葉酸欠乏症の中には小腸の病気などもあり、不足しないようにする事が大切 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸欠乏症の中には小腸の病気などもあり、不足しないようにする事が大切

葉酸欠乏症の中には小腸の病気などもあり、不足しないようにする事が大切

葉酸は水溶性ビタミンで継続摂取が大切です

葉酸はビタミンB郡に含まれる栄養素の一つで、一般的には食事から摂取が行われ、小腸で吸収が行われます。
葉酸が欠乏すると身体の中で様々な異常が起きる事になり、下痢や舌炎、体重の減少、うつ症状など、葉酸が少なくなると巨赤芽球性貧血になってしまい、貧血の症状にはこうした自覚症状が現れる事もあります。
また、貧血は潜んだ状態で進行して行くので注意が必要で、貧血はそれほどひどくはないので平気と言う事ではなく、重度なケースもありますし、動脈硬化を併発するリスクも高くなります。
葉酸はビタミンCと同様に水溶性ビタミンでもあり、継続して摂取をする事が大切です。
小腸から葉酸は吸収されるため、小腸に病気がある、小腸の一部を切除などの場合、葉酸欠乏症になりやすく、先天性葉酸吸収不良等の場合は、葉酸の吸収の働きが悪いケースもあります。

 

葉酸の欠乏症には食事や吸収率に問題がある

葉酸は小腸で吸収が行われる栄養素ですが、食事から摂取をする事で必要な葉酸を吸収する事が出来ます。
しかし、葉酸が不足するとどのような事が起きるのでしょうか。
吸収出来なかった葉酸は水溶性ビタミンB郡の一種であり、水に溶けやすい性質があるため、身体に吸収出来ないものは、尿で体外に排出される事になります。
身体に様々な悪影響を及ぼす事になりますが、悪性の貧血、認知症などが不足する事で起きる病気の代表的なものとなります。
また、妊娠中の女性などの場合は胎児に与える影響も大きくなるので注意が必要です。
葉酸が欠乏しやすい人と言うのは、小腸に問題がある人を初め、アルコールや喫煙を過剰に摂取する人、偏った食生活を続けている人、避妊や生理周期を安定させると言う目的で服用を行う経口避妊薬、葉酸の吸収を阻害する食品などになります。

 

葉酸が不足すると起こる病気とは

葉酸はサプリメントで摂取する事も出来ますが、キャベツやインゲン豆、オレンジ、レンズ豆などの食品は吸収を阻害する作用を持つため注意が必要です。
阻害すると言う事は不足してしまう事に繋がるわけですが、葉酸が不足すると貧血が起こりやすくなります。
貧血と言うと鉄分不足で起こる鉄欠乏症貧血が有名ですが、葉酸は造血作用があり不足すると正常な赤血球を作り出せなくなり、通常よりも大きい赤血球が出来てしまう事になります。
赤血球は血液と一緒に体内に酸素を送り込む役割を持ちますが、大きい赤血球は酸素を送り込むと言う役割が出来ないため、身体への酸素が行き渡らなくなり貧血が起きてしまうのです。
その他にも認知症の発症に繋がる事もあるなど不足してしまうと様々なリスクがある栄養素でもあると言う事です。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.