葉酸が妊娠中の女性と胎児にとって必要な栄養素である理由 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸が妊娠中の女性と胎児にとって必要な栄養素である理由

葉酸が妊娠中の女性と胎児にとって必要な栄養素である理由

ママになろうと決めたら葉酸サプリを準備

これから、赤ちゃんを産みたいと考えている女性は、妊娠がわかる前の段階から葉酸サプリを飲んでおくことをおすすめします。
それは、葉酸が妊娠中の女性とその胎児にとって必要不可欠な栄養素だからです。
葉酸は、妊娠していない状態の女性や男性にとっても大切な栄養素なので、普段から足りなくならないように摂っておくことがおすすめですが、とりわけ妊娠中の女性に葉酸が必須と言われるのは、この栄養素が欠乏すると妊婦さんや胎児に悪影響があることが理由になります。
妊娠中の女性に必要となる葉酸の量は、妊娠していない時期の2倍近くにもなるとされており、食品から毎日摂るのは難しいため、サプリを使って毎日上手に摂取していくと良いでしょう。
赤ちゃんを作る予定がある人は、まずは自分に合いそうな葉酸サプリを選んで用意することから始めましょう。

 

どうして葉酸が胎児に必要と言われるのか

葉酸は人間の身体の中で、DNAやRNAなどの核酸を合成する働きを助ける役割を担っています。
DNAが正常に作られることは、人間の新陳代謝や成長が順調に行われるためには不可欠なこととなっており、特に胎児期や幼児期といった細胞増殖が活発に行われる時期には、葉酸が足りないと発育が上手くいかなくなるという危険性があります。
中でも、胎児の神経管が作られる妊娠初期に葉酸が欠乏している場合、神経管閉鎖障害という奇形や下半身麻痺などの原因となる異常が起こるリスクが高くなってしまうので、注意してください。
このことにより、妊娠の1カ月以上前から3カ月ほどの間には葉酸を必要量摂っておくことが必須とされ、厚生労働省からも妊婦さんになれる年齢の女性に対して葉酸の充分な摂取をするように勧告が出ています。

 

葉酸は妊婦さん自身にも良い効果をもたらす

妊娠初期に胎児への悪影響を防ぐため、葉酸をしっかり摂っておくことが必要であることはわかっていただけたことでしょう。
しかし、初期を過ぎたらもう葉酸を摂らなくても良いかというとそんなことはありません。
葉酸は、乳幼児の発育にも必要な栄養素であるため、授乳中も食事やサプリから葉酸を充分な量摂取して、子どもとママの健康を守るのに役立てましょう。
ところで、葉酸は胎児だけでなく妊婦さん自身の身体にも良い影響を与えます。それは、この栄養素が欠乏しないように気をつけて摂取することは、妊娠中に起こりがちな貧血や動脈硬化のリスクを減らす効果も期待出来るからです。
もしも、これからママになろうと計画しているのなら、ダイエットなどで必要な栄養素が足りなくなってしまうことがないように注意して、葉酸サプリなども活用して健康的な身体を作ることをおすすめします。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.