葉酸は妊活中からの摂取がおすすめ。流産対策に効果的です | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸は妊活中からの摂取がおすすめ。流産対策に効果的です

葉酸は妊活中からの摂取がおすすめ。流産対策に効果的です

葉酸を飲む時期について

妊婦さんに必要な栄養素として有名なのが葉酸。多くのサプリメントも出ています。葉酸はビタミンB群の一種なのですが、葉物野菜はもちろん、レバーや豆類など多くの食品に含まれています。ただ、熱や水に弱いため調理して食卓に上る頃にはその栄養成分はほとんど流れ落ちてしまっていますし吸収率も低いためサプリメントも併用しての摂取がおすすめです。
葉酸は、細胞分裂やDNA合成などの働きを持ち、赤ちゃんの障害のリスクを低減できることから妊娠中に摂取を始めたという方も多いでしょう。ただ、不足すると動脈硬化などの危険性が高まるため普段から食生活が乱れがちな方はサプリなどで対策を取ったほうがよいですし、赤ちゃんのために摂取するというのであれば妊活中から授乳期までずっと飲み続けることをおすすめします。

 

葉酸の流産予防効果について

生理がなかなかこなかったりつわりが始まったり、妊娠を意識する頃にはすでに赤ちゃんの身体の大切な部分は生成が始まっています。その際の対策として妊娠をしたいと考えたときから葉酸を意識して摂るようにするべきなのです。
それに、葉酸は流産対策としてもおすすめの成分です。妊娠する中の15パーセントくらいの確率で流産は起こると言われており、決して関係のない話ではありません。流産は女性にとって心も身体も傷つく出来事。そうならないように葉酸でしっかり対策を取るようにしましょう。
流産の原因として受精卵の染色体異常などもありますが、葉酸にはそれを防ぐ効果があります。また、葉酸の抗酸化作用で卵子の質を高めてくれます。ストレスや不安を緩和する効果もあります。葉酸を摂ることで少しでも流産のリスクを下げるよう対策しておくのがおすすめです。

 

葉酸を妊活中から摂取する効果

今や、妊娠初期の葉酸摂取は厚生労働省でも推奨されており、母子手帳にもその旨の記載があります。元気な赤ちゃんを産むためにもはや必要不可欠な成分なのです。
葉酸には受精卵の着床促進・着床後の受精卵の成長に働きかける効果があるため妊娠力を上げる効果もあります。不妊に悩む方にもぜひ摂っていただきたいのです。
葉酸が細胞分裂や増殖を促進することからふかふかで厚い子宮内膜が育ちます。受精卵が着床しやすくなり着床後はしっかり守られることになるのです。葉酸の造血作用や血液サラサラ効果で子宮内の血流も良くなるので正常に成長しやすくなります。死産や障害児のリスクを下げてくれるのです。
妊娠が分かってからも摂取して欲しい成分ですが、できればその前から飲むのがよりおすすめです。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.