さまざまな脳疾患予防・改善にかかせない葉酸、その広い効能とは | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > さまざまな脳疾患予防・改善にかかせない葉酸、その広い効能とは

さまざまな脳疾患予防・改善にかかせない葉酸、その広い効能とは

葉酸とは?葉酸の効能

葉酸とは生物が細胞の生成時に、細胞の遺伝子DNAを作る補酵素として作用するもので、ビタミンB群のひとつでもあります。胎児・新生児時代には細胞生成が活発に行われていて、やがて成人になり年を重ねていく間にも絶えず新しい細胞が作られ入れ替わり続けるという再生を繰り返していきます。その際にアミノ酸から遺伝子DNA・遺伝子をコピーしたリボ核酸RNAが生成されるわけですが、その時の補酵素として葉酸が細胞生成を促進させています。胎児や新生児の発育、そして先天性奇形である神経管欠損症予防には欠かせないビタミンである葉酸ですが、不足した場合には神経系に大きな障害を起こす可能性が高くなります。また葉酸は、心臓病・脳梗塞の予防にも効能があることも分かっています。

 

脳疾患改善に効能を持つと言われる葉酸

脳疾患の一つである認知症は、脳の神経細胞の健康維持がうまくいっていない、ホモシステインの値が上昇している、などが原因とされており、最近の研究結果では一つの要因としてビタミンB群である葉酸の不足により引き起こされることが分かってきています。葉酸欠乏の原因としては不摂生・アルコール摂取過多・下痢などがあるとも言われています。葉酸の効能には脳神経細胞の維持・認知症原因物質となっているホモシステインを代謝により低下させるというものがあり、認知症予防に有効であると言われる所以となっています。アメリカの研究結果では、認知症ではない60歳以上の579人を対象にした10年間追跡調査で、葉酸400μg/1日を摂取していない57人がアルツハイマー型認知症発症となったという報告もあります。

 

さまざまな効能を引き出す葉酸の推奨量とは

妊婦さんの葉酸摂取推奨量は480μg/1日とされています。ちなみに非妊時では240μgですので、通常時よりも2倍の葉酸が必要とされています。胎児の脳・脊髄などの基盤となる神経管が作られる妊娠7週目までに葉酸の効能が最大限に発揮されますので、厚生労働省の定める摂取推奨時期は、妊娠する1ヵ月以上前~妊娠3ヵ月まで、とされています。
認知症発症リスク低下のための葉酸摂取推奨量は、最低でも400μg/1日、最大で800μg/1日と言われています。この最大量は特に高齢者が対象となっており、胃の機能低下により栄養吸収率が低下していることが理由です。摂取推奨時期は18歳(若年性認知症発症最低年齢)という早い年齢が良いと言われています。
葉酸が含まれている食材ではレバーやほうれん草がありますが、推奨量を食事から全て摂取するのは難しいので、サプリメントで補いましょう。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.