリメントを活用することを推奨しています。

妊娠中の人に対する葉酸の効果

健康な赤ちゃんを産むために、葉酸をサプリメントで補うことが推奨されています。葉酸は食べ物から摂取することが難しいのですが、葉酸をサプリメントを活用して毎日摂取することで、妊娠しやすい体づくりや赤ちゃんの健康に効果が期待できます。葉酸には、細胞の分裂や増殖を促す働きがあるため、子宮内膜の強化や着床しやすい子宮環境を整えるために大切な栄養素です。

着床した受精卵は、活発に細胞分裂を行い、7週目までに脳や脊椎の基礎となる神経管が出来上がるため、細胞分裂を促す葉酸が必要になります。胎児の神経管が出来上がる7週目までに葉酸が不足してしまうと、二分脊椎や無脳症といった、神経管閉鎖障害がおこりやすくなります。葉酸を十分に摂取することで、神経管閉鎖障害のリスクを低減させる効果が期待できるので、毎日サプリメントを活用することが推奨されているのです。

葉酸の正しい摂り方について

細胞分裂を促す効果があり、妊娠しやすい体づくりや着床しやすい子宮環境を整える効果、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減させる効果などが期待できる葉酸は、水溶性のビタミンの一種で、熱に弱く、摂取しても体に蓄積しておくことができないという性質があるので、毎日サプリメントを活用して補給することが正しい摂り方です。

妊娠前後には、毎日200㎍、妊婦さんは毎日400㎍の葉酸を摂取することが推奨されており、特に妊娠1か月以上前から3ヶ月の間には、毎日葉酸を摂取するために、サプリメントで400㎍撮ることが大切です。健康な赤ちゃんを産みたいからといって、葉酸を過剰摂取してしまうと、副作用の恐れがあるので、一日1000㎍を超えることがないように、気を付けることも大切です。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.