葉酸欠乏症とは?不足することで発生する問題点について | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸欠乏症とは?不足することで発生する問題点について

葉酸欠乏症とは?不足することで発生する問題点について

葉酸不足によって発生する問題点とは

葉酸と言うと妊娠前や妊娠中の女性が積極的に摂ることが推奨されている栄養素ですが、細胞の成長や赤血球を作るのに欠かせない栄養素であるため、妊娠中以外にも必要な栄養素です。葉酸が体内に不足すると、葉酸欠乏症という病気を発症します。葉酸が欠乏することで発生する問題点はさまざまですが、一番分かりやすい症状が悪性貧血です。貧血というと鉄分不足が原因だと思われがちですが、葉酸欠乏による貧血は鉄分の不足ではなく、血液中の赤血球が正常に作りだされなくなり、血液とともに体内に酸素を送りだす働きができなくなってしまうため、体が酸素不足に陥り、立ちくらみやめまいなどの貧血のような症状が出てしまいます。また、葉酸は細胞の成長に欠かせないものでもあるため、不足すると粘膜が不健康な状態になり、口内炎や胃潰瘍などの症状も招きやすくなります。

 

葉酸欠乏症が胎児に与える影響について

葉酸が不足すると、妊娠中の女性でなくても身体に不調が出てきますが、妊娠中の女性で葉酸が欠乏すると、妊婦本人だけではなく、赤ちゃんの成長にも大きな影響が出てしまうという深刻な問題点があります。むしろ、妊婦本人によりも胎児が受ける影響の方が大きいといえるでしょう。不足すると、細胞分裂がうまくいかなくなるため、脊椎がきちんとつながらないことで、なんらかの障害などの問題点を持って生まれてしまう可能性が高くなります。葉酸を摂取することで、100%先天的な異常が防げるというわけではありませんが、リスクの低下にかなりの効果を期待することができます。葉酸が必要なのは、妊娠中の女性だけではありませんが、妊娠中の女性は特に注意する必要があります。胎児にもきちんと葉酸が行き届くよう、定められた量を摂取するようにしましょう。

 

葉酸が不足する原因について

葉酸不足の問題点はさまざまなので、普段から不足しないよう注意する必要があります。不足する原因についてはさまざまなケースが考えられますが、一番可能性として高いのが、葉酸を含む食品を一切とらないことからくる不足です。また、妊娠中や授乳中など、なんらかの体の変化により、必要とされる量が増加しため、欠乏症に陥るということも考えられます。また、アルコールの過剰摂取も葉酸不足を招く原因のひとつです。アルコールが栄養素の体内への吸収を邪魔してしまうので、体内に蓄積された葉酸も不足してしまうのです。葉酸は体内には微量しか蓄積できないものなので、毎日きちんと決められた量を摂取する必要があります。過剰摂取による問題点もあるので、摂りすぎにも注意する必用がありますが、毎日自分の体に必要な量をしっかりと摂取するようにしましょう。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.