葉酸が流産や早産の防止に役立つといわれている理由とは | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸が流産や早産の防止に役立つといわれている理由とは

葉酸が流産や早産の防止に役立つといわれている理由とは

葉酸は妊娠初期に必要な栄養素

葉酸は、野菜やレバーなどさまざまな食品に含まれるビタミンB群の一種です。葉酸にはたくさんの働きがあり、健康を維持したり、さまざまな病気の予防するのに必要な栄養素です。最近は特に妊娠初期の段階で摂取を推奨されていることから、妊婦の間でも葉酸が知られてきています。流産や早産の防止につながるといわれているからです。葉酸には、人間の細胞分裂に関係する働きがあり、胎児が脳や神経管と呼ばれる期間を作るために重要な栄養素となっています。妊娠初期段階に葉酸が不足することで、神経管閉鎖障害のリスクが高まるといわれています。二分脊椎や無脳症、ダウン症といった症状です。この場合、流産や死産、早産の可能性があります。それらの防止に役立つということで、葉酸の摂取が薦められているのです。

 

流産、早産を防止するための必要量

葉酸は成人の場合、240μgが推奨量とされていますが、妊婦の場合は480μgが推奨されています。通常、バランスのよい食事を行っていれば十分だといわれています。しかしながら、葉酸は熱や水に弱く、体への吸収率が悪い栄養素なうえ、妊婦の場合は推奨量が多くなっています。十分な葉酸を摂取するなら、サプリメントの利用がおすすめです。妊婦向けの葉酸サプリメントには、厚生労働省が推奨するサプリメントからの推奨摂取量、400μgが配合されているものを選びましょう。妊娠初期は、0~15週までなので、妊娠を望んでいる時期から摂取するようにするのがよいといわれています。葉酸は体内に蓄積されないため、毎日不足なく摂取するために、食事に加えてサプリメントで補うようにしましょう。

 

葉酸サプリメントのメリット

葉酸には、流産や早産を防止したり、リスクを低減する働きの他に、赤血球を作る働きに関わっていることから悪性貧血を予防したり、母乳の質を向上する働きもあります。妊娠初期だけでなく、妊娠中、授乳中も積極的に摂取するとよいです。また葉酸サプリメントを利用するメリットとしては、食欲がなくても最低限の葉酸や必要な栄養素を補えることです。妊婦向けの葉酸サプリメントには、妊婦が不足しがちなビタミン類、ミネラル類、鉄分など嬉しい栄養素がバランスよく配合されていることが多いので、体調管理にも役立ちます。早産の原因には、ストレスや過労、高血圧、冷えなどが挙げられますが、栄養バランスを整えることで、ストレスを緩和したり、ホルモンバランスを正常にする効果が得られます。ホルモンバランスが整うと、血流が改善され高血圧や冷えの改善、防止にもなります。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.