葉酸が不足するとどのような症状が出ると考えられるか | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸が不足するとどのような症状が出ると考えられるか

葉酸が不足するとどのような症状が出ると考えられるか

健康や美容に対して作用を持つ葉酸

葉酸はビタミンB群の一種で、文字通り、葉物野菜に多く含まれています。ただし水溶性なので、加熱したり、茹でたりすると、その含有量は減ってしまいます。葉酸は健康や美容に対して作用を持っています。たとえば葉酸には、赤血球の生成に働きかける作用があります。そのことにより造血作用を期待することができます。それから細胞分裂を促進する作用です。細胞分裂が促進されると、全身の新陳代謝が促進されます。このことは、妊娠している女性にとっては、胎児の健やかな成長を促進させることにもつながります。また動脈硬化の原因物質であるホモシステインを分解、排出することにも作用を持っており、自律神経の働きを正常にする作用も持っています。このようなことから、葉酸は老若男女問わず、欠かせない成分だと言うことができます。

 

葉酸が不足すると出やすくなる症状~貧血

葉酸は、成人の場合は1日240μgの摂取量が推奨されています。そして妊婦さんの場合には、480μgが設定されています。このことからも、葉酸がいかに大切な成分であるかと言うことが理解できます。では葉酸が不足するとどのような症状が出やすくなるのかと言うと、まずは貧血です。これは葉酸が不足することで赤血球が不足するためです。貧血と言うのは全身の倦怠感やめまいなどを引き起こすこともあるので、決して侮れない症状だと言えます。それから新陳代謝の滞りによって肌荒れなども引き起こされやすくなります。新陳代謝と言うのは、古い皮膚が剥がれ落ち、新しい肌が出てくるためには欠かせないことです。よってこれが滞ると、古い皮膚がいつまで経っても残ってしまい、それにより様々な症状が出やすくなると言う具合です。肌荒れ以外にも、頭皮の状態が不健康になり薄毛などが出てくることもあります。

 

葉酸が不足すると出やすくなる症状~高血圧

更に葉酸不足によって引き起こされる貧血と言うのは、時には恐ろしい病気につながることもあります。血液量が不足すると言うことは、血流が滞りやすくなると言うことです。血流が滞りやすくなると、脳卒中や脳梗塞などの脳血管性疾患のリスクが高くなると言われています。また高血圧に対してもリスクが高くなります。葉酸には動脈硬化を予防する作用を期待することができると言うのは先に述べましたが、動脈硬化と高血圧の間には因果関係があることが認められているため、葉酸不足によってどちらかの症状が引き起こされると、もうひとつの症状も引き起こされやすくなると言うことができます。また自律神経の働きも、葉酸が不足すると乱れやすくなるので、自律神経失調症の症状も引き起こされやすくなってしまいます。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.