プラセンタが配合されている葉酸サプリメントと排卵誘発剤との関係 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > プラセンタが配合されている葉酸サプリメントと排卵誘発剤との関係

プラセンタが配合されている葉酸サプリメントと排卵誘発剤との関係

葉酸と不妊治療に使われる薬との関係

排卵誘発剤を服用しているときに、葉酸が配合されたサプリメントを摂取しても差し支えありません。
妊娠する前に葉酸が配合されているサプリメントを摂取すると、精子が着床しやすくなる関係で妊娠する確率が上昇したり、お腹の中の赤ちゃんが神経管閉鎖障害を発症してしまう可能性を減少させることが可能な関係で、妊娠や、子づくりのために葉酸が配合されているサプリメントを検討している人は少なくありません。
排卵誘発剤を服用しているときには、葉酸との関係が気になりますが、葉酸は天然の素材にも含まれていて医薬品ではない上に、一度も過去に妊娠する確率が低下したり、お腹の中の赤ちゃんに悪い影響を及ぼすなどといった副作用を引き起こすこともありません。
むしろ排卵誘発剤と、葉酸サプリメントを一緒に摂取することにより、妊娠しやすくなる効果を得ることが期待できます。

 

葉酸と不妊治療薬によって得られる相乗効果

葉酸には排卵を促進する働きがある関係で、排卵誘発剤と一緒に摂取すると相乗効果を得ることが期待できます。
葉酸は、造血の作用があるビタミンで、血流を悪くしてしまう活性酸素を取り除いて血液の流れを改善する働きがあります。
活性酸素は、年齢を重ねたり、過度なストレスがかかることによって発生してしまう物質です。
新鮮な血液が多くなり血液の流れが改善されると、栄養素や酸素が必要なところに届くようになり身体が持つ機能が活性化し、その関係でホルモンバランスが整うようになります。
葉酸は、過度なストレスを受けたときに発生する脳内伝達物質であるノルアドレナリンを抑制して、ストレスを和らげる効果を得ることも期待できます。
不妊の治療をしているときは期待していた結果が現れなことがありストレスを受けやすいため、葉酸は不妊治療に大切な成分であるといえます。

 

プラセンタが含まれている葉酸サプリメント

排卵誘発剤と一緒に摂取することが望ましくない栄養素としてプラセンタが挙げられます。
プラセンタは、不妊を治療するために利用することがあり、卵子を成熟させたり、子宮内膜を増殖させたりする働きを利用して妊娠する確率を高める効果が期待できる栄養素になります。
排卵誘発剤か、プラセンタのどちらかだけを不妊を治療するために利用しても問題はありませんが、一緒に使用したときには、似ている作用が働き子宮に負担をかけてしまうために、排卵の周期が乱れてしまい、妊娠する確率が逆に下がってしまう危険性があります。
ですので、排卵誘発剤を服用している期間中はプラセンタが配合されていない葉酸サプリメントを選ぶ必要があります。
プラセンタが配合されていない葉酸サプリメントであれば、排卵誘発剤と一緒に摂取することで妊娠しやすくなる効果を得ることが期待できます。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.