妊婦の女性が摂りたい葉酸の効果や多く含まれる食品について | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 妊婦の女性が摂りたい葉酸の効果や多く含まれる食品について

妊婦の女性が摂りたい葉酸の効果や多く含まれる食品について

葉酸の主な効果と働き

葉酸は、ビタミンB群の中の一つです。ほうれん草の葉っぱから発見されたことから葉酸という名前が付けられました。
葉酸は、細胞分裂やDNAの合成などに必要な栄養素です。また、ビタミンB6やビタミンB12と共に動脈硬化を起こす原因物質を減らす効果や赤血球を作る働きがあります。その他に神経の働きを助ける働きもあることから、アルツハイマーやうつ状態の改善もあるとされています。
このように私たちの健康に欠かせない葉酸は、妊婦の女性にとって特に大切な栄養素になります。
妊婦の女性に摂取を勧める一番の理由として、胎児の神経管閉鎖障害のリスクの低減につながることがあげられます。特に妊活中から妊娠四ヶ月までの女性は意識して葉酸を摂取することで、赤ちゃんのダウン症や神経管閉鎖障害などの障害のリスクが軽減されることが出来るとされているのです。

 

葉酸を多く含む食品について

妊婦の女性が摂りたい葉酸が多く含まれている食品には、以下のものがあげられます。
まず一つ目は、納豆です。納豆には1パック50gで60㎍含まれています。納豆は火を通さずにそのままでも手軽に摂取できる食品なので、妊娠中の体調がすぐれない時でもすぐに用意することが出来る便利な食品です。
二つ目は、ほうれん草です。ほうれん草から発見されただけあり、ほうれん草は野菜の中でも葉酸を含む代表的な食品になります。100gあたり生では210㎍、茹でると110㎍含まれます。他にも豊富の栄養素を含んでいる優秀な食品ですが、アクの部分に含まれるシュウ酸という成分が尿路結石を引き起こす原因となるため、生での摂りすぎは注意が必要です。
その他にも、ブロッコリーやうなぎの肝など葉酸を含む食品はたくさんあげられます。毎日の食事に上手に積極的に取り入れることが大切です。

 

葉酸の上手な摂取方法

葉酸は水や熱に弱く、吸収率が非常に低い栄養素になります。吸収を阻害するものには以下のものがあげられます。
まず一つ目は、お酒です。お酒に含まれるアルコールを分解する際、葉酸が使われてしまうため葉酸不足を招いてしまいます。
二つ目は、たばこです。タバコを吸うことで細胞がダメージを受けます。そのダメージを再生するために、血中の葉酸濃度が下がってしまい葉酸が不足してしまうのです。
三つ目は、キャベツやオレンジなどです。キャベツやオレンジ、インゲン豆などと一緒に食べると、葉酸の吸収が妨げられてしまいます。
四つ目は、緑茶です。日本人になじみの深い緑茶ですが、緑茶に含まれるタンニンが葉酸の吸収を妨げます。他にも紅茶やコーヒー、ウーロン茶、ワインなどにもタンニンが含まれます。
以上のことを踏まえて、妊娠中の女性もそれ以外の人も健康のために上手に葉酸を摂取しましょう。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.