葉酸には糖尿病によって起こる合併症を予防する効果がある。 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸には糖尿病によって起こる合併症を予防する効果がある。

葉酸には糖尿病によって起こる合併症を予防する効果がある。

妊婦に不可欠な栄養素葉酸とは

葉酸は、妊娠中に必要な栄養素で、遺伝子の複製や細胞分裂に欠かせないと考えられています。
葉酸が不足すると、染色体に異常を引き起こしてしまい、流産してしまったり、二分脊椎症などの神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなると考えられています。
葉酸は、たとえ過剰摂取をしてしまっても、水溶性ビタミンのため、過剰分は尿となって体外に排出されてしまいますから、積極的に摂取することが大切です。
妊婦に必要な栄養素である葉酸ですが、糖尿病にも効果があるといわれています。
葉酸は、うつ症状を緩和させる効果が期待でき、糖尿病の神経障害と関係のある合併症の予防にも効果があると考えられています。
葉酸は、ビタミンB12と補い合って働くため、ビタミンB12と一緒に摂取することが大切です。

葉酸は糖尿病予防に効果的

体内の葉酸が不足すると、ホモシステインが多く発生します。体内にホモシステインが増えてしまうと、悪玉コレステロールと協働して、血管の壁を傷つけてしまいます。
傷つけられた血管の壁には、コレステロールが結合して蓄積し、動脈硬化となってしまいます。
動脈硬化は糖尿病の合併症の一つですから、葉酸を摂取することが重要となります。
葉酸は、ビタミンB12と協力して、赤血球の生成に関係するビタミンですが、欠乏すると悪性貧血を起こす可能性もあります。
血液中の含硫アミノ酸であるホモシステインの濃度が上昇すると、血管や心臓系の疾患を起こすリスクが上昇してしまいます。
葉酸には、ホモシステインの濃度を下げる効果があるため、葉酸は、動脈硬化や高血圧、心臓病予防など、糖尿病合併症の予防にも必要な栄養素といえます。

妊娠糖尿病予防にも葉酸は効果的

妊娠糖尿病とは、妊娠中に一時的に血糖値が上昇してしまう糖尿病のことで、妊娠中には、インスリンが不足しやすくなってしまうため、血糖値が常に高い状態となってしまいます。
妊娠糖尿病になると、羊水過多症や妊娠高血圧症候群にかかりやすくなってしまったり、胎児の血流に入り込むと、巨大児などの発育にも問題が出てしまい、難産になる場合もあります。
初期段階では、自覚症状はほとんどありませんが、進行してしまうと疲れやすくなったり、のどが渇きやすくなるなどの症状が現れます。
予防法としては、バランスのよい食生活を送り、適度な運動が大切です。
妊娠糖尿病になると、血管が弱ってしまい、動脈硬化を促進させてしまいますから、ホモシステインを抑える効果にある葉酸を摂取することが有効です。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.