葉酸不足によりお腹の中の赤ちゃんが神経管閉鎖障害を発症するリスク | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸不足によりお腹の中の赤ちゃんが神経管閉鎖障害を発症するリスク

葉酸不足によりお腹の中の赤ちゃんが神経管閉鎖障害を発症するリスク

葉酸不足により引き起こされる障害とは

神経管閉鎖障害は、脳が完全に育たない場合と、脊髄が完全に育たない場合がありますが、脳が完全に育たないと、無脳症という症状になり、ほとんどのお腹の中の赤ちゃんが死産になってしまう恐ろしい障害になります。
また、脊髄が完全に育たないと、様々な後遺症を残してしまう可能性が高くなります。
胎児が神経管閉鎖障害を引き起こしてしまう原因は、遺伝だけでなく、妊娠しているときに、てんかんを治療する医薬品を服用していたり、糖尿病を患っていたり、太りすぎていたり、タバコを吸っていたりと、様々なことが考えられますが、葉酸不足も大きな原因の一つとなっています。
遺伝が原因である場合は対処が困難ですが、妊娠しているときの行動に気をつけて、葉酸不足を防ぐことによって、神経管閉鎖障害を発症させる危険性を減らすことができます。

 

葉酸不足がお腹の中の赤ちゃんに与える影響

葉酸は、お腹にいる赤ちゃんの神経管や、脳を育むのに大切な働きをする成分であるということが分かっていて、妊娠する前から葉酸を摂取しておくことによって、神経管閉鎖障害になる可能性が、およそ六割から七割ぐらいの確率で下げることができるということが、研究によって判明しています。
なぜ葉酸が神経管閉鎖障害にかかる危険性を減らすことに繋げることができるのかという理由を知っている人は決して多くはありません。
お腹の中にいる赤ちゃんの神経や、脳、臓器などは、お母さんの身体から栄養を届けて、細胞が分裂することによって形作られていきます。
葉酸がお腹の中にいる赤ちゃんの身体を作り上げる細胞を直接分裂させる働きがあります。
葉酸は、妊婦さんだけでなく、お腹の中の赤ちゃんの脊髄や、脳を形成するの必要となる成分になります。

 

葉酸を摂取するタイミング

妊娠しているときに葉酸不足をサプリメントで補うことが推奨されています。
お腹の中にいる赤ちゃんが神経管閉鎖障害を発症する確率を下げるためには、妊娠して四週目に差し掛かってから十二週目に至るまでの間の葉酸不足を防ぐことが一番重要であるとされています。
妊娠して四週目に差し掛かってから十二週目に至るまでの間に、お腹の中にいる赤ちゃんの脊髄や、脳の要となる部分が形成されていくことから、葉酸が配合されているサプリメントについても妊娠の初期に該当する妊娠して四週目に差し掛かってから十二週目に至るまでの間に葉酸を摂取するのが特に大切であるとされているのは、これが理由となっています。
神経管閉鎖障害の発症を予防するため、子作りの段階の妊娠する一ヶ月以上前から葉酸を摂取するのが良いとされています。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.