妊娠中の人に人気の葉酸の過剰摂取による副作用について | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 妊娠中の人に人気の葉酸の過剰摂取による副作用について

妊娠中の人に人気の葉酸の過剰摂取による副作用について

妊娠中の人に人気の葉酸

待望の妊娠をした人にとって、赤ちゃんが健康で生まれてくることが大きな願いです。健康な赤ちゃんをお腹の中で育てるためには、葉酸が大切と言われておりたくさんのサプリメントが販売されています。アメリカで行われた、妊娠中の女性を対象とした調査の中で、妊娠中に葉酸を摂取することで、神経管閉鎖障害になってしまう赤ちゃんが減るという結果が出て、葉酸が妊娠中に必要なことが分かりました。
日本では、食生活の変化から、神経管閉鎖障害になってしまう赤ちゃんが増えてきているという現状から、厚生労働省でも葉酸を積極的に摂取することが推奨されるようになったため、広く葉酸の必要性が認識され、現在では、妊婦さんはもちろん、妊娠したい女性にも、大変人気がある栄養素として普及するようになってきています。

 

葉酸の過剰摂取による副作用

丈夫な赤ちゃんを産みたいという気持ちが強くて、葉酸のサプリメントをたくさん取ってしまう人がいますが、過剰摂取による副作用が出ることがあるので、量を守って飲むことがとても大切です。食品から摂取する場合には、吸収率が低く、葉酸を多く含む食品をたくさん食べても過剰摂取になることはなく、むしろ足りないことが一般的です。
妊婦さんが摂取する葉酸の上限は、最高でも一日当たり1000㎍で、それ以上は過剰摂取になってしまい、食欲不振や吐き気、むくみや不眠症の副作用が出る人がいるので、量を守って摂取することが、赤ちゃんの健康を守ることにつながります。量を守って葉酸を摂取した場合には、副作用の心配はなく、神経管閉鎖障害の発症率を抑える働きがあるので、量に気を付けながら、継続して摂取することがおすすめです。

 

葉酸の一日に必要な摂取量

赤ちゃんが、神経管閉鎖障害を発症する割合を低下させて、健康に生まれてくるために、厚生労働省は、妊婦さんや妊娠を希望する人に、葉酸を進んで摂取するように呼び掛けています。一日に必要な葉酸は、400㎍が推奨されており、特に、妊娠1か月前と、3か月までは、毎日400㎍以上の葉酸を食事以外のサプリメントを利用して、摂取することが推奨されています。
気を付けなければならないのが、葉酸の過剰摂取です。必要な量をとることが大切な葉酸ですが、取り過ぎると副作用の心配があり、赤ちゃんの健康にも影響するかもしれないので、一日当たり、1000㎍を超えないようにすることが大切です。毎日400㎍をサプリメントで摂取するようにすると、食事でたくさんの葉酸を摂取したとしても、1000㎍を超えることはないので覚えておきましょう。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.