口内炎や悪性貧血、動脈硬化の予防にもなる葉酸の働きとは | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 口内炎や悪性貧血、動脈硬化の予防にもなる葉酸の働きとは

口内炎や悪性貧血、動脈硬化の予防にもなる葉酸の働きとは

葉酸が口内炎予防、改善できる理由

葉酸は、ビタミンB群の一種で、野菜の他、レバーや納豆など多くの食品に含まれる栄養素です。細胞の再生や血液内の赤血球の生成をする働きがあります。葉酸が不足すると、口内炎や食欲不振といった葉酸欠乏症の症状があらわれることがあります。口内炎はいくつかの種類がありますが、口腔内の粘膜に白い潰瘍ができ、周囲が赤く腫れるアフタ性口内炎はもっともよくみられる種類です。このアフタ性口内炎は、ビタミン不足が原因といわれています。口内炎は、皮膚や粘膜のビタミンと呼ばれているビタミンB2が深く関わっているからです。細胞の新陳代謝が早い胃腸や口腔内の粘膜は、ビタミンB群が不足すると細胞の生成が追い付かなくなってしまうのです。また葉酸はたんぱく質の合成に関わっており、細胞が作り出されるときに必要な栄養素となっているため、口内炎を予防したり、改善したりする効果が得られるのです。

悪性貧血、動脈硬化が予防できる理由

悪性貧血とは、ビタミンB12が不足して起こる貧血です。葉酸は赤血球の生成に関わっていますが、赤血球の寿命は120日ほどで、新しい赤血球を作るときに葉酸が不足していると、まともな赤血球ができません。大きさも巨大な赤血球になり、体が酸欠状態となるのが悪性貧血です。悪性貧血を予防するには、正常な赤血球を作る必要があるので、葉酸が欠かせないのです。

また、動脈硬化が予防できる理由は、動脈硬化を起こす原因であるといわれているホモシステインという物質を分解し排出する働きが葉酸にはあるからです。葉酸が不足すると、ホモシステインが血中に蓄積されやすく、動脈硬化の危険性が増すといわれています。葉酸を十分に摂取することは、重大な病気の予防にもつながっているのです。

サプリメントの利用がおすすめ

葉酸を不足なく摂取するなら、サプリメントの利用がおすすめです。それは葉酸が熱や水に弱い性質を持っているからです。調理する段階や胃酸などの影響で、調理後にも量が減るうえ、食べた量のおよそ半分しか体に吸収されないといわれています。また、葉酸を阻害するものとして、お酒やたばこ、タンニンを含む飲み物などがあげられます。お酒はアルコールを分解するのに葉酸が消費され、たばこは血中の葉酸濃度を下げ、タンニンを含む緑茶や紅茶、コーヒー、ビール、ワインなどは葉酸の吸収を妨げます。基本的にバランスの良い食事をすれば葉酸不足には陥らないといわれていますが、葉酸は体に蓄積されないので、毎日必要量摂取することが大切です。サプリメントを上手に利用することで、食事だけでは足りない量を不足なく補うことができます。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.