葉酸の摂取は代謝を促し更年期障害の予防につながります | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸の摂取は代謝を促し更年期障害の予防につながります

葉酸の摂取は代謝を促し更年期障害の予防につながります

更年期障害の予防に葉酸がなぜ効果的なのか

葉酸とはほうれん草から発見されたビタミンBの一種です。近年では胎児の神経管閉鎖障害を防ぐ役割があることから、妊娠中の女性や妊娠を計画している人に積極的に摂取することが求められています。
この葉酸ですが、更年期障害の予防にも効果があるといわれています。更年期になると女性ホルモンが減少するので、血液の代謝が悪くなるといわれています。これは女性ホルモンが血液の流れを悪くする成分の働きを抑えているのです。しかし葉酸はこの成分と結合し、血液の流れをよくする成分に変化させてくれるのです。その結果、代謝もあがり、動脈硬化や肩こりなどを防いでくれるので、更年期障害の予防につながるというわけです。
また更年期障害だけでなく、代謝が良くなることで老化や肥満を防いだり、女性であれば誰もが気にする外見の部分もサポートしてくれるのです。

葉酸は1日にどれくらいの摂取が必要か

更年期障害の予防にもつながる葉酸ですが、1日にどれくらいを摂取すればよいのでしょうか。現在葉酸の日本人の平均摂取量は289マイクログラムといわれています。30歳から69歳の女性の接種の目安量としては1日に240マイクログラムで、上限摂取量は1400マイクログラムです。
しかし日本人の約15パーセントは、遺伝的なものが原因で240マイクログラムでは足りないといわれています。
更年期には女性ホルモンが減少し、血液の流れを悪くする成分も増加するため、葉酸をたくさん摂取して、血液の流れを良くする成分に変える必要があるのです。葉酸はホウレンソウやモロヘイヤ、ブロッコリーのような緑黄色野菜に多く含まれていますが、含有量が最も多いのが牛レバーです。更年期障害の予防のためにも、葉酸を意識して摂取するようにしましょう。

葉酸の過剰摂取の副作用はあるのか

葉酸を意識して摂取したとしても、葉酸を過剰に摂取をしてしまった場合には、副作用などはあるのでしょうか。葉酸の過剰摂取は、発熱やじんましんの症状が起こるとも言われていますが、これらはとても稀な例であり、異常な摂取をしていなければ、副作用は起こらないといえます。葉酸は水分に溶けやすいという性質を持っているので、過剰に摂取すれば、尿として排出されます。そのため基本的には、体に害はないといえるでしょう。
しかし葉酸のサプリメントを大量に摂取したり、牛レバーを大量に食べれば副作用があらわれる可能性も十分にあります。そのため基本的には食事で緑黄色野菜などを積極的に摂取し、足りない分をサプリメントで補う方法をとることが、もっともよい摂取方法であるといえます。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.