妊娠時に必要な栄養素の葉酸、摂取期間はいつからいつまで? | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 妊娠時に必要な栄養素の葉酸、摂取期間はいつからいつまで?

妊娠時に必要な栄養素の葉酸、摂取期間はいつからいつまで?

本当は妊娠前から必要な葉酸

妊娠が発覚したら積極的に葉酸を摂取しなさいと言われます。ところが人によって妊娠がわかる時期は異なります。特に日頃から生理不順の人の場合は、ただ生理が遅れているだけなのかも?と思い、検査薬を使う事も病院へ行く事も遅れます。そうなると妊娠2か月以降に判明する事になり、そこから急いで葉酸を飲むようになります。葉酸が最も必要な摂取期間は受精してから3か月くらいまでの間とされており、この大切な時期に全く摂取できない状況になります。そのため、「そろそろ子どもが欲しい」や「いつ子供が出来ても良い」と考えているのなら、その下地作りとして普段から積極的に葉酸摂取に努めておく事が大切です。そうするといつ赤ちゃんが授かったとしてもバタバタする事がなく、安心して胎児に葉酸を送り続ける事が出来ます。

葉酸が最も必要な摂取期間は3か月まで

葉酸が最も必要な摂取期間と言えば、妊娠4週から12週までと言われています。この摂取期間が重要視されているのは、この時期が赤ちゃんの臓器を作る大事な期間であるためです。厚生労働省では、1日当たり0.4mgの葉酸摂取を推奨しており、きちんと摂取する事で、「二分脊椎症」や「無脳症」などの先天異常のリスクを減らす事が出来ます。二分脊椎症とは、生まれつき脊椎の一部が形成されず、脊髄などの神経組織が背中に出てしまっている状態で、運動麻痺から感覚麻痺などの症状が出てきます。さらに無脳症は、生まれつき脳の一部又は大部分が形成されない状態のことで、約75%の確率で死産することがわかっています。これらの病気のリスクを減らす目的で葉酸を摂取する場合、妊娠12週以降では大事な臓器が出来上がっている状態なので意味がないものになってしまいます。

 

実は出産後まで必要な葉酸

葉酸摂取の最大の目的が、赤ちゃんの先天異常リスクを減らすためですが、推奨されている摂取期間が過ぎてからでも葉酸が必要で無くなる訳ではありません。
葉酸はそもそもビタミンB群に含まれる栄養素で造血効果があります。妊娠中の女性は常に一般の人の倍の葉酸が必要となり、意識して摂取する必要があるのです。もし葉酸が不足すると、悪性貧血などになり体調を崩す原因にもなります。
また、妊婦に限らず、出産後の授乳期でも葉酸はお母さんと赤ちゃんの体を守ります。葉酸不足になると赤ちゃんの発育に遅れを及ぼすことも指摘されているため、母乳でしっかり育てたいと考えている女性も必ず必要になってくる栄養素なのです。
ちなみに授乳時期は、妊娠中よりは少ない280μgを意識するとよいでしょう。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.