妊婦はなぜ葉酸の摂取が推奨されるのか、その関係性とは | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 妊婦はなぜ葉酸の摂取が推奨されるのか、その関係性とは

妊婦はなぜ葉酸の摂取が推奨されるのか、その関係性とは

なぜ妊婦には葉酸が必要なのか

妊娠すると葉酸の摂取が推奨されます。実際、厚生労働省は妊娠初期には葉酸摂取することを推奨しており、公式サイトにも載せています。
では、なぜ必要なのでしょうか。妊婦と葉酸との関係性はどこにあるのでしょうか。
妊娠初期は細胞分裂期と呼ばれ、お腹の中の赤ちゃんが盛んに細胞分裂を起こし、脳や神経、内臓などをどんどん形成していく時期です。
葉酸は細胞分裂をサポートする作用があるため、不足すると正常に細胞分裂が起きない場合があり、二分脊椎や神経管閉鎖障害といった脳や神経系の先天性疾患を起こす可能性が上がります。
これが妊婦、特に妊娠初期の妊婦と葉酸には深い関係があると言われる所以ですが、細胞分裂が最も盛んに行われる妊娠8週目までは妊娠に気付かない女性も多いため、妊活中は葉酸をしっかり摂取すべしと言われる関係性もあるのです。

 

妊婦に必要な葉酸の摂取量

妊婦と葉酸の関係は分かったと思いますが、では具体的にどのぐらいの量を摂れば良いのでしょうか。
それは、妊婦は一日に400μgの摂取が推奨されます。妊娠中以外の時期は一日200μgが好ましいとされているので、この時期には倍の量が必要となります。
葉酸は私たちの口に入る多くの食材に含まれていますが、毎日400μgの量を摂取するのは困難です。特に葉酸は水溶性ビタミンなので、多めに摂取できても尿と共に体外に排出されてしまうので体に蓄積されることがありません。そのため、毎日継続的にこの量を摂取しなければいけないのです。
このように食事だけで補うのが難しいため、厚生労働省でも妊婦はサプリメントで葉酸摂取をすることを推奨しているため、今や多くのサプリメントが作られています。

 

葉酸サプリの効果は配合成分と関係あり

今や多くの葉酸サプリメントが作られているのですが、残念ながらどれを飲んでも効果は同じではありません。葉酸にはモノグルタミン酸とポリグルタミン酸があり、サプリメントに使われるのは体に吸収されやすいモノグルタミン酸型です。
しかし、そのモノグルタミン酸葉酸であっても天然素材から抽出してモノグルタミン酸に転換したサプリメントと、化学合成して作られたモノグルタミン酸サプリがあり、化学合成すると量産ができるためリーズナブルな傾向にあります。しかしながら、体に優しく食事のような自然な形で摂取できるのは天然素材から作られた商品です。
また、葉酸はビタミンB12と同時摂取されることで相乗効果によりより作用が強くなります。そのため、ビタミンB12も配合されているサプリメントはより効果が高いと言えます。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.