妊娠時や日常生活における免疫力低下への対策に有効な葉酸 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 妊娠時や日常生活における免疫力低下への対策に有効な葉酸

妊娠時や日常生活における免疫力低下への対策に有効な葉酸

葉酸の特徴と主な効果について

葉酸はビタミン群の一種で、体内の細胞分裂を促し、また新陳代謝を良くさせ血液の増加にも効果がある成分となっています。また、細胞分裂やDNAの合成など人が活動するうえで欠かせない成分の葉酸は、妊娠時における妊婦さんや胎児へも良い効果を与えます。妊娠時に起こりやすい貧血などへの対策や、先天性奇形への対策として葉酸が有効であることも知られており、妊婦さんの免疫力の保持や改善も促します。
一方で葉酸は摂取しにくい成分としても知られており、体内への吸収率が全体量の半分程度であることと、熱や水に弱く料理をするとすぐに成分が破壊されてしまうという特徴をもちます。そのため葉酸を多く含み尚且つ料理しなくても生で食べられるものを意識的に食したり、サプリメントを服用するなどの方法がとられています。

 

免疫力低下の対策となる葉酸

ストレス社会と言われている現代では、日常的に生活をしていても人間関係や仕事などによってストレスが溜まり、そのストレスによって免疫力が低下します。また妊娠時にも免疫力が低下し、特に細胞性免疫が低下する傾向があります。
葉酸は免疫力低下への対策として有望視されており、葉酸のはたらきのひとつであるタンパク質の合成を促す活動が免疫力の保持と改善につながるとされています。葉酸を摂取することで粘膜や免疫細胞を強化し、病原体から身体を守りやすくします。
また葉酸は腸内環境を整える役割もあります。 葉酸の細胞分裂促進の効果によって腸内環境が正常に戻り、体内の代謝を大幅に改善します。そのため免疫力を改善することができ、また腸内環境の低下にともなう病気などへの対策ともなります。

 

妊娠時における葉酸の役割

葉酸は体内の代謝に深く関わっています。細胞分裂を促進し、身体の生成や発育をサポートするという効果をもちます。
また、葉酸はビタミンB12とともに赤血球の生成も促します。 母体の遺伝情報に基づいて身体をつくっていく核酸にも良いはたらきをし、細胞生成によって妊婦さんの体内で成長していく胎児へ良い影響を与えることでも知られています。
葉酸の摂取を心掛けることによって胎児の先天性障害や妊婦さんの神経管閉鎖障害発症を防ぐことができ、妊婦さんも胎児も健康的に出産までの重要な期間を過ごすことができるようになります。
葉酸は摂取しにくい成分で、そのためサプリメントを利用して不足分を補う人が多いとされています。一方でサプリメントの場合は過剰摂取を控えるよう注意しましょう。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.