葉酸サプリによる喘息の発症を予防するために注意すべきこと | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸サプリによる喘息の発症を予防するために注意すべきこと

葉酸サプリによる喘息の発症を予防するために注意すべきこと

赤ちゃんの健やかな成長に役立つ葉酸

妊活中や妊娠中に、多くの女性が意識する栄養素の1つと言えば、葉酸ですね。
葉酸は細胞や血液を造りだす働きがあるため、特に赤ちゃんの重要な器官が作られる妊娠初期には、積極的に摂取しておきたい栄養素です。
厚生労働省でも、妊娠中は1日あたり400μgの葉酸を摂取するよう推奨されており、これが先天性の異常を予防するために役立つと言われています。
このように、葉酸は赤ちゃんの健やかな成長をサポートしてくれる、非常に優れた栄養素なのです。
ただ、食事からは十分な量を摂取するのが難しいため、妊娠したら葉酸サプリを摂取することで、赤ちゃんの先天性の障害を予防することが望ましいと言われています。
そんな葉酸サプリですが、取り入れ方によっては、赤ちゃんが喘息を起こすリスクを高めてしまうということが分かってきているのです。

葉酸サプリが喘息のリスクを高めるという説

赤ちゃんにも母体にも良いことだらけと思われている葉酸サプリですが、実は赤ちゃんの喘息のリスクを高める可能性があるということが分かりました。
これは、オーストラリア・アデレード大学のMichel Davies博士が研究し、報告したものになります。
こちらの研究では、約400組の母子を対象に、喘息の発症率と、妊娠期の葉酸摂取を調べています。
その結果、妊娠後期にマルチビタミンの一部として葉酸を摂取していた母親から生まれた子供の発症率が30%も高くなったという結果が出ているのです。
ただし、なぜ後期の葉酸の摂取が、喘息のリスクを高めるのか、その因果関係はまだはっきりとは解明されていません。
このリスクだけを考えると危険な栄養素のように思えてしまうかもしれませんが、正しく取り入れれば、生後の赤ちゃんの喘息を予防することは不可能ではないと言えるでしょう。

葉酸サプリによる喘息予防のための注意点

葉酸サプリは妊娠初期には特に大切なものですので、喘息予防のためにと、最初から一切摂取しないのは間違えています。
リスクを高める恐れがある、と報告されているのは、あくまでも妊娠後期に摂取し続けた場合です。
もし気になるのであれば、後期の摂取を控える、などの予防策を取ってみると良いでしょう。
ただし、後期の葉酸摂取が喘息の原因になっている、ということは証明されているわけではありません。
過剰摂取を控え、正しい量を正しい飲み方で取り入れ続ける方法であれば、大きな問題になるリスクは低いと言えます。
どうしてもサプリによる摂取が気になるのであれば、食事から積極的に葉酸を取り入れましょう。
研究によると、食事による葉酸の摂取では、喘息との関係性は見られなかったという結果になっています。
正しく上手に取り入れていけば、後期の摂取も安心ですね。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.