葉酸の過剰摂取により母体に発症する症状と新生児への悪影響 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸の過剰摂取により母体に発症する症状と新生児への悪影響

葉酸の過剰摂取により母体に発症する症状と新生児への悪影響

葉酸の摂取の必要性と葉酸の過剰摂取

神経管閉塞障害やダウン症など胎児の先天性の奇形症の発症率は25年前と大きく変化していませんが、国家レベルで胎児の先天性奇形症の取り組んだ諸外国に比べて数倍と発症率が非常に高い水準となっています。その為、国内では胎児の先天性の奇形症の発症率抑制対策として妊娠4週間前から妊娠12週目までの葉酸摂取を注意喚起し、妊娠12週目以降授乳期間終了まで通して適量摂取の葉酸摂取を推奨しています。葉酸は、ビタミンCやビタミンB群などの水溶性ビタミンの一種ですが、本来体内に存在する栄養素でない為に毎日摂取する必要があり、調理時の水洗いで流れ出し、調理時の加熱で破壊されるなど吸収率が非常に悪いのでサプリメントなどの栄養補助食品での摂取が厚生労働省から推奨されています。

 

葉酸の摂取量と葉酸の過剰摂取による副作用

国内の多くの産婦人科や厚生労働省では、通常の食事で摂取可能な葉酸と栄養補助食品による400μgと合わせて1日480μg以上1,000μg以下の摂取を推奨しています。しかし、妊娠後期の継続摂取や1,000μgを超える過剰摂取に関しては、様々なアレルギー症状や副作用症状の発症が問題視されています。葉酸の過剰摂取は、単回や許容範囲であれば尿として排出されますが、長期にわたって継続されると排出が追い付かなくなり、発熱や蕁麻疹、呼吸障害、栄養素の吸収率低下、ビタミンD12欠乏症などの症状を発症するケースがあります。葉酸の過剰摂取は、悪性貧血や吸収不全に加え、四肢の痺れや歩行困難、記憶喪失、認知症などのビタミンB12欠乏症の代表的な症状の発見が遅くなる危険性があります。

 

葉酸の過剰摂取が新生児に及ぼす悪影響

葉酸の過剰摂取は、メチレンテトラヒドロ葉酸の生成を促進する還元酵素の働きを阻害する事で必須アミノ酸の1つであるメチオニンの生成量に悪影響を及ぼし、メチオニンの減少は血中のコレステロール値の抑制や活性酸素を除去する効果を減退させ動脈を硬化させます。加えて、DNAのチミジン1燐酸dTMPの生成を促進するチミジン酸シンターゼFADや核酸のプリン塩基の生成するを促進するホルミルトランスフェラゼなどの酵素の働きを阻害し、DNAを構成する核酸などの合成を阻害します。又、葉酸の過剰摂取は、母体にアレルギー症状や副作用症状を発症させるだけで無く、新生児の免疫システムを担うサイトカインに葉酸塩誘発型DNA変化が発生し、小児喘息の発症率を約26%程度向上させるとされています。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.