ビタミンB群のひとつである葉酸が心臓病予防に効果がある理由とは | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > ビタミンB群のひとつである葉酸が心臓病予防に効果がある理由とは

ビタミンB群のひとつである葉酸が心臓病予防に効果がある理由とは

動脈硬化を予防する働き

通常の動脈は強く弾力性があるもので、心臓や脳などのすべての臓器や筋肉などの組織に必要な栄養素や酸素を運んでいます。しかしながら、コレステロールなどの脂質が動脈に溜まったり、硬くなったりする状態が動脈硬化です。血液がスムーズに流れなくなります。動脈硬化が進行すると、心臓病や脳梗塞などに発展することがあります。心臓病には、狭心症や心筋梗塞といった症状がありますが、生死に関わる重大な病気といえます。

この心臓病に至る可能性もある動脈硬化を予防する働きを持つのが、葉酸です。葉酸はビタミンB群の一種です。葉酸には、動脈硬化の原因といわれる物質、ホモシステインを分解し、排出する働きに関与しています。その理由から、葉酸は動脈硬化の予防、心臓病予防に効果があるといわれているのです。

葉酸を含む食材はいろいろある

動脈硬化や心臓病などの重大な病気を予防するためには、葉酸不足に気をつけましょう。葉酸は、ブロッコリーや枝豆、ホウレン草といった野菜だけでなく、レバーや納豆、いちご、焼きのりといった食品にも含まれています。三食バランスよく食べていれば、十分摂取できるといわれています。成人の場合、1日の推奨量は240μgです。しかしながら、葉酸は熱や水に弱い性質があり、体内で吸収されにくいという欠点があります。水で洗ったり、加熱して調理したりすることで減ってしまう上、胃酸などによっても減少してしまいます。食べた量に対して、体に吸収されるのは半分程度といわれています。また葉酸は体内に長く蓄積されないので、葉酸の効果を得るには、毎日不足なく摂取する必要があります。

効果的に葉酸を摂取するには

効果的に葉酸を摂取するには、サプリメントを利用して不足分を補うようにすることです。サプリメントは薬ではなく食品であるため、副作用の心配もありませんし、外出、外食時などでも気軽に栄養素を補うことができます。健康の基本はバランスの良い食事となりますが、サプリメントで葉酸の不足分を補う形で利用することがおすすめです。

また、葉酸サプリメントの利用が効果的な理由は、体への吸収率が高い仕組みになっていることです。葉酸には食品に含まれるポリグルタミン酸型と、サプリメントなどに使われるモノグルタミン酸型があります。モノグルタミン酸型はダイレクトに吸収される仕組みで、吸収率がおよそ85%となり、ポリグルタミン酸型より高い吸収率になっています。食品から摂取するよりも効率よく補うことができます。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.