葉酸を妊娠に関係のある人が利用する際の注意点~タイミングやタイプなど | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸を妊娠に関係のある人が利用する際の注意点~タイミングやタイプなど

葉酸を妊娠に関係のある人が利用する際の注意点~タイミングやタイプなど

健康的な体作りには必要不可欠

葉酸は水溶性ビタミンの一種であり、体の中で様々な役割を果たしています。たとえば造血作用です。これは血液のもとである赤血球が生成されることに、葉酸が役割を果たしているためです。また細胞分裂を促進して、体全体の新陳代謝を促進することにも役割を果たしています。更に他のビタミンと協力して、動脈硬化の原因にもなり得るホモシステインと呼ばれる物質の分解、排出にも尽力しています。そのため葉酸は、老若男女問わずに必要な成分だと言えます。成人に対しては1日あたり240μgの摂取量が推奨されていますが、妊娠に関係がある人には、更に多い量が設定されています。これは妊娠に関係がある人には、葉酸が妊娠のしやすさや胎児の発育にも影響をもたらすため、普通の成人以上に葉酸が必要とされているためです。

 

葉酸と妊娠の関係と注意点~タイミング

葉酸と妊娠の関係ですが、まずは造血作用によって女性の体を妊娠しやすい状態に導くと言うことが期待できます。また初期段階における胎児の細胞分裂を促進することで、先天性の神経閉鎖障害を発症するリスクを低くすることにも良い影響を与えると言われています。ですがこの場合、葉酸を飲み始めるタイミングに注意が必要です。子供を授かることを目指すのであれば勿論のこと、胎児の発育に対して良い影響をもたらしたいのであれば、初期の段階から飲み始めることが必要です。これはこの時期に、最も胎児の細胞分裂が活発に行われるためです。勿論、子供を授かっていることが明らかになってからでも遅いと言うことではないですが、できるだけ早い段階から、妊娠を意識している人であれば、そのための活動の一環として葉酸を飲むことが求められると言うのが注意点です。

 

葉酸と妊娠の関係と注意点~タイプ

妊娠に関係がある人に対しては、480μgの摂取量が推奨されています。葉酸は食べ物にも含まれている成分ですが、加熱に弱く、また吸収率も高くないと言うのが難点です。そのためサプリ等を使用するのが望ましいですが、このサプリ選びにも注意が必要です。サプリ等に使用されている葉酸は、主にはポリグルタミン酸型とモノグルタミン酸型のふたつのタイプがあります。この内、ポリグルタミン酸型は食品由来のものであるため、吸収率に劣ると言う特徴があります。対してモノグルタミン酸型は、加工して作られた葉酸であるため、吸収率が高いと言う特徴があります。妊娠に関係がある人の場合、しっかりとした量の葉酸を摂取することが求められます。そのためサプリ等を利用する際にも、モノグルタミン酸型のものを利用することが望ましいです。このことは国からも推奨されていることです。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.