動脈硬化を予防できる効能があると言われる「葉酸」とは | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 動脈硬化を予防できる効能があると言われる「葉酸」とは

動脈硬化を予防できる効能があると言われる「葉酸」とは

水溶性ビタミンの1つ「葉酸」

動脈硬化は名前の通り、動脈の血管が硬くなってしまう病気です。血管が硬くなる事によって心筋梗塞や、脳出血、脳梗塞といった大きな病気を招くリスクがグンとアップします。年齢を重ねたら特に注意したい動脈硬化ですが、実は「葉酸」を意識して補う事が動脈硬化を予防する効能があると言われているのです。葉酸は水溶性ビタミンの1種で、ホウレンソウやブロッコリーなど緑黄色野菜に多く含まれています。緑黄野菜の他に葉酸は、レバーや干しシイタケ、枝豆にも多く含まれているのが特徴です。身近な食品に含まれている葉酸は、食事からでも補えます。ただ、水溶性ビタミンという事もあり調理方法によっては、葉酸が流れ出てしまうケースも多いようです。十分な葉酸量を補いたいなら、食事とサプリメントを併用する事をおすすめします。

 

葉酸でなぜ動脈硬化予防の効能が得られる?

葉酸を摂取してなぜ、動脈硬化を予防する効能が得られるのかというと、それは血中のホモシステイン値が下がるためです。血中のホモシステイン値が高い場合、動脈硬化を引き起こしやすいと言われています。葉酸はホモシステインを代謝する作用がある為、動脈硬化予防の効能が期待出来るのです。この他にホモシステイン値が高い状態になると、血栓症やアルツハイマー病、糖尿病が起こりやすくなるとも言われている為、これらを予防する為にも葉酸は意識して補いたい栄養素です。ただ、葉酸単体だけでは、あまり効果は無いようです。葉酸と一緒にビタミンB6とビタミンB 12を取らなければ、ホモシステインを代謝する作用は得られません。ですので、健康のために葉酸を補うという場合は、ビタミンB6とビタミンB12も、一緒に補う事が大切です。

 

葉酸には血液をサラサラにする効能も

葉酸は血中のホモシステイン値を下げるだけではなく、血行を促進する作用も期待出来る栄養素です。動脈硬化は血液がドロドロになると起こりやすくなります。ドロドロ血液だと、コレステロールが血管の壁に張り付き血管が硬くなりやすいのです。血管の健康を守るには、血液の流れをスムーズにする事が大切です。葉酸には血液の量を増やし、血行を促進する作用があると言われています。血液の流れがスムーズになる事によって、ドロドロ血液からサラサラ血液へと変化し、血管の健康をキープする働きが期待出来るのです。もちろん、葉酸だけと取っていれば、必ず動脈硬化にならないという訳ではありません。バランスの良い食事を行い、適度な運動のサポートとして葉酸を補う事で、より動脈硬化の予防に繋がるのです。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.