胎児の先天性の奇形症と妊婦の葉酸の摂取不足の関係性 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 胎児の先天性の奇形症と妊婦の葉酸の摂取不足の関係性

胎児の先天性の奇形症と妊婦の葉酸の摂取不足の関係性

葉酸の摂取不足による先天性奇形症のリスク

日本は、神経管閉塞障害やダウン症など胎児の先天性奇形症の発症率がアメリカやイギリス、ニュージーランドなどの諸外国に比べて数倍と非常に高く、女性の晩婚化や高齢出産の増加に伴い先天性の奇形症が増加傾向にあります。胎児の奇形症は、女性の加齢による子宮及び卵子の劣化が発症に大きく関与しているとされていますが、食品への葉酸添加義務を課している諸外国では発症率が大きく抑制されている実情があります。その為、胎児の先天性奇形症は妊娠期の葉酸の不足が発症起因の1つと考えられ、厚生労働省では妊活中の女性や妊娠可能な年齢の女性に対して、妊娠期に不可欠な栄養素として1日あたり480μgの葉酸摂取を奨励し、一般女性に対しては1日あたり240μgの摂取を奨励しています。

 

葉酸の摂取不足のリスクと葉酸の有益な効果

神経管閉鎖障害は、妊娠3週間目〜6週間目の頃に胎児の脳や脊髄などの中枢神経系の土台となる神経管端部に閉鎖障害を引き起こす胎児の先天性奇形症ですが、一般的に妊娠に気付いた時には発症しているケースが大部分を占める為、一般的に妊娠の4週間以上前から妊娠12週目までは適用量の葉酸を摂取する必要があるとされています。葉酸は、赤血球の生産を助ける造血ビタミンでとして知られる水溶性のビタミンB群の一種とされ、DNAやRNAなどの遺伝情報を保存している細胞核内の核酸やタンパク質の合成に深く関与すると共に血流促進効果により子宮内膜を強化し着床後の受精卵の正常な成長を促す効果があります。その為、妊活中は葉酸が不足しない様に継続して服用し続ける必要があります。又、授乳期の葉酸の摂取不足は、新生児の発育遅延リスクを高める事になります。

 

葉酸の過剰摂取による副作用

国内では、葉酸の摂取不足による胎児の先天性奇形症の発症予防に加えて、悪性の巨赤芽球性貧血や妊娠中毒症の症状の改善にも効果があるとして、妊娠可能な年齢の女性に対して1日480μgの葉酸の摂取を推奨していますが、1日の葉酸の摂取上限を1,000μgと定めています。葉酸は、1000~10000μgの過剰摂取を続けると発熱や蕁麻疹、かゆみ、呼吸障害、ビタミンD12欠乏症などの発症リスクが高くなると共に、胎児の喘息の発症リスクを約30%程度高めてしまう副作用があります。葉酸の過剰摂取は、ビタミンB12欠乏症の診断を遅延させ、巨赤芽球による下肢のしびれや運動失調などの神経症状を悪化させる原因となるケースがあります。水と熱に弱い葉酸は、調理の過程で半分程度が失われ吸収率が悪いので、サプリメントの場合には用量を厳守すれば過剰摂取となる事は無いとされています。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.