妊娠期間の葉酸の過剰摂取による胎児への悪影響とメカニズム | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 妊娠期間の葉酸の過剰摂取による胎児への悪影響とメカニズム

妊娠期間の葉酸の過剰摂取による胎児への悪影響とメカニズム

葉酸摂取の適正量と必要性

日本では、出生率が横ばい若しくは下降傾向にありにもかかわらず、神経管閉塞障害やダウン症など胎児の先天性の奇形症の発症率が増加傾向にあります。30年前には、アメリカやイギリスなどに比べて胎児の先天性の奇形症の発症率は著しく低かったのですが、現在では発症率が食品への葉酸の添加を義務付けた国々の数倍と非常に高く、日本政府の対応の遅れが問題となった事があります。その為、厚生労働省は妊娠初期の葉酸の不足は胎児の先天性の奇形症の発症起因の1つと考え、妊娠可能な年齢の女性に対して妊娠4週間以前から妊娠12週目以降までは1日あたり480μgの葉酸摂取を推奨しています。又、授乳期の葉酸の摂取不足は乳児の発育を遅らせる危険性があるとして、乳児の育児期間の葉酸摂取も奨励されています。

 

葉酸の過剰摂取によるアレルギー症状

日本では、胎児の先天性奇形症や赤芽球性貧血、妊娠中毒症などの発症予防や症状改善として妊活中〜授乳期まで葉酸の適量摂取を推奨しています。しかし、葉酸は水に溶け易い水溶性であると共に調理過程の熱でも壊れてしまう特徴があり、食物からの吸収率が約50%と効率が悪いので、厚生労働省はサプリメントなどの栄養補助食品での不足分の補給を推奨しています。厚生労働省では、妊婦の場合1日480μg以上の葉酸摂取を推奨する一方で1日の摂取上限を1,000μg以下と定めています。葉酸は、1000μg以上の過剰摂取を日々継続すると発熱や蕁麻疹、呼吸障害、栄養素の吸収率低下、ビタミンD12欠乏症などを発症するケースがあります。又、葉酸の過剰摂取は、DNAのdTMPの生成やDNAをするプリン塩基の生成、メチレンテトラヒドロ葉酸の生成などを促進する補酵素の働きを阻害してしまいます。

 

葉酸の過剰摂取が胎児に及ぼす影響

葉酸の摂取は、胎児の先天性の奇形症の予防の為に摂取されていますが、妊娠後期にサプリメントの形で摂取し続けた場合には小児喘息の発症率が約26%高く、妊娠の全期間通じて葉酸を継続摂取した場合には小児喘息の発症率が約32%高くなるとされています。しかし、食品に多く含まれるプテロイルポリグルタミン酸の形で葉酸を摂取した場合には、小児喘息の発症率が著しく低下するとされ、葉酸の摂取は天然のプテロイルポリグルタミン酸由来の栄養素が望ましいとされています。葉酸の過剰摂取は、母体への悪影響だけでなく、出産後の小児喘息の発症率を高めるとされています。葉酸の過剰摂取は、液性免疫応答を活性化するTh2細胞のサイトカインに影響し、メチル化感受性DNA結合タンパク質の状態を変化させるエピジェネティックを誘発させ、アレルギー性気道疾患である小児喘息の発症リスクを高めてしまいます。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.