妊娠中の葉酸の過剰摂取で発症するケースがある症状は | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 妊娠中の葉酸の過剰摂取で発症するケースがある症状は

妊娠中の葉酸の過剰摂取で発症するケースがある症状は

妊娠中には必要不可欠な葉酸だけど

妊娠中は普段以上に「葉酸」という栄養素を補う事が大切です。なぜなら、葉酸は健康な赤ちゃんを育てる為に必要不可欠な栄養素だからです。水溶性ビタミンの葉酸は、細胞分裂を促す作用を持っています。妊娠中に葉酸が不足してしまうと、神経などを作る際に支障が出て、先天性の病気を発症してしまうリスクがあると考えられています。
また、葉酸は造血ビタミンと言われる程、血液を作る為にも欠かせないビタミンです。妊娠中、そして授乳中は貧血になりやすい為、貧血対策としても葉酸を摂る必要があります。
ただ、健康な赤ちゃんを育てようと葉酸を過剰摂取してしまうと、かえって健康を害してしまう恐れがあるので注意しましょう。葉酸の摂り過ぎによってどのような症状が起こるのか、しっかりチェックする事が大切です。

 

過剰摂取で起こりうる症状

葉酸の過剰摂取によって起こる症状としては、食欲不振、吐気、むくみ、不眠症などが挙げられます。これらの症状は一見すると葉酸の副作用とは分からない為、そのまま葉酸を摂り過ぎてしまう恐れもあります。特にサプリメントで葉酸を補う場合は、過剰摂取になりやすい為、注意する事が大切です。
また、葉酸は血液量を増やし血行を促進する作用もあります。血液の流れが良くなる事によって、毛細血管が広がり皮膚に紅い斑点出来るケースもあるようです。この他に発熱やじんましん、原因不明の痒みに呼吸障害、栄養素の吸収率低下が挙げられます。特に亜鉛の吸収率が落ちやすいようです。
このように、摂り過ぎによって体に悪影響が出てしまう事は、覚えておいて損は無いでしょう。

 

妊娠中に必要な葉酸の量は

葉酸の摂り過ぎで起こる副作用は、1日に1000μg以上摂ると起こりやすいと考えられています。妊婦さんは1日に必要な葉酸の量をチェックし、過剰に摂取しないよう気を付ける事が必要です。
妊娠中に必要な葉酸量は1日につき400μgです。できるだけ、この摂取量を補えるよう食事やサプリメントを活用しましょう。
水溶性のビタミンという事もあり、食事だけなら過剰に摂取するという心配はほとんどありません。ただ、サプリメントは葉酸が凝縮して含まれている事もあり、取り過ぎに注意する必要があります。サプリメントを摂取する際は、規定の摂取量を超えないように、正しい量を飲むようにしましょう。食事とサプリメントを併用しても、葉酸を摂り過ぎてしまうというケースは、ほとんど無いようです。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.