便秘の改善にも?妊娠時における葉酸のあらゆる効能とは | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 便秘の改善にも?妊娠時における葉酸のあらゆる効能とは

便秘の改善にも?妊娠時における葉酸のあらゆる効能とは

妊娠中に葉酸を取るべき理由とは

女性が妊娠をすると「葉酸」を取るべきだとよく言われますが、それには理由があります。まず、妊娠初期の段階では無脳症や二分脊椎など先天異常のリスクから赤ちゃんを守ってくれる働きがあります。次に、妊娠中には、造血効果により赤ちゃんの栄養が不足するのを予防してくれたり、妊婦自身の貧血を軽減してくれたり、鉄分不足から引き起こされる「氷食症」や「むずむず脚症候群」等の妊婦特有の症状を予防してくれます。さらに、出産後の授乳期には、赤ちゃんに必要な栄養を母乳を通して送り、さらに、赤ちゃんの発達障害のリスクを減らしてくれるとも言われています。このように、妊娠初期から授乳期という長い期間にわたって、葉酸は妊婦さんのあらゆるリスクを回避してくれる効能があるというわけです。

 

便秘の改善にも!葉酸で腸内環境が良好に

妊娠中の女性は便秘になりやすいと言われています。その理由は、妊娠中は「プロゲステロン」というホルモンが大量に分泌され、腸の動きを抑制してしまう作用があるからだと言われています。また、胎児に成長に合わせて腸が圧迫されたり、胎児に水分を吸収される為水分不足になりやすいのも便秘を増長させてしまう要因です。では、どのような対策をとれば良いのでしょうか。そこで活躍をしてくれるのが葉酸です。葉酸を摂取する事によって血行が良くなり、代謝のアップにも繋がり同時に便秘も改善されるというわけです。また、葉酸は、細胞分裂を促す力があり、胎児の成長を助けたり母体の臓器の細胞分裂も促進してくれます。 細胞分裂を活性化させる事で腸の働き良くなり、粘膜も再生します。 こうして腸内環境が整い、便秘解消に繋がったり、便秘の予防の効能が期待出来ます。

 

妊婦に嬉しい効能ばかりの万能な葉酸

葉酸には、便秘が改善されるという嬉しい効能の他にも、つわりの軽減、流産の防止等にも効能もあると言われています。母子共に健康体を目差すのであれば、妊娠の初期から出産、そして授乳期まで葉酸を取り続ける必要があります。葉酸のサプリメントは、安価なものでは1,000円前後から販売されていますが、それらは石油から化学合成して作られた合成葉酸を使用している商品です。石油由来の物を口にするのは抵抗がありますよね。母体の口から入るものは胎児に直接届きます。だからこそきちんとした成分のものを見分ける事が必要です。非常に意外ではありますが、成分表示に「葉酸」とダイレクトに記載されているものは合成葉酸で、「オオムギ」「モロヘイヤ」など食材の名称が記載されているものが天然葉酸です。自分の為にも赤ちゃんの為にも葉酸に関する正しい知識を身につけておきましょう。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.