妊娠中に接種するとよい葉酸と流産の関係性について説明します | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 妊娠中に接種するとよい葉酸と流産の関係性について説明します

妊娠中に接種するとよい葉酸と流産の関係性について説明します

妊婦に葉酸をオススメする理由

妊婦が葉酸を摂取するとよいと言われている主な理由は、葉酸にはDNAの形成を助けたり造血作用があり、胎児の脳や脊髄を形成するのを助けるという作用があるからです。食物から葉酸を摂取することも可能ですが、妊婦に必要な1日の摂取量の目安は480マイクログラムとされていて、なかなか食物のみで摂取するのは難しいのです。今はサプリメントなどで手軽に摂取できますので、妊娠中や授乳中の方のみならず、妊娠を希望している人はすすんで摂取することを心掛けるとよいでしょう。しかし過剰に摂取し過ぎると、かゆみや蕁麻疹、ひどい場合には呼吸障害をおこすこともありますので、目安の480マイクログラムから最大でも1000マイクログラムをこえないように摂取量を調整することが重要です。

 

葉酸で流産するという関係性について

葉酸は前述したように、胎児の脳や脊髄を形成するのを助ける働きがありますので、厚生労働省も妊娠前から妊娠3ヶ月程度までは摂取することをすすめています。しかし、葉酸の含有量が多いからと言って妊婦がむやみに摂取してはいけない食べ物があります。まずは控えた方がいいとされている食べ物から紹介します。ひとつめはレバーです。レバーなどの肝に含まれる成分の脂溶性ビタミンは、過剰に摂取すると胎児の奇形などを起こす可能性があると言われています。また魚卵に含まれるリステリア菌によって、流産や早産の危険性が高まるため、明太子やすじこ、いくらなども葉酸を含む食材ですが控えた方がいいです。次にこれは有名ですがカフェイン。緑茶には多くの葉酸が含まれていますが、カフェインも豊富です。カフェインは胎児の発育障害を引き起こす可能性がありますので控えましょう。

 

摂取しない方がいい葉酸を含む食物と関係性

妊婦が絶対に摂取してはいけない葉酸を含む食材があります。それはパセリとセロリです。パセリとセロリに含まれるアピオールという成分は妊婦が絶対に摂取してはいけない食べ物です。その関係性には、アピオールは中絶するときに使われる成分だからです。葉酸が多く含まれているからと言って安易に摂取すると流産する危険性を含み、その関係は非常に強いため、妊婦は絶対に摂取しないことです。魚卵は早産や流産の危険性があるという程度ですので、全く食べない方がいいというものではありませんが、アピオールは流産の危険性を非常に高めます。このように、葉酸と流産の関係性は非常に強く、葉酸は体にいいものとしてとらえることも出来ますが、摂取を控えた方がいい葉酸を含む食材もありますので注意が必要です。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.