水溶性ビタミン「葉酸」と認知症発症リスクの関係性は? | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 水溶性ビタミン「葉酸」と認知症発症リスクの関係性は?

水溶性ビタミン「葉酸」と認知症発症リスクの関係性は?

ホモシステインを代謝する葉酸

できるだけ発症のリスクを抑えたい認知症ですが、どのような対策を取ればいいのか分からないという方も、多いのではないでしょうか。
最近、認知症と葉酸という栄養素の関係性が、徐々に明らかになっています。葉酸は水溶性のビタミンでブロッコリーやホウレンソウといった緑黄色野菜、そして牛や豚、鶏といったレバーに多く含まれています。この葉酸は血中のホモシステインという物質を、代謝する効果を持つのが特徴です。
実はそのホモシステイン値の上昇が、認知症発症に関係性があるのではと、考えられるようになったのです。ホモシステイン値を下げられれば、認知症発症のリスクを下げられるかもしれません。また葉酸は造血作用によって血行を促進する作用もある事から、脳の血流を促し機能を維持する効果も期待出来ます。

 

様々なデータと葉酸との関係性

葉酸と認知症の関係は国内外、様々な機関で研究が行われています。葉酸が不足した場合、認知症を発症するリスクが約3倍にもなるというデータ、葉酸を1日あたり800μgとるグループと、摂取しないグループに分る研究では、葉酸を補うグループの場合は脳の萎縮が抑制され、症状の進行を防げたと言うデータも存在しています。
このように、葉酸は脳に影響を与える事が分かっている栄養素なのです。
最近は若年性認知症といって若い世代の方でも、認知症を発症するリスクがあります。ですので、葉酸を若いうちから意識して補う事が大切です。予防のためには毎日最低でも400μg、摂り続ける必要があります。この量を食事から補う事は難しいので、葉酸を配合したサプリメントを活用しましょう。

 

葉酸不足に陥らない為には

認知症と関係が深い葉酸、毎日しっかり補いたいものですが、場合によっては吸収率が下がってしまうケースもあるので注意が必要です。
例えば、アルコールを飲むとアルコールを代謝する為に、葉酸が使われてしまう事から不足してしまう事が多いと言われています。アルコールだけでなく喫煙も、葉酸を消費させてしまうので注意が必要です。この他にもコーヒーやお茶といった、カフェインを多く含む飲み物は葉酸の吸収率を下げてしまいます。
元々、葉酸は食事だけでは十分な量を補うのが難しい栄養素です。さらにアルコールや喫煙などで吸収率を下げてしまうと、かなり不足してしまうでしょう。ですので、葉酸不足となるような行動はできるだけ避けて、食事からだけでなくサプリメントも併用して補う事をおすすめします。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.