痛風予防にも一役買ってくれる「葉酸」はどんな栄養素? | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 痛風予防にも一役買ってくれる「葉酸」はどんな栄養素?

痛風予防にも一役買ってくれる「葉酸」はどんな栄養素?

そもそも葉酸とはどんな栄養素?

風が吹くだけでも鋭い痛みを感じると言われる痛風は、
プリン体という物質を多く含む食品を食べ過ぎると、発症しやすくなります。
発症してしまうと治療と共に食事制限しなければいけない為、できるだけ予防したいものです。痛風予防としておすすめなのが「葉酸」という、栄養素を意識して補うという方法です。
あまり聞きなれない栄養素ですが葉酸は、健康面・美容面において様々な効果を発揮する事で知られています。
水溶性ビタミンの1つで緑黄色野菜に、多く含まれているのが特徴です。
特にホウレンソウ・ブロッコリー・えだまめに葉酸は多く含まれています。
このような野菜だけでなく鶏や豚、牛のレバーにも葉酸は多く含まれているので、痛風対策に意識して補ってみましょう。

痛風と葉酸との関係は?

なぜ、葉酸で痛風が予防できるのかというと、チサンキンオキシターゼという酵素の働きを抑制すると言われているためです。
このチサンキンオキシターゼは痛風の原因となる尿酸を、作り出す酵素と言われています。
痛風の大元となる尿酸を生成する酵素自体の働きを、抑制する効果が葉酸にはあるのです。
年齢を重ねて痛風の心配があるという方は、意識して葉酸を補ってみましょう。
特に男性の場合、食生活の乱れなどによって葉酸不足に陥りがちです。
食事から補うのも良いですが、予防のためにサプリメントを活用する方法もおすすめです。
サプリメントであれば水さえあれば、1日に必要な葉酸を手軽に補えます。
仕事が忙しいという男性でも、無理なく葉酸を摂れるという点がサプリメントの魅力です。

葉酸を効率的に補うには

痛風予防のために葉酸を補いたいという場合は、まず1日に必要な摂取量に注目してみましょう。
成人の場合、1日に必要な葉酸量は240μgと言われています。
240μgという量はホウレンソウで補おうとすると、約1・5kgも食べなければいけません。
実は野菜からだと葉酸の吸収率が悪く、食べても不足してしまう傾向にあるようです。
豚や牛、鶏のレバーにも含まれているものの、レバー類は尿酸値を上げるプリン体が多く含まれているため、痛風予防のために食べる事はあまりおすすめできません。
体への負担をかけず効率的に葉酸を補いたいなら、やはりサプリメントでおすすめです。
サプリメントであればプリン体は含まれていないので、尿酸値が気になるという方でも安心して服用出来ます。
ただ、過剰摂取によって副作用を起こす危険性があるので、服用は適量を守りましょう。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.