高齢出産によるダウン症のリスクと葉酸の効果との関係 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 高齢出産によるダウン症のリスクと葉酸の効果との関係

高齢出産によるダウン症のリスクと葉酸の効果との関係

高齢出産と葉酸の関係

高齢出産は、リスクが確かにあるのですが、デメリットしかないという訳ではありません。高齢で出産するときには、ある程度の精神的にも経済的にも余裕がある場合が多いために、出産や、子育てにじっくり取り組めることが少なくありません。また、子宮体がんのリスクが少ないとされていたり、妊娠している期間中にホルモンが分泌される関係で、若返ったり、お肌が綺麗になったりするなどといったメリットもあります。他にも、メリットとして挙げられるのは、妊娠している関係で、食事の献立などにも気を遣うようになったり、葉酸が豊富に配合されたサプリメントを摂取する習慣がついたりすることが関係して出産した後も健康に過ごすことができるようになることなどもあります。特に葉酸と良い関係を築くことが大切になります。

 

葉酸がダウン症の発症リスクを抑える

高齢出産をするためには、まず出生前診断を受ける必要があります。高齢出産は、お腹の中の赤ちゃんがダウン症にかかる可能性が高まるとされているので、障害児を出産する可能性を前もって知っておくために、出生前診断を産婦人科で受けておくのが良い方法の一つです。そして、葉酸を摂取するように心がけることも大切なことになります。高齢出産により、お腹の中の赤ちゃんがダウン症を発症する可能性が高まってしまいますが、葉酸を摂取することによって、そのリスクを下げる効果を得ることが期待できます。なぜならば、葉酸は、精子や、卵子の細胞を分裂する働きを活性化することによって、ダウン症を引き起こすきっかけとなる染色体の異常を防止することに関係しているためです。そのため、高齢出産には葉酸の摂取が欠かせません。

 

葉酸と一緒に食事に気をつける

アメリカで行われた研究で、葉酸を摂取することによって染色体の異常を引き起こすリスクを全体的に、およそ七割ぐらい減少させることができるといった結果が出されています。葉酸は、女性だけでなく、パートナーの男性も一緒に葉酸を摂取することによって、葉酸の効果によって卵子だけでなく、精子の染色体の異常が発生するリスクを防止して先天的な障害ない赤ちゃんを授かる可能性が高まるとされています。そのため、夫婦で一緒に葉酸を摂取するのが良い方法の一つです。高齢出産では、葉酸を摂取することも大切ですが、糖尿病や高血圧のリスクが高くなるので、血圧が高くなる塩分を控えて、糖尿病のリスクを防止するためにも糖質が高い食事も抑える必要があります。葉酸の摂取と一緒に気をつける必要があります。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.