女性にとって大切な葉酸の効果と中高年に多い糖尿病について | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 女性にとって大切な葉酸の効果と中高年に多い糖尿病について

女性にとって大切な葉酸の効果と中高年に多い糖尿病について

女性にとって重要な葉酸

葉酸が女性にとって大切な栄養素であることは、よく知られています。
厚生労働省でも、妊婦に対して葉酸の摂取を推奨しています。
葉酸は、1941年に、ほうれん草から発見された栄養素です。
ビタミンB群の一種で、DNAの合成をサポートするため、細胞分裂に必要とされています。
胎児の発育に必要不可欠な栄養素なので、特に妊婦や妊娠前の女性は、積極的に葉酸を摂取している人が多いです。
葉酸は、造血のビタミンとも呼ばれており、赤血球の形成にも関係しています。
そのため、葉酸が不足すると貧血を起こすリスクが高くなります。
鉄は、全身に酸素を運ぶという重要な役割を担っています。
日本人女性は、貧血気味の人が多いのですが、妊娠の前後は特に鉄分が必要となるので、葉酸と鉄分を補うことは、とても重要です。

妊婦には特に必要な葉酸

妊娠した時に葉酸を十分に摂取することで、胎児の神経管閉鎖症を防ぐ効果が期待できます。
神経管閉鎖症は、胎児の神経管に障害が起こる病気です。
胎児の体に異常が出ないように、母親となる女性は、妊娠前から葉酸を摂取しているケースが多いです。
葉酸は、タンパク質の合成にも深くかかわっており、葉酸が不足すると、粘膜にも大きな影響が出ることがあります。
葉酸が不足すると、潰瘍になりやすく、口内炎ができやすくなると言われています。
葉酸を摂取することにより様々な効果が期待できますが、最近注目されているのが、うつ病に対する効果です。
ストレス社会の日本では、うつ病で悩む人が増えています。
葉酸は、神経システムを健康に保つ効果が期待できます。
気分を落ち着かせる効果がある葉酸やビタミンB6、ビタミンB12を十分に摂取することは、心の健康を保つためにも役立つのです。

葉酸と糖尿病について

葉酸が不足すると、ホモシステインが増えます。
体内でホモシステインが増えると、悪玉コレステロールと一緒に血管の壁に悪影響を及ぼすのです。
傷ついた血管の壁にコレステロールが溜まると、動脈硬化のリスクが高くなります。
動脈硬化は、糖尿病の合併症のひとつです。
葉酸を必要量摂取していれば、ホモシステインが減り、血管の健康を保つことが可能なのです。
血管を健康に保つことができれば、糖尿病の合併症の予防に役立ちます。
糖尿病は、日本人に多い生活習慣病のひとつで、多くの人が糖尿病の悩みを抱えています。
糖尿病は、よくある病気のひとつなので、軽く見ている人も少なくありません。
しかし、合併症の危険があるので、糖尿病の疑いがある場合は、できるだけ早く病院へ行って医師に診てもらった方が安心です。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.