葉酸は胎児の先天性疾患を予防する 効率的に補うにはサプリメントがおすすめ | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸は胎児の先天性疾患を予防する 効率的に補うにはサプリメントがおすすめ

葉酸は胎児の先天性疾患を予防する 効率的に補うにはサプリメントがおすすめ

妊娠期や授乳期に欠かせない葉酸

葉酸は妊娠期や授乳期に必要な栄養素として知られてきました。葉酸とは、ホウレン草などの野菜をはじめ、さまざまな食品に含まれる、水溶性ビタミンの一種です。新しい細胞を作り出すのに必要な栄養素とされており、特に妊娠初期の段階に葉酸を不足なく摂取することで、胎児の先天性疾患を予防するといわれています。厚生労働省からも胎児の新しい細胞が作られる妊娠初期の段階に、葉酸を十分に摂取することが推奨されています。妊娠初期の段階は、0~15週ぐらいまでなので、妊娠を希望している人であれば妊娠が発覚する前から積極的に摂取することがおすすめです。また、授乳期においても、葉酸を不足なく摂取することで、赤ちゃんの発育不足を予防することができるといわれています。その他、葉酸は悪性貧血の予防する効果もあります。

葉酸は熱や水に弱い性質

葉酸を多く含む食品としては、野菜や肉類全般です。バランスのよい食事をすれば摂取できる栄養素といえますが、妊娠期の葉酸の推奨摂取量は、成人の場合より1.5倍ほど多い440μgです。葉酸は熱や水に弱い性質を持っているため、調理段階や胃酸などによって推奨される量をしっかりと摂取するのはなかなかむずかしいといえます。最も葉酸を含む食品はレバー類で、100gでも1000μgほど摂取できるのですが、食べ過ぎるとビタミンA過剰症の心配が出てきてしまいます。では、どのような方法で摂取するのがおすすめかというと、サプリメントの利用です。葉酸サプリメントには、1日の推奨摂取量が含まれている商品が多いため、効率的に不足分を補うことができ、胎児へのリスクなどを予防することができます。

葉酸以外の栄養素も効率的に摂取

葉酸サプリメントの種類はいろいろありますが、特に妊婦、授乳中、妊娠を望む人に向けて作られているサプリメントは、葉酸を効率的に摂取できるだけでなく、葉酸の効果を効率的に発揮させるためのビタミン類などもしっかり配合されています。また妊娠中に不足しがちなカルシウム、鉄分などのミネラル分もバランスのよい配合で含まれていることが多く、それらの栄養素も効率的に補うことができます。また、安全に摂取できるように添加物不使用など、品質にこだわっている商品が多いです。胎児へのリスク予防とともに、健康な妊娠生活が送れるよう、しっかりと必要な栄養素を補給しなければなりません。バランスのよい食生活はもちろんですが、不足しがちな葉酸を効率よく補うのにサプリメントを上手に利用しましょう。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.