双子の赤ちゃんを妊娠した女性に特に欠かせない葉酸という栄養素 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 双子の赤ちゃんを妊娠した女性に特に欠かせない葉酸という栄養素

双子の赤ちゃんを妊娠した女性に特に欠かせない葉酸という栄養素

妊娠した女性の身体に欠かせない葉酸

酸というビタミンは、女性の身体に様々な良い影響を与えてくれるビタミンB群の仲間となっていて、卵黄や、緑黄色野菜、レバーなどに豊富に含まれている栄養素になります。
もちろん女性が双子を妊娠した場合は、葉酸は特に重要な栄養素となります。
葉酸は、お母さんだけでなく、お腹の中の双子の赤ちゃんの細胞の分裂や、DNAを形成するのに大切な働きをしてくれるので、中でも双子を妊娠している女性は葉酸を摂取することが薦められています。
お腹の中の双子の赤ちゃんの脳を形成している神経は、妊娠しはじめてから、およそ六週間ぐらいまでに、ほとんど、できあがってしまうのですが、この期間中に母体となる女性の身体に葉酸が足りなくなってしまうと、お腹の中の双子の赤ちゃんが神経管閉鎖障害を発症してしまう可能性が高まってしまうとされています。

 

葉酸の摂取はできるだけ早いタイミングで

神経管閉鎖障害とは、葉酸が不足したりすることによって、無脳症や、二分脊椎などといった病気を引き起こす恐ろしい障害のことになります。
葉酸が不足しているなどといった理由で妊娠している女性のお腹の中にいる双子の赤ちゃんの中枢神経に先天性の異常が起こるのは、妊娠してから七週間目を迎える前に発症してしまう可能性が高いのですが、妊娠してから七週間が経つまでに、つわりの症状があるかどうかは人によって差があるので、妊娠したことに気づいていないことも少なくありません。
厚生労働省は、お腹の中の双子の赤ちゃんが神経管閉鎖障害を発症する可能性を低減させるために、食材に含まれている葉酸とは別に葉酸が配合されているサプリメントを利用して一日あたりおよそ400マイクログラムぐらいの量の葉酸を摂取することを推奨しています。

 

葉酸はサプリメントで摂取する

葉酸が配合されたサプリメントを摂取する期間は妊娠する予定のおよそ一ヶ月以上前から妊娠してから三ヶ月が経つまでとされています。
この期間中にお腹の中の双子の赤ちゃんが神経の細胞を盛んに分裂して、脳や脊髄を形成するためです。
葉酸を葉酸が配合されたサプリメントという形で摂取することが推奨されているのは、葉酸は加熱や、水などによって分解されやすく、食材に含まれている葉酸だけで賄うのは困難であるためです。
しかし、妊娠してから十六週以上の期間が経過した妊娠後期の時期に、妊娠しはじめたときより多い量の葉酸を過剰摂取してしまうと、お腹の中の双子の赤ちゃんが、ぜんそくを発症しやすくなってしまう可能性があるため、少しずつ摂取する量を減らすようにコントロールする必要があります。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.