葉酸の摂取量が長く不足すると、色々な悪影響が人体に現れます | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸の摂取量が長く不足すると、色々な悪影響が人体に現れます

葉酸の摂取量が長く不足すると、色々な悪影響が人体に現れます

葉酸が不足した場合も貧血の症状が出ます

数ある栄養素の中でも葉酸は人間の健康にとても重要な働きをするものです。
不足すると、まず貧血の症状が出ます。貧血と言えば鉄分不足で発生するイメージが強いですが、実際はむしろ葉酸の摂取量が平均値を下回る事で起きるケースが多いです。いわゆる貧血体質を持つ女性ですが、遺伝的な体質であると思い込む前に、まずは自分の暮らしを再確認しましょう。葉酸の多い食品をまるで食べていない、あるいはファストフードやレトルト食品ばかりを食べる暮らしになっている事が分かれば、その点を先に改善しなければいけません。
鉄分不足の貧血と比較して葉酸が不足して発生する貧血は重傷になりやすいと言われています。酷いめまいや吐き気を強く感じる立ちくらみ、動悸や息切れが出る等、非常に辛い体調不良に悩まされます。

 

葉酸は人体の粘膜の健康を左右する栄養素

また葉酸は粘膜の健康に強く影響を与える栄養素でもあります。
不足した状態が何日も続きますと、いわゆる傷の治り具合が悪くなります。僅かな切り傷なのに全然皮膚の傷口が塞がらない、と感じている方は要注意です。それは葉酸の摂取量が足りていない事を示すサインかもしれません。
他にも肌荒れが酷くなる、鼻炎の症状が酷くなる、出来物が現れやすくなる、性器の免疫力が低下しやすくなる、口内炎の治るスピードが悪くなる等、粘膜の健康レベルが下がると、悪影響は身体全体に生じてきます。
若い女性はファストフードやレトルト食品、そして流行のスイーツやジャンクフードにハマりやすい傾向があります。それらの食事には脂質や塩分、そして糖分は多量に含有されていて、摂取カロリーは十分ですが、一方で葉酸の含有量は極小ですので、気をつけなければいけません。

 

妊婦の方は葉酸摂取がとにかく大切

また妊娠した女性は更に酷い悪影響が出てきます。
妊娠初期の葉酸摂取量が平均値を下回ると、胎児の生育が正しく進まなくなります。妊娠初期の胎児は随時母体で細胞分裂を続けています。葉酸の不足が常態化すると、細胞分裂が健やかに進まず、先天性の障害の発生率が跳ね上がります。流産や早産のリスクを高める原因にもなると指摘されており、国や医師は妊婦に対して葉酸の摂取量を正しく高める事を強く啓発しています。
元々肌荒れや貧血が多い女性は葉酸の多い食生活をしていない可能性大、悪影響を受ける確率が普通の人々よりも高いと自覚して、それを含むサプリメントや食材をかなり意識して摂取しなければいけません。また出産した後も油断大敵です。出産した後は、授乳の必要が出てきます。
同じく葉酸の摂取量が低いと母乳の分泌量が低下する悪影響に悩まされます。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.