葉酸は動脈硬化による心臓病や脳梗塞を予防する働きを持つ! | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸は動脈硬化による心臓病や脳梗塞を予防する働きを持つ!

葉酸は動脈硬化による心臓病や脳梗塞を予防する働きを持つ!

ビタミンの一種である葉酸

葉酸はビタミンの一種です。字面からは葉物野菜に多く含まれるイメージですが、ホウレン草やブロッコリー、枝豆といった野菜類の他、イチゴや柑橘系の果物、レバー類や納豆、たたみいわし、海苔といった多くの食材に含まれています。
葉酸は体内で、さまざまな栄養素の働きを助けています。例えばビタミンB12と協力して、正常な赤血球を作り出したり、細胞の遺伝子情報を持つDNA合成を正常に働かせる役割があります。これらは悪性貧血を予防したり、胎児や赤ちゃんの発育をサポートすることにつながっています。近年、妊婦が葉酸の摂取を推奨されているのは、妊娠初期段階の胎児が成長するときに葉酸を不足なく補うことで、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを軽減できるという理由があるからです。

心臓病予防に効果がある理由

動脈硬化は動脈にコレステロールや中性脂肪が溜まり、血流が悪くなる症状です。進行すると心臓病や脳梗塞といった病気に発展することがあります。心臓病には、心筋梗塞や狭心症などが当てはまります。
葉酸を十分摂取することで動脈硬化による心臓病や脳梗塞などの予防につながるといわれています。その理由は、葉酸が動脈硬化の原因物質といわれるホモシステインが増えることを抑制する働きがあるからです。ホモシステインは、たんぱく質を分解するときに発生する物質で、加齢や食べ過ぎによって体内にたんぱく質が増えて分解するたびに生成されます。葉酸は、このホモシステインを分解して排出する働きを行うので、動脈硬化や、そこから発展する心臓病、脳梗塞などの重大な病気を予防できるというわけなのです。

葉酸を効率よく摂取するなら

このように、葉酸にはさまざまな病気を予防する働きがあり、私たちの健康を守ってくれています。葉酸は、さまざまな食品に含まれているのですが、水溶性であるため、熱や水に弱い性質を持っています。食事からだけでは十分に摂取できない場合があります。おすすめなのは、葉酸サプリメントの利用です。サプリメントを利用するメリットは、食材に含まれる葉酸の型よりも、体に吸収されやすい型になっていることです。食事から摂取するよりも、熱や水に弱い葉酸を効率よく吸収することができるのです。また、葉酸の働きに必要なビタミンB12といった栄養素などがバランスよく配合されているものもあります。サプリメントは食品であるので、副作用の心配もありません。外出先でも持ち運びしやすく、手軽に葉酸を補うのに便利です。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.