妊娠中に必要な葉酸はサプリで摂取するのが効率的です | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 妊娠中に必要な葉酸はサプリで摂取するのが効率的です

妊娠中に必要な葉酸はサプリで摂取するのが効率的です

妊娠中、どうして葉酸が必要なのか

葉酸は、妊娠している女性に必要不可欠と言われている栄養素です。葉酸は水溶性ビタミン群の一種で、ビタミンB12と一緒に赤血球の形成を助ける働きがあります。そのため葉酸は造血ビタミンとも呼ばれています。また、葉酸は代謝に関わりが深く、核酸を合成するのに必要な栄養素と言われています。核酸とは、遺伝子情報を持っているDNAとタンパク質を合成するRNAで構成されており、細胞の核となるものです。
妊娠すると、お腹の赤ちゃんは細胞分裂を活発に行います。葉酸はその細胞分裂に欠かせない栄養素です。そのため、葉酸を十分に摂取することで、神経管閉鎖障害という先天異常を発症するリスクを減らすことができます。特に、神経管が形成される妊娠初期の時期の摂取が重要とされています。妊婦のための葉酸のサプリも数多くあります。

 

葉酸の必要量はどのくらいか

葉酸は不足してしまうと、赤血球をうまく形成できないので貧血になってしまいます。そのため、妊娠中は勿論、出産後や妊娠していない時でも普段から摂取しておく必要がある栄養素です。また、葉酸が不足すると、血液中にあるホモシステインと呼ばれるアミノ酸の量を減らす働きもあります。血液中のホモシステインの量が増加すると、血管の柔軟性が失われて動脈硬化を起こすリスクが高まることが最近の研究で分かってきました。つまり、葉酸を摂取することは、動脈硬化を予防し、心筋梗塞や脳卒中を防ぐことにもつながります。
葉酸は一般的に、一日に240㎍を摂取するのが望ましいとされています。妊娠中は400μg、授乳中は340㎍とされています。妊娠すると、通常の2倍近くの葉酸が必要となります。

 

食事とサプリを組合わせるのがおすすめです

葉酸はほうれん草の葉から発見されたので、その名前がつきました。そのため、ほうれん草に豊富に含まれていることはよく知られています。その他にも、ブロッコリーやモロヘイヤ、枝豆、納豆、イチゴ、芽キャベツ、菜の花、アスパラガス、レバーなどの食品に多く含まれています。しかし、葉酸は水に溶けやすく熱にも弱いという性質があります。そのため、調理の過程で失われやすく、長期の保存にも向きません。
葉酸を食事だけで必要量を摂取するのは難しいので、サプリで補うのがおすすめです。妊婦向けのサプリには、葉酸以外にもビタミンや鉄分、カルシウムなども配合されているものが多いので、不足しがちな栄養素を手軽に補うことができます。また、妊娠を希望している女性もサプリで必要な葉酸を普段から摂取しておくのが良いと言われています。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.